CULTURE

〈ラ・パティスリー by アマン東京〉がオープン、伊達冠石のカウンターはイサム・ノグチとの石彫制作で知られる和泉屋石材店とのコラボレーション!

CULTURE2021.10.02

アマンのグループとして初となるペストリーショップ〈ラ・パティスリー by アマン東京〉が、東京・大手町のラグジュアリー・ホテル〈アマン東京〉が入っている、大手町タワーの商業ゾーン「OOTEMORI(オーテモリ)」にオープンしました。

工事中の仮囲いのイラストレーションを、アーティストの三浦大地氏が手がけ、オープン前から話題となっていたショップです。

ラ・パティスリー by アマン東京

工事中の仮囲い(イラストレーション制作:三浦大地)

ラ・パティスリー by アマン東京

工事中の仮囲い(イラストレーション制作:三浦大地)

2021年10月1日にオープンを迎え、温かな光に包まれた空間には、見るものを圧倒する、天然石の巨大カウンターがしつらえられました。

ラ・パティスリー by アマン東京

ショーケースには、〈アマン東京〉のエグゼクティブペストリーシェフを務めるパティシエ・宮川佳久氏の手による、生菓子(プチガトー10種、ホールケーキ4種)と、〈アマン東京〉の朝食でも人気のクロワッサンやペストリーのほか、ハード系のパンドカンパーニュなどが並び、ホテルのギフトアイテム、オリジナルのチョコレートや焼き菓子、ジュースなどを販売。また、近隣のオフィスワーカーの朝食およびランチのニーズに応え、生ハムやシーフードマリネを挟んだサンドイッチやドリンク類も販売されます。

ラ・パティスリー by アマン東京

ラ・パティスリー by アマン東京

ラ・パティスリー by アマン東京

〈ラ・パティスリー by アマン東京〉オープンにあたり、八木朋子 アマン東京総支配人からのメッセージ
「スイーツを求めて足をお運びいただけるアマンは、国内外含めてアマン東京が唯一という点からも、アマン初のペストリーショップをアマン東京にオープンするというのは自然な流れでした。また、宮川が作るアマン東京のスイーツをご自宅で楽しみたい、大切な方に贈りたい、というお客さまからのニーズが増えてきたことも、〈ラ・パティスリー by アマン東京〉の誕生に至ったきっかけとなりました。」

ラ・パティスリー by アマン東京

店舗のデザインは、インテリアデザイナーの庭田良一氏が代表を務める BOND DESIGN STUDIO(ボンドデザインスタジオ)が担当しました。
開業したその土地の環境を尊重するアマンの哲学を取り入れ、店舗の外からつながっていくようなイメージでデザインされており、メインの壁には、「OOTEMORI」の共用部と石材を使用。店舗の中央に配された、大きな石のカウンターは、〈アマン東京〉のガーデンラウンジの石庭と同じ、伊達冠石(玄武岩)を用いています。

ラ・パティスリー by アマン東京

巨大な石のカウンターは、世界的彫刻家のイサム・ノグチ(1904-1988)の石彫作品に欠かせない存在だった、和泉正敏氏(1938-2021)が4代目を務めた、香川県の和泉屋石材店とのコラボレーションにより選定・制作されたものです。
自然を感じるアートのような存在として想定され、彫刻的な構成と、時を経て酸化した赤茶色の表面、その下に見える黒い艶やかな表面の組み合わせなどにより、あたかもこの場所に元から在ったかのような、大地の息吹を感じるカウンターとなっています。

「素材に敬意を払い、その良さを生かすことを大切にしたお菓子をつくるという宮川シェフの思想が、アマンの自然を尊重するブランドコンセプトと共通すると考え、素材の良さやメッセージがダイレクトに伝わるようなミニマルなアプローチを心掛けました。大手町のような都会で働く人々が、自然の息吹を感じながらシェフが心を込めて作ったスイーツを選ぶ、豊かな時間が流れるパティスリーになればと思います。」(BOND DESIGN STUDIO)

さらに、ガラス張りのショーキッチンは、壁、天井、調理台のすべてが黒で統一され、白いコックコートのパティシエたちが浮かび上がる、ひとつのステージのような風景をイメージしてデザインされました。
高さ3m、幅3.7mの窓からは、洋菓子職人たちの細やかな作業と、彼らが動き回るダイナミックな様子を共に見ることができ、アマンならではのユニークな空間となっています。

ラ・パティスリー by アマン東京

ラ・パティスリー by アマン東京

パティシエ・宮川佳久氏(アマン東京エグゼクティブペストリーシェフ)

 

店内は、シンプルで開放的でありながら、柔らかな光に包まれ、人と人とがつながることや、「お客さまにとって第二の我が家のような存在でありたい」というアマンのホスピタリティを伝えることを意図した空間となっています。(en)

ラ・パティスリー by アマン東京

〈ラ・パティスリー by アマン東京 / La Patisserie by Aman Tokyo〉
所在地:東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー地下2階「OOTEMORI」ゾーン
面積: 111.92m²(店舗部分:41.41m²)
設計:BOND DESIGN STUDIO Inc.
オープン日:2021年10月1日(金)
※販売はキャッシュレス決済のみ


アマン東京とは
アマン初の都市型ホテルとして、2014年12月22日開業。高層複合ビル大手町タワーの最上階部33階から38階を占める。客室数84室。

アマン東京 内観 AMAN TOKYO THE LOUNGE

ガーデンラウンジ

アマン東京 内観 AMAN TOKYO THE LOUNGE

ガーデンラウンジ

高い天井高を持つガーデンラウンジをはじめ、レストラン、シガーラウンジを併設したバーラウンジ、1階別棟のカフェ、カウンター8席の鮨店、8室のトリートメントスイート、30メートルの屋内プール、フィットネスジムを持つアマン・スパなどを擁する。そのどこからでも、東京の眺望や自然を堪能でき、木と石と和紙による、日本の伝統文化と現代性を兼ね備えた、広々とした静かな空間を提供しているラグジュアリーなホテル。

アマン東京 客室

客室と窓外の眺望

アマン東京(AMAN TOKYO)公式ウェブサイト
https://www.aman.com/ja-jp/hotels/aman-tokyo

AMAN(アマン)関連記事

CULTURE2020.04.19
アマンが世界各地に展開する新たなホテルブランド「ジャヌー」
BUSINESS2021.01.24
アマン東京が寺田倉庫が運営する画材ラボとコラボした宿泊プランを開始
CULTURE2021.02.19
森ビルとAmanが提携、「アマンレジデンス 東京」と「ジャヌ東京」が虎ノ門・麻布台エリアに2023年開業
CULTURE2021.03.01
アマン創業者・エイドリアン・ゼッカ氏が手がける宿が尾道市瀬戸田に3/1開業

イサム・ノグチ 関連記事

FEATURE2021.08.16
【会場レポート】「イサム・ノグチ 発見の道」東京都美術館にて回顧展 8/29まで
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 〈ラ・パティスリー by アマン東京〉がオープン、伊達冠石のカウンターはイサム・ノグチとの石彫制作で知られる和泉屋石材店とのコラボレーション!