BUSINESS

無印良品が「インフラゼロでも暮らせる家」の実証実験を開始

住宅用太陽光パネル〈Roof-1〉を開発したモノクロームと、U3イノベーションズと連携

BUSINESS2023.03.03

〈無印良品の家〉を展開するMUJI HOUSEが、移動式住宅の実用化を目指した実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始したと発表しました(2023年3月2日プレスリリース)。

同プロジェクトは、エネルギーや生活水などを既存のライフラインに依存しないモバイルユニットを移設・組み合わせることで、インフラ設備が整わない場所でも自由自在に暮らすことができることを目指したもの。

無印良品の家「ゼロ・プロジェクト」

プロジェクトの背景

MUJI HOUSEの発表によれば、同社では建築費だけでなく、燃費(光熱費)や環境負荷までを考えた家づくりが当たり前となる社会の実現を目指して事業を展開しているとのこと。
具体的には、2011年からは、室温維持に必要なエネルギー量を計算し、実際にかかる電力消費量や節約効果がわかる温熱シミュレーションを〈無印良品の家〉全棟で実施しているほか、2015年からは、環境に配慮した高性能な住宅としてのダブル断熱+トリプルガラスサッシを標準仕様とするなどの施策を実装化してきました。

さらに、今回発表された「ゼロ・プロジェクト」を通じて、「インフラゼロでも暮らせる家」を実用化させるだけでなく、得られた知見や技術を既存の商品にも今後に反映していくことで、住宅のLCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)化を進めていく考えです。

無印良品の家「ゼロ・プロジェクト」

コンセプトとして、「この家があればなにもいらない」を掲げる本プロジェクトでは。以下の4つの「ゼロ」を目標として実証実験を行っていきます。

1.インフラ・ゼロ
エネルギーや水を自ら生成する仕組みをつくることで既存のインフラに頼らない家に

2.カーボン・ゼロ
太陽光発電や廃棄物発電などの再生可能エネルギーを活用することで、温室効果ガスの排出を実質ゼロに

3.リビングコスト・ゼロ
取得したエネルギーの効率的な利用、廃棄・排泄物の処理コストをかけないことにより、生活に必要なエネルギーコストを実質ゼロに

4.災害リスクゼロ
生活インフラの自給自足とどこにでも移動ができる機能を備えることで、自然災害のリスクを回避

無印良品の家「ゼロ・プロジェクト」

MUJI HOUSEの発表によれば、「インフラゼロでも暮らせる家」が備える予定の設備の1つに「モバイル用シャーシ」があります。自然災害発生時に備え、移動も可能なモバイルハウスとしても設計される見込みです。

無印良品の家「ゼロ・プロジェクト」

MUJI HOUSEでは今後、上記4つの「ゼロ」の実現へ向け、社会インフラ領域のイノベーション推進と新産業創出を目指すU3イノベーションズ合同会社[*1]や、クリーンなエネルギーをつくる未来の屋根・住宅用太陽光パネル〈Roof-1〉を開発しているモノクローム[*2]とも連携し、具体的な実証実験を段階的に進めていく計画です。

無印良品の家「ゼロ・プロジェクト」

U3イノベーションズ(U3I)インフラ計画

左から、U3Iによる自律分散型水処理システム、蓄電池、バイオトイレ(イメージ / 画像提供:U3I)

*1.U3イノベーションズ(U3I)
持続可能な新しい社会システム(Utility3.0)の実現に向けたイノベーション推進と新たな産業創出を目指す実践者集団(共同代表:竹内純子、伊藤 剛、2018年設立)。同社も本プロジェクトへの参画について同日にプレスリリースを発表、自律分散型水処理システム、蓄電池、バイオトイレの領域で連携する

完全オフグリッド住宅がもたらす未来へ。U3IとLIFULLが実証施設「オフグリッド・リビングラボ八ヶ岳」を開所

*2.モノクローム
独自の特殊加工により、太陽光発電モジュール全体の色を黒色とし、黒色の金属屋根と一体化させ、一見して太陽光パネルとはわからないような美しい屋根材〈Roof-1〉を開発、今春の発売を予定している、2021年設立のスタートアップ(代表取締役CEO:梅田優祐)。今年1月には〈NOT A HOTEL PRODUCTS〉搭載モデルが発表されている。

クリーンなエネルギーをつくる未来の屋根〈Roof-1〉今春発売予定、〈NOT A HOTEL PRODUCTS〉搭載モデルも今夏発売、オフグリッドで好きな場所に自宅や別荘を建設できる!

計画では、2023年は連携する企業と共に各種テクノロジーを検証したうえで、実証実験住宅のプロトタイプを開発。実際に生活するモニターを公募する予定。
実証実験で得られたデータなどの検証を経て、「インフラゼロでも暮らせる家」の実用化は2024年以降となる見込みです。

「ゼロ・プロジェクト」スケジュール
2023年3月 プロトタイプの開発開始
2023年9月 実験スタート
2023年12月 実証実験参加者募集
2024年2月 実証実験経過報告
2024年以降 実用化に向けて検証

MUJI HOUSE(ムジ ハウス)Website
https://www.muji.net/ie/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

MUJI HOUSE〈無印良品の家〉TOPICS

BUSINESS2021.06.27
MUJI HOUSEが無印良品〈陽の家〉でのワーケーション体験モニターを募集、6/28応募締切
COMPETITION & EVENT2021.04.29
【審査結果】北海道に「無印良品の家」が初上陸、上士幌町にワーケーション施設が来春開業予定
BUSINESS2023.09.08

無印良品が空間設計部 大阪事務所を新設

〈無印良品 グランフロント大阪〉リニューアルオープンにあわせ、リノベーションなど住まいと暮らしの相談ごとへの対応を強化

クリーンなエネルギーをつくる未来の屋根〈Roof-1〉

PRODUCT2023.01.06

クリーンなエネルギーをつくる未来の屋根〈Roof-1〉をモノクロームが今春発売予定

〈NOT A HOTEL PRODUCTS〉搭載モデルも今夏発売、オフグリッドで好きな場所に自宅や別荘を建設できる!

U3イノベーションズが手がけた〈オフグリッド・リビングラボ八ヶ岳〉

BUSINESS2022.03.10

完全オフグリッド住宅がもたらす未来へ

U3IとLIFULLの共同プロジェクト、インフラ領域のテクノロジーを集積し社会実装を目指す

モバイルハウス TOPICS

COMPETITION & EVENT2021.06.29
日本モバイル建築協会設立記念シンポジウム7/8開催、災害発生時に必要とされる「社会的備蓄」への取り組みなどを討議
CULTURE2021.01.29

アウトドアホテル〈TENAR〉

生物建築舎が設計したモバイルハウスをキャビンとして、長野県安曇野市ほかにオープン
PRODUCT2021.03.08
ニーズとシーンにあわせて空間ごと移動する〈Mobile Space 箱部屋(モバイルスペース ハコベヤ)〉
PRODUCT2022.04.25

テレワークを後部座席で快適に

イトーキと日産自動車がモバイルオフィスカー〈MOOW(ムーウ)〉を共同開発
BUSINESS2022.11.15

全国を旅するショールーム「Kagg.jp GO」

トレーラーハウスを活用したオフィス家具ショールームが東京・神田に12/1-12/14出店
  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • 無印良品が「インフラゼロでも暮らせる家」の実証実験を開始、モノクロームとU3イノベーションズと連携して実用化を目指す
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ