CULTURE

都立明治公園・代々木公園のPark-PFI事業設置等予定者と提案概要を東京都が発表

CULTURE2021.11.11

東京都は、今年3月31日に公募を開始して進めていた、都内にある都立明治公園(渋谷区・新宿区)と都立代々木公園(渋谷区)において、都市公園法に基づく公募設置管理制度(Park-PFI)[*1]を活用した公園の整備・管理運営を行う設置等予定者をそれぞれ発表しましたプレスリリース

*1.公募設置管理制度(Park-PFI)とは
都市公園において飲食店、売店等の公園利用者の利便性の向上に資する公園施設(公募対象公園施設)の設置と、設置した施設から得られる収益を活用して、その周辺の園路、広場等の公園施設(特定公園施設)の整備や、改修等を一体的に行う民間事業者を公募により選定する制度

都立明治・代々木公園Park-PFI事業対象地

東京都建設局「都立明治公園及び都立代々木公園整備計画」資料より(発表ページ

東京都建設局が2019年(令和元年)5月に発表した「都立明治公園及び都立代々木公園整備計画」の関連資料によれば、両公園は、皇居から赤坂御用邸を経て、神宮外苑、新宿御苑、明治神宮・代々木公園へと至る緑の東西軸上に位置し、一体的に計画された神宮内外苑に連続する、都心における緑のネットワークの充実・強化を図る上で、要となる場所に当たる、と位置づけられています。

事業対象地は、都立明治公園では〈国立競技場〉の南側、面積にして33,499m²(約3.3ha)。都立代々木公園では、国立代々木競技場の南側、JRの線路に近い飛び地(面積 4,182m²)です。

都立明治公園 整備事業計画概要

公園所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町地内、渋谷区千駄ヶ谷1丁目地内、渋谷区神宮前2丁目地内
既開園面積:28,238m²
新規開園予定面積:33,499m²
事業対象地面積:16,179m²
都市計画等の条件:(1)第1種住居地域、容積率400%、防火地域、第2種文教地区、(2)第1種中高層住居専用地域、容積率300%、準防火地域、第1種文教地区
建築可能面積:上限1,920m²

都立明治公園 Park-PFI事業計画案

設置等予定者
事業者名:Tokyo Legacy Parks
代表構成団体:東京建物
構成団体:三井物産、日本工営、西武造園、読売広告社、日テレ アックスオン
計画コンセプト(公募時の東京都からの提示)
・みどりと水景観の創出
・地域のにぎわい創出
ゾーニング(公募時の東京都からの提示)
・豊かなみどりのゾーン(東側)
・にぎわいと交流のゾーン(西側・外苑西通り側)
提案概要
・国立競技場と調和し、シンボルとなる前庭空間づくり
・周辺地域の貴重な緑と連続する100年の杜づくり
・近隣施設や団体と連携し、地域の誇りとなる公園づくり
・発信力のある立地を活かした、インクルーシブルパークづくり
事業期間:工事着手の日から20年間(2023年[令和5年]10月供用開始予定)

都立代々木公園 整備事業計画概要

公園所在地:東京都渋谷区代々木神園町地内、神南1丁目地内、神南2丁目地内
既開園面積:540,529m²
新規開園予定面積:4,182m²
都市計画等の条件:第二種中高層住居専用地域、容積率200%、準防火地域 、第2種風致地区、高さ制限15m以下、緑化基準25%
建築可能面積:上限1,600m²

都立代々木公園 Park-PFI事業計画案

設置等予定者
事業者名:代々木公園STAGES
代表構成団体:東急不動産
構成団体:東急、石勝エクステリア、東急コミュニティー

都立代々木公園 Park-PFI事業計画案

提案概要
・公園利用者の緑の中での自由な過ごし方を演出する
・多様な舞台とイベントで自分らしく輝く場を提供する
・スポーツと健康増進施設で豊かな人生を支える
・緑とまちが融合した都市型交流空間を創る
事業期間:工事着手の日から20年間(2024年[令和6年]10月供用開始予定)

公募に応じた提案事業者数は、応募登録の段階では、都立明治公園で7者、都立代々木公園で8者。その後、9月3日までに、都立明治公園で3者、都立代々木公園で3者から公募設置等計画が提出されたとのこと。10月21日に応募事業者によるプレゼンテーションが行われ、選定委員会の選定結果を踏まえ、東京都が設置等予定者を決定したものです。

なお、同日に選出された次点は、明治公園の事業計画では三井不動産代表グループ(構成団体:環境デザイン研究所、三井ホーム、日比谷アメニス、フロンティアコンストラクション&パートナーズ)、代々木公園の計画ではTokyo Legacy Parks(構成団体:同上)と発表されています。

都市公園法に基づく公募設置管理制度(Park-PFI)を活用した公園整備事業は、これまでに渋谷区などでは事例がありましたが、都としては今回が初となります。

都立明治公園及び都立代々木公園Park-PFI事業について(東京都発表)
https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/jigyo/park/tokyo_kouen/meijiyoyogi2.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

公募設置管理制度(Park-PFI)活用事例 関連記事

BUSINESS2021.02.28
​渋谷区立北谷公園の維持管理・運営を、東急、日建設計、CRAZY ADから構成される「しぶきたパートナーズ」が担当
CULTURE2021.03.22
ブルーボトルコーヒー初の公園内カフェが渋谷にオープン、空間デザインは芦沢啓治建築設計事務所が担当
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 都立明治公園・代々木公園のPark-PFI事業設置等予定者と提案概要を東京都が発表
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ