BUSINESS

メタバースサービス基盤「MiraVerse®(ミラバース)」

凸版印刷がビジネス向けに構築、2022年4月より提供開始

BUSINESS2022.02.22

上の画像:「MiraVerse®」を使ったバーチャル住宅展示場イメージ ©TOPPAN INC.

現実空間を仮想空間へ正確に取り込み、その中で商談や協調作業などのビジネスコミュニケーションが可能なメタバースサービス基盤「MiraVerse®(読み:ミラバース)」の提供を、2022年4月より開始することを凸版印刷が発表しました(プレスリリース)。

開発の背景

インターネット上の仮想空間「メタバース」への注目が高まっている昨今ですが、ビジネスや産業用途での活用においては、情報の品質管理やセキュリティの面から、まだ発展途上にあると凸版印刷では捉えています。
そこで同社では、従来培ってきた高精細な画像データ処理や、形状を正確にデジタル化する3D計測をはじめとした先端表現技術を核に、正確な空間再現を実現。さらに、クラウド上で管理された構成要素を、ユーザーが自由に組み合わせ、フォトリアルな3D空間を生成できるシステムを新たに開発したとのこと。これまで専門性が必要とされたメタバースのワールドを、誰でも簡単に構築することが可能となります。

凸版印刷 メタバースサービス基盤「MiraVerse®(ミラバース)」イメージ

「MiraVerse®」の展開イメージ ©TOPPAN INC

メタバースサービス基盤「MiraVerse®」の特長

1.現実空間を正確に取り込んだ高い臨場感のメタバース
建物や製品・アートや自然など、あらゆるものを設計図や3D計測・色彩計測などを用いて正確に3Dデータ化。4K/8Kの高精細・低遅延なオリジナルレンダリングエンジンとの組み合わせで、真正性を追求したメタバース空間を構築できる。
インテリアなどでは、質感計測技術を用いることで、風合いまで忠実に再現、あたかもその場にいるかのような臨場感を実現する。

2.ユーザーによる自在なワールド構築とデータ管理機能
「MiraVerse®」では、現実世界をそのまま取り込むだけでなく、アイデアや図面段階の試作品など実在していないものも含めて、さまざまなデータを自在に組み合わせられる。全く新しいモノや空間をつくり出し、その中で相互コミュニケーションをはかることも可能。
「MiraVerse®」で活用される全ての情報は、高いセキュリティ性を担保したクラウド上で一元管理されるため、ビジネス用途でも活用できる。さらに「MiraVerse®」の機能はオープンAPIとしても提供されるため、外部のシステムと連携したサービスの構築も容易に行える。

凸版印刷 メタバースサービス基盤「MiraVerse®(ミラバース)」イメージ

実際のアート作品と仮想空間を組み合わせたバーチャルミュージアム ©TOPPAN INC/協力:広重美術館(天童市)

3.アバター生成管理基盤「アバテクト™」との連携による安全・安心なユーザー間コミュニケーション
凸版印刷が提供するアバター生成管理基盤「AVATECT™(アバテクト)」[※1]と連携し、アバターの本人確認や、アバターとメタバース間のセキュア連携機能を提供する。これにより、第三者の”なりすまし”を防止し、信頼できる相手との安全/安心なコミュニケーションを実現する。
機密性を有する高度な共同作業から多数の人に向けたプロモーション、さらには大型イベントまで、ワールド毎の用途に合わせた最適なセキュリティ環境を提供する。

*1.「AVATECT™」
任意のアバターに電子透かしやNFTを付与することにより、真正性/唯一性を担保し、複数のメタバース空間に対してセキュア(secure)に連携できるサービス。
https://www.toppan.co.jp/news/2022/02/newsrelease220218_1.html

凸版印刷 アバター生成管理基盤「アバテクト™」

「AVATECT™」概要 ©TOPPAN INC.

凸版印刷 アバター生成管理基盤「アバテクト™」

電子透かしによる真正性の図解 ©TOPPAN INC.

「MiraVerse®(ミラバース)」の想定市場
・プロモーション:企業ショールームなど正確な商品情報に基づく顧客の購入意思決定のサポート
・製造・設計: リアルタイムシミュレーションを使った設計やデザインなどの協調作業
・教育・文化・観光: 距離や身体的な制約を超えた、新しい芸術鑑賞体験

キャンペーン価格
・初期データ登録料:500万円~/ 空間
・スペース利用料:50万円~/ 月間
※構築するメタバースの規模によって価格は変動

注1.本項に記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標を含む
注2.内容は2022年2月21日発表時のもの、今後予告なしに変更される可能性あり

凸版印刷 メタバースサービス基盤「MiraVerse®(ミラバース)」イメージ

凸版印刷プレスリリース(2022年2月21日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000887.000033034.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

メタバース関連記事

BUSINESS2021.12.08

VRで避難訓練をリモート体験

日建設計とジオクリエイツがバーチャル避難訓練ツールを共同開発
BUSINESS2022.01.12

建築メタバースで未来をデザイン

ビジネス向けVR空間共有プラットフォーム「comony」が建築特化型メタバースのティザーサイトを公開
COMPETITION & EVENT2022.01.16

ICC企画展「多層世界の歩き方」

豊田啓介氏監修、コロナ禍で多様化・複雑化した現在の情報環境がテーマ
COMPETITION & EVENT2022.02.19

「建築情報学会WEEK 2022」2/25-2/28開催

メタバースなど注目ワードを解説する有識者インタビューの限定公開など各種企画・セッションを実施

凸版印刷の取り組み

BUSINESS2020.06.06
凸版印刷×京都大学「アートイノベーションフレームワーク」を発表
BUSINESS2020.09.14

凸版印刷「expace(エクスペース)」

住宅・商業空間向け空間演出ブランドの提供を9/1より開始
COMPETITION & EVENT2021.01.11
バーチャルトーハクで細田守監督作品「時をかける少女」の特別展を開催
BUSINESS2021.03.27
都市空間をサイバー空間に再現する国交省のプロジェクト「Project PLATEAU」が、東京都23区の3D都市モデルほか整備されたデータを無償で公開
PRODUCT2022.03.28

凸版印刷の建装材×IoTサービス「cheercle™(チアクル)」

朝晩の生活動線上で体組成データなどを収集、健康習慣の定着をサポート

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • 凸版印刷がビジネス向けメタバースサービス基盤「MiraVerse®(ミラバース)」を構築、2022年4月より提供開始
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ