CULTURE

日本初進出、世界で2軒目の〈フォションホテル(Fauchon L'Hôtel)〉が京都に2021年3月開業予定

CULTURE2020.09.18

1886年にフランス・パリで創業して以来、世界中から選び抜いた旬な食材を用いた高級ペストリーやマカロン、チョコレート、ジャム、紅茶などを販売し、同国を代表するブランドの1つとして、世界中の人々に愛好されているFAUSHON(フォション)。現在は、フランス、日本、UAE、韓国、カタールといった国々で計73のブティックを展開しています。

2018年開業の第1号店〈Fauchon L’Hôtel Paris(フォション ロテル パリ)〉外観

フォションが宿泊業に進出したのは2018年9月。フォション開業の地でもあるパリ、マドレーヌ広場に、ラグジュアリーライフスタイルホテル〈フォション ロテル パリ(Fauchon L’Hôtel Paris)〉をオープン。さらにその後の10年間で、フォションホテル(Fauchon L’Hôtel)を世界20カ所に展開する予定であること、2軒目のホテルを来春、パリと姉妹都市提携を結んでいる京都に開業する予定であることなどが、2018年初頭に設立されたフォションのホテル部門「フォションホスピタリティ」の公式ウェブサイトですでに公表されています。

〈Fauchon L’Hôtel Paris(フォション ロテル パリ)〉

〈Fauchon L’Hôtel Paris(フォション ロテル パリ)〉

2021年3月中旬に開業する予定の〈フォションホテル京都〉のコンセプトは、「FAUCHON Meets Kyoto.Feel Paris.」。フォションの生誕の地「華のパリ」と、ホテルが開業する地「雅な京都」、この2つの都市が持つ文化・伝統・芸術のイメージを掛け合わせています。客室はもちろん、レストラン、ショップ、スパなど、館内のいたるところで、パリのエスプリと京都文化の融合を体感できるホテルとなります。

〈Fauchon L’Hôtel Paris(フォション ロテル パリ)〉

〈Fauchon L’Hôtel Paris(フォション ロテル パリ)〉レセプション

「フォションホスピタリティ」の公式ウェブサイトには、今後、フォションが展開していくホテルのモデルとなる、記念すべき第1号店〈フォション ロテル パリ〉のコンセプト「GLAM」についても明示されています。
「GLAM」をワードから解き明かしていくと、まず「Glamorous」(グラマラス=魅力的な)の頭文字であり、4つの文字それぞれにも意味があります。「G」はgourmet(グルメ=美食)、「L」はlocation(アーバンライフの中心=豊かなロケーション)、「A」はartists(オーダーメイドのアートワーク)、そして「M」はmesdames(洗練された女性たち)を意味しています。この「GLAM」に基づいてデザインされた〈フォション ロテル パリ〉のインテリアは、細部にまでこだわり、モダンでありながらも温かさが感じられ、かつ高級感あふれるしつらえとなっています。

〈Fauchon L’Hôtel Paris(フォション ロテル パリ)〉デラックスルーム

〈Fauchon L’Hôtel Paris(フォション ロテル パリ)〉ザ・デュプレックススイート


#Fauchon L’Hôtel Paris YouTube公式チャンネル「FAUCON L’HÔTEL PARIS – L’HOTEL DES GOURMETS」(2019/05/07)

来春開業する〈フォションホテル京都〉も、この「GLAM」のコンセプトを踏襲します。ホテルの3階には、世界で初めて、フォションの名前を冠したスパが設計される予定です。

2021年春開業予定〈フォションホテル京都〉「レセプション」イメージ

ホテルのレセプション、レストラン、バーは最上階の10階に位置し、ホテル到着時から、ディナータイム、チェックアウトまで、時間ごとに移り変わる美しい東山のパノラマを堪能することができます。さらに宿泊客は、ラウンジエリアでフォション自慢のペストリーや紅茶を味わいながらチェックインを行えるというサービスを受けることができます。

2021年春開業予定〈フォションホテル京都〉客室イメージ

〈フォション ロテル パリ〉で人気の「Gourmet Bar(グルメ バー)」を、〈フォションホテル京都〉でも全客室で展開。シャンパンピンクに輝く両開きドアのクローゼットの中には、宿泊客のために、フォションのペストリーやスイーツ、紅茶やワインなどが用意されています。ホテル滞在中、自由に味わえるため、客室内でのティータイムやディナー後のバーとしても機能するサービスです。また、グルメバーに用意しているアイテムは、ホテルオリジナルのショッパーでテイクアウトすることも可能です。

フォションが提供するスイーツのイメージ

フォションのペストリーやスイーツ、紅茶は、館内に用意されるショップで購入したり、ティーサロンでも味わうことができます。食文化を通じて、パリと京都の魅力を改めて伝える空間です。

ホテルの最上階に位置するフレンチレストラン「Restaurant Grand Café Fauchon(レストラングランカフェフォション)」では、パリのホテルで提供されているメニューの一部に、地元の新鮮な食材を使用し、繊細で洗練された、五感を通じて楽しむ、ここでしか味わえないフレンチを提供します。

2021年春開業予定〈フォションホテル京都〉フレンチレストラン「Restaurant Grand Café Fauchon」イメージ

〈フォションホテル京都〉は、祇園、東山、四条河原町といった京都の観光名所まで徒歩10分圏内ある京都の中心部にあり、鴨川からも徒歩2分という好立地に建設されます。
〈フォション ロテル パリ〉で提供している、貸し切りボートによるセーヌ川散策や、ディナークルーズと同様に、〈フォションホテル京都〉でも、京都の伝統的な名所として愛され続けている鴨川を、より楽しめるようなプランも計画されています。

施設は、2019年6月まで営業していた〈ホテルサンルート京都〉の10階建てのビルをリノベーション。インテリアデザインを、国内外で数々の五つ星・六つ星ラグジュアリーホテルやレストランなどのデザインを手がけ、最近では〈フォーシーズンズホテル東京大手町〉内の3軒のレストラン&バーのインテリアを手がけた、デザインスタジオ・スピンが担当します。
日本のデザイン事務所が参画することにより、日本の伝統文化を守り伝えてきた街・京都の文化と、パリのエスプリ文化とを、巧みに融合させることができます。
さらには、ホテル全体におよぶデザインのコンセプトとして「FAUCHON Meets Kyoto. Feel Paris.」を掲げ、エントランス、客室、レストランなど、館内各所において、利用者にパリを感じさせるようなエレガントな空間に、京都らしい、落ち着いた色味や和テイストのデザインを加味し、パリと京都の文化が融合した新たなラグジュアリーホテルが来春、誕生する予定です。

総支配人 大石博史コメント
「フォションホテル京都の総支配人として就任し、経験豊かなチームと共に新しいホテルの誕生に携われることを大変光栄に思います。私自身、フランスの文化に魅了されて、パリで5年間ホテルマンとして働いた経験があり、ホテルを通じてパリと京都の魅力をお伝えしたい気持ちで一杯です。パリは、芸術の都と呼ばれ、文化・歴史・伝統、を重んじ、京都と多くの共通点があります。2018年にパリで開業したフォションホテルが京都と出会い、2号店を京都に出店するのは必然だったと思っています。パリと京都を愛する皆様が、フォションホテル京都で、フォションの世界に浸り、さらに魅力的になって頂く事が私たちの喜びです。掛け替えのない思い出が生まれるホテルを、チーム一丸となって目指してまいりますので、皆様とお会いできます事を、心からお待ち申し上げております。」

2021年春開業予定〈フォションホテル京都〉外観イメージ

〈フォションホテル京都〉施設概要
所在地:京都府京都市下京区難波町406
アクセス:京阪本線「清水五条駅」徒歩6分
構造:地上10階(内ホテル1階-10階)
敷地面積:約799.39m²
延床面積:約5,498.82m²(うち、ホテルの延床面積 約5,498.82m²)
施設構成(予定):客室59室、レストラン&バー、ティーサロン、スパほか
デザイン監修:株式会社デザインスタジオ・スピン(DESIGN STUDIO SPIN)
経営:株式会社ホテルWマネジメント
開業日:2021年3月中旬予定
ホテル公式ウェブサイト https://hotelfauchonkyoto.com/

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 日本初進出、世界で2軒目の〈フォションホテル(Fauchon L’Hôtel)〉が京都に2021年3月開業予定