CULTURE

ベトナムと日本の文化を併せ持つハノイの和食レストラン

NHビレッジ・アーキテクツが設計した ベトナムと日本に共通する竹や籐、陶器といったマテリアルや日本庭園を取り入れた〈赤アリ・プレミアム〉

CULTURE2023.01.12
〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉は、ベトナムの首都ハノイの和食レストラン赤アリの店舗であり、デザインを通じてベトナム文化を和食レストランに適用させることを目的としたレストランです。

ベトナムと日本に共通する竹や籐、陶器といったマテリアルを活用しています。また個室の周りには日本庭園のような庭が広がり、まるで住宅のような空間となっています。

東京大学で建築を学んだ2人のベトナム人建築家により設立されたNHビレッジ・アーキテクツ(NH VILLAGE ARCHITECTS)が設計しました。

(以下、NH VILLAGE ARCHITECTSから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム〉は、ハノイの老舗和食レストランチェーンである赤アリのインテリア空間を、デザインを通じてベトナム文化の真髄を和食レストランに適用するという、新たな展開を示すものである。

ベトナムと日本は、竹や籐、陶器などの手工芸品に対する多様性と愛着という共通点を持つ国である。このプロジェクトを通して、私たちはこれらの素材の可能性と応用力を確認するとともに、新たな命を吹き込みたいと考えた。

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

庭園の中の家

このプロジェクトは、ハノイの新市街地に建つコンクリートとガラスで構成されたショップハウス(編集部注:上層階が住居、下層階が店舗となっている建築)における店舗2区画にて計画された。

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

デザイン上の課題は、居心地の良さと親しみやすさを兼ね備え、ベトナムと日本の文化の架け橋となるようなレストラン空間をつくることであった。

各階の階高が約4.5mあるため、この高さを活かした動線を設計することで通風を確保した。エントランスホールや2階ダイニングスペースといった大空間には木造の屋根システムを配置し、個室はレストランの中にある家のような空間となっている。

2階では天井から吊るされた藤材が設備を部分的に覆い、空間にまるで雲が浮かんでいるような効果を持たせている。2階から階段で登った場所にある個室は、大きな籐の壁で間仕切られており、全体として庭園を意識したデザインとなっている。

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

3階ロビーの天井は木造軸組工法とし、奥行きと高さを感じさせる開放的な天井となっている。

内部からは正面の大きな公園を臨むことができるが、西の方角にあたるため、室内を彩る庭園を強い自然光の侵入を防ぐ緩衝空間としてガラスのすぐ横に配置した。これにより、部屋に隣接する庭園から外に広がる公園まで、庭の層が広がっていくのが感じられる。

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

エントランスホールから共有スペースにかけての床には、砂利を混ぜた砂入りコンクリートを使用し、2階の寿司バーとダイニングの床には、ハノイの有名な陶器の村、バッチャンでつくられたカラフルなセラミックタイルを使用した。

また、ドアやパーティション、天井、階段の手すりなど、建築を構成するパーツには、照明や工芸品を作成する職人たちの技術を活かすという試みを行なっている。

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

©︎ HIROYUKI OKI

〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉 〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉 〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉 〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉 〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉 〈赤アリ・プレミアム(AKAARI PREMIUM)〉

以下、NH VILLAGE ARCHITECTSのリリース(英文)です。

Main Information
Project Name: AKAARI PREMIUM
Office Name: NH VILLAGE ARCHITECTS
Office Website: https://www.nhvillage.net/
Social Media Accounts: NH Village Architects
Firm Location: Hanoi, Vietnam
Completion Year: 2022
Gross Built Area (m²/ ft²): 720 m²
Project Location: Hanoi, Vietnam
Program / Use / Building Function: Japanese food Restaurant
Lead Architects: Tran Dai Nghia, Nguyen Phuong Hieu
Photographer
Photo Credits: HIROYUKI OKI
PROJECT DESCRIPTION 
THE CONTEXT
AKAARI is an old Japanese cuisine restaurant chain in Hanoi. The interior space of this time is expected to bring a new breakthrough, applying the quintessence of Vietnamese culture to a Japanese restaurant through interior design. Vietnam and Japan are two countries that have one thing in common which is the diversity and love for handicraft products made from bamboo, rattan, ceramics… Through this project, we want to affirm the potential and the application position is huge and breathe new life into such materials.
HOUSE WITHIN GARDEN
The current condition before the renovation is two Shophouse apartments located at the foot of the building in a newly urban area in Hanoi, which is a concrete block covered with glass – 2 modern and hard materials. Our challenge in design is to create a restaurant space that is both cozy, friendly and a bridge of Vietnamese and Japanese culture.
With a floor height of about 4.5m for each floor, the design takes advantage of these heights in the common traffic space to create ventilation. Large spaces such as the entrance hall and the 2nd floor dining space are arranged with a wooden roof system inside. The private dining rooms also give the impression of entering another home space in the restaurant itself, contrasting with the dry image of the block from the outside.
The 2nd floor ceiling is a drop cloud system that partially covers the device and creates the effect of floating clouds in space. The private room on the 2nd floor is designed like a mezzanine floor, up by an iron ladder, the room divider is made up of large rattan walls, respecting the garden in the whole.
The ceiling of the 3rd floor lobby is a wooden frame system, creating a feeling of depth and high, liberal for the ceiling.
The facade of the existing building faces the large park in front but has a west direction. Therefore, a layer of buffer garden space is arranged right next to the glass wall to prevent strong natural light from entering the room and to decorate the rooms also. Diners can feel the layers of gardens spread one after another from the garden strip adjacent to the room to the park.
GARDEN WITHIN HOUSE
The floor from the entrance hall and common spaces is made of sanded concrete mixed with gravel. Colorful ceramic tiles originating in Bat Trang – the famous Pottery village in Hanoi – are applied for the Sushi Bar and Dining room on the 2nd floor. The walkway in the floor leading to the rooms is designed to change direction with flexibility, relax in the infinitive space, diners will have an experience like walking in a garden.
The main staircase of the house is made of steel, wood, and rattan railing system, which has both an interior decoration effect for the interior and ensures vertical air convection in the surrounding 4-storey house.
NEW LIFE FOR MATERIALS IN TRADITIONAL CRAFT VILLAGES  
In this project, we experimented with making the most of the available skills of the craftsmen specializing in making lamps and handicraft items into a new situation where the components that make up the architecture such as: doors, partitions, ceilings, stair railings….
The size and proportions of knitting are studied to ensure that they have separating function but light, without creating the feeling of rigid solid walls.

「Akaari Premium Restaurant」NH VILLAGE ARCHITECTS 公式サイト

https://www.nhvillage.net/en/p/nha-hang-akaari-66737.html

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ベトナム 関連記事

CULTURE2022.04.04

42,000の竹が編むやわらかな大空間

竹のアーチ、ドーム、グリッドを融合したベトナムのリゾートの〈ウェルカムセンター〉
CULTURE2022.08.08

外壁をいじらず外観を変える!?竹によるリノベーション

VTNアーキテクツが既存建物の最上階と屋上に設計したカフェ〈ノセンコ・カフェ〉
CULTURE2022.05.13

陶磁器の村に建つセラミックファサードの住宅

VTNアーキテクツが設計したセラミックレンガと植栽によるパッシブクーリングの住空間〈バッチャン・ハウス〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • ベトナムと日本の文化を併せ持つハノイの和食レストラン、NHビレッジ・アーキテクツが設計したベトナムと日本に共通する竹や籐、陶器といったマテリアルや日本庭園を取り入れた〈赤アリ・プレミアム〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ