CULTURE

中野サンプラザほか跡地再開発「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」に関して中野区が野村不動産ほかグループと基本協定を締結

CULTURE2021.05.14

東京・中野区が進めている、中野駅北口に建つ中野サンプラザを解体し、エリアを再整備する大規模複合開発において、同区が野村不動産を代表とするグループ[*1]と基本協定書を締結したと発表しました。

中野サンプラザ建て替え「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」

施工予定区域図(野村不動産ホールディングス提供 / 国土地理院発行の地理院地図・電子国土Webより作成)

同事業は、中野駅北口エリアの2ヘクタール強の大規模な敷地に、ホール、オフィス、住宅、商業施設、ホテルなどを建設するもので、計画の概要とイメージビジュアルはすでに発表されており[*1]、2022年度末の都市計画決定・2028年度内の竣工を目指しています。
*1.代表事業者:野村不動産、共同事業者:東急不動産、住友商事、ヒューリック、東日本旅客鉄道
*2.本稿の建物完成予定パースは全て野村不動産ホールディングス提供、今後変更となる可能性あり

建設予定地は、国内外によく知られたサブカルチャーの聖地・中野ブロードウェイが隣接し、ポップカルチャー、音楽、食など、多様な文化を育んできた中野の中心エリア。とりわけ、閉業・解体される〈中野サンプラザ〉は、日建設計の建築家・林 昌二(1928-2011)が設計し、全国勤労青少年会館として1973年に開業した施設で、長年にわたり区民に親しまれてきました。

中野サンプラザ 外観(旧全国勤労青少年会館)

中野サンプラザ 外観(旧全国勤労青少年会館)外観 Photo: Naoko Endo

特徴的な三角形の建物に、地上21+地下3フロアを内包し、宿泊施設、レストランと宴会場、ボーリング場などを有し、中でも4階席に2,222人を収容する大ホールは、これまでに国内外の有名アーティストの公演が数多く行われ、ツアーの幕開けやファイナルの地に選ぶアーティストも多い、音楽の聖地でもありました(近年はアイドルタレントの聖地に)

エリアおよび中野を象徴する存在としても長年、稼働してきた施設を、その機能も含めて再整備する本事業は、文化を原動力としたまちづくりを目指し、生活・産業・交流を活性化させるため整備を図っていくとのこと。駅周辺の回遊性を高めることで、さらに賑わいと交流を創出することを目指します。
(en)

中野サンプラザ建て替え「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」

「集いの広場」完成予定パース[*2]

中野サンプラザ建て替え「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」

「歩行者空間」完成予定パース[*2]

中野サンプラザ建て替え「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」

「屋上広場」完成予定パース[*2]

中野サンプラザ建て替え「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」

「大ホール」完成予定パース[*2]

「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」計画概要

1.新たな文化・芸術などの発信拠点に
最大7,000人収容の大ホールとライフスタイルホテル、エリアマネジメント施設などを整備。エリアマネジメントの活動拠点の中心となる施設は、現・中野サンプラザの機能を継承しつつ、新たな交流機能を加える

2.歩行者ネットワークと広場の回遊性を高める
中野駅西側南北通路・橋上駅舎(駅ビル)の整備や、新しい区役所の整備などの関連事業と、周辺の環境を踏まえ、広場や歩行者空間を整備し、新たな交流と賑わいを創出する

3.地域とともに成長するエリアマネジメント
事業者が立ち上げるエリアマネジメント協議会が事務局となり、誰もが参加できる公開企画会議とオンラインコミュニティを同時に運営。中野ならではの多様な文化と地元の声を活かし、地域の活性化につながるさまざまな活動の展開・促進を図る

4.外観デザインは中野サンプラザのランドマーク性と形態を継承
基壇部は周辺の街並みにあわせたスケールに分節して調和を図り、高層部は現・サンプラザの三角形を活かしたトップデザインとしながら、新たなシンボルタワーとなることを目指す

中野サンプラザ建て替え「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」

所在地:東京都中野区中野4丁目2-47 他
施行予定区域面積:約23,456m²(7,096坪)
主要用途:ホール、オフィス、住宅、商業、ホテル
事業手法:土地区画整理事業(約52,000m²)と第1種市街地再開発事業(個人施行)の一体的施行を予定

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 中野サンプラザほか跡地再開発「中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業」に関して中野区が野村不動産ほかグループと基本協定を締結
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ