CULTURE

地域と窯の歴史をつなぐレンガヴォールトの博物館

歴史ある陶磁器の名産地にスタジオ・ジュ・ペイが設計した〈景徳鎮御窯博物館〉

CULTURE2022.05.26
〈景徳鎮御窯博物館〉

©Tian Fangfang

〈景徳鎮御窯博物館〉

©Studio Zhu Pei

〈景徳鎮御窯博物館(Jingdezhen Imperial Kiln Museum)〉は、中国・景徳鎮市の窯や地域の歴史を継承する博物館です。

北京を拠点に活動するスタジオ・ジュ・ペイ(Studio Zhu Pei)が設計しました。

(以下、Studio Zhu Peiから提供されたテキストの抄訳)

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

景徳鎮市の歴史地区の中心部に位置する〈景徳鎮御窯博物館〉は、明の時代から宮廷に納める陶磁器を製造していた「御窯」に隣接し、その出土品を中心とした博物館である。

周囲には古民家や伝統的な窯、工場、1990年代後半の住宅など、さまざまな時代の建物がある。これらの建物により、多様な都市構造と豊かな歴史的文脈を持つユニークな地域が形成されている。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

地域の歴史を引き継ぐレンガのヴォールト

この博物館は景徳鎮のルーツの再発見と、ミュージアム体験を革新するアイデアに焦点をあてた建築である。

レンガ造りの窯は、地域の工業生産に不可欠な構造物であると同時に、生活や文化の中心的な場所として、都市の歴史全体に入り込んでいる。〈景徳鎮御窯博物館〉は、伝統的なレンガ窯をベースとしたヴォールトで構成されており、それぞれ大きさ、長さ、曲率を変えることで、窯の特殊性と素材感を表現している。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

立体的な風を生み出す建築

景徳鎮の夏はとても暑い。そのため、屋根のかかった狭い路地や、垂直方向に縦長なコートヤードハウスがつくる日陰と風のトンネルが、人々に快適な環境を提供してきた。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©Tian Fangfang

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉の南北に長い軸線を持つ8つのレンガのヴォールトは、両端を開放して配置されている。これにより西側の日射を遮るだけでなく、それぞれの吹き抜けが風のトンネルとなり、夏に吹く南北方向の風を取り込むことができる。

地階レベルにある開放的な5つのサンクン・コートヤードは、地域の垂直なコートヤードハウスのように煙突効果を生み出す。水平方向に風が抜けるトンネルと、垂直方向に機能する煙突効果により、立体的な風を生み出す装置となっているのである。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©Zhang Qinquan

人、展示物、建築をつなぐ媒介としての自然光

自然光をふんだんに取り入れた内部空間を構築するため、まず「オープンヴォールト」と「クローズドヴォールト」を交互に配置し、館内をめぐるなかで光と影のリズムを味わえる計画とした。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

次に、5つのサンクン・コートヤードが光を地下まで導き、地下空間に対する人々の感覚を覆す。さらにヴォールトの両端や、隣接するヴォールト間のスリットにより、室内に自然光を取り入れている。

これらの窓や建物の多孔性により、光はさまざまな方法で博物館の内部空間に拡散していく。自然光は、人、展示物、建築を結びつける媒介となるのである。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

窯のレンガを継承する古くも新しい空間

博物館の基本的な構造は、2層の石積レンガ壁の間にコンクリートを流し込んだアーチ型の構造である。

景徳鎮では、一定の熱性能を保つために2〜3年ごとに窯を取り壊す必要がある。その窯のリサイクルレンガを使用した家づくりが、景徳鎮の大きな特徴となっている。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©Studio Zhu Pei

〈景徳鎮御窯博物館〉

©Studio Zhu Pei

リサイクルされた古い窯のレンガを新しいレンガと混合し使用することで、この地域における建築の文化を反映した。

自然、遺構、風、光、音、新旧の素材が織りなすこの建築は、人々の記憶を呼び起こし、ユニークな体験をもたらす。人々の心と呼応しながら、興味や好奇心を喚起し、新たな問いを生み出し、新たな答えを与えてくれるのである。

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

©schranimage

〈景徳鎮御窯博物館〉

Site axonometric drawing

〈景徳鎮御窯博物館〉

Axonometric drawing

〈景徳鎮御窯博物館〉 〈景徳鎮御窯博物館〉 〈景徳鎮御窯博物館〉 〈景徳鎮御窯博物館〉 〈景徳鎮御窯博物館〉 〈景徳鎮御窯博物館〉 〈景徳鎮御窯博物館〉

以下、Studio Zhu Peiのリリース(英文)です。

Jingdezhen Imperial Kiln Museum
Jiangxi, China

Context
The Museum, a porcelain museum focusing on Imperial Kiln artifacts, is located in the center of the historical area in Jingdezhen, adjacent to the Imperial Kiln Ruins of Ming Dynasty. It is surrounded by various historical buildings, including old houses, traditional kilns, factories, and residential buildings of the late 1990s. Those buildings have shaped a rich and diverse urban fabric and formed a unique site with enriching historical contexts.

Concept
The concepts of the Imperial Kiln Museum focus on rediscovering the roots of Jingdezhen and the innovation ideas that defines the revolutionary thinking of the museum experience.

1. Prototype
As essential structure for the city’s industrial production and as a central place for both public life and cultural memory, the brick kiln has entered the entire city history as architectural form. The prototype of the Museum is translated from traditional brick kiln, it comprises more than half a dozen brick vaults base on the traditional form of the kilns. Each of the brick vaults is of a different size, length and curvature, calling to mind the special and material quality of the kilns. The ground level and lower level connect all vaults and courtyards together with a strong local cultural grounding.

2. A porous installation of wind
Jingdezhen is hot in summer, people have to survive under shade with ventilation, and this is the reason why narrow alley with roof overhand and small vertical courtyard house both create shade and wind tunnels to let people feel comfortable.
The long axis of eight brick vaults is arranged along the north-south direction with tow ends open. The arrangement of the open vault and enclosed ones, can not only block the sunlight on the west side, but also transform each vault into a wind tunnel, allowing the cool breeze to flow in and to capture the most frequent south-north wind in summer. The five sunken courtyards of different scales create the chimney effect as in the local vertical courtyards. A three-dimensional wind installation is thus created by both the tunnels where wind blows horizontally and the chimney effect that functions vertically.

3. An installation of natural light
Constructing an interior space that is full of natural light is the primary consideration. First of all, the alternative arrangement of open vaults and enclosed vaults creates a rhythmic sensation of light and shade while walking through the museum. Secondly, the five sunken courtyards channel light down to the floor, completely subvert people’s feelings of the underground space. Moreover, the interior natural light is achieved through the opening of both the end of the vaults, the horizontal slits alongside the floor, the slits between adjacent two vaults and the cylindrical skylights. With all these special ‘windows’ and the porosity of the building, light diffuses into the interior space of the museum through different dimensions and ways. Natural light is a medium that weaves people, exhibits, and architecture together.

Structure and Materials
The basic structure of the museum is arched structure system, it is made up of concrete poured in between two layers masonry brick walls.
Using recycled kiln bricks to build house is a significant character in Jingdezhen because kilns have to be demolished every two or three years in order to keep a certain thermal performance. The recycled old kiln bricks are mixed with new bricks together to reflect the local culture of construction.
This interweaving of nature, ruins, wind, light, sound, and new and old materials must arouse interest, curiosity, create new questions and give new answers by interacting with the mind of people who inevitably evoke memories and enjoy a unique experience. The past cannot be erased but rewritten by recounting with a new awareness and maturity, a sort of contemporary archeology.

Project fact sheet

Project name: Jingdezhen Imperial Kiln Museum
Location: Jingdezhen, Jiangxi, China
Design: 2016-2017
Construction: 2017-2020
Area: 10,370sqm
Structure: Reinforced concrete arch shell and brick arch
Architecture, Interior and Landscape Design: Studio Zhu Pei
Cooperative Design: Architectural Design and Research Institute of Tsinghua University
Design Principal: Zhu Pei
Critic: Zhou Rong
Art Consultant: Wang Mingxian, Li Xiangning
Design Team: Shuhei Nakamura, He Fan, Han Mo, You Changchen, Zhang Shun, Liu Yian, Liu Ling, Wu Zhigang, Du Yang, Yang Shengchen, Chen Yida, He Chenglong, Ding Xinyue, Nie Wenhao

Consultants:
Structural, MEP and Green Building: Architectural Design and Research Institute of Tsinghua University
Facade: Shenzhen Dadi Facade Technology CO., LTD.
Lighting: Ning Field Lighting Design CO., LTD.
Acoustic: Building Science & Technology Institute, Zhejiang University

Client: Jingdezhen Municipal Bureau of Culture Radio Television Press Publication and Tourism, Jingdezhen Ceramic Culture Tourism Group
Main Contractor: China Construction First Group Corporation Limited, Huajiang Construction CO., LTD of China Construction First Group
Photography by schranimage, Tian Fangfang, Zhang Qinquan, courtesy of Studio Zhu Pei

「Jingdezhen Imperial Kiln Museum」Studio Zhu Pei 公式サイト

http://www.studiozhupei.com/en/show/?id=425&page=1&siteid=1

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

中国 関連記事

CULTURE2022.01.06

中国の水辺に浮かぶ氷のような建築

ウィンタースポーツ特化地区の建築的シンボル〈ICE CUBES〉
CULTURE2022.01.17

コミュニケーションを加速する「∞」のデザイン

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した中国の企業のサステナブルな本社ビル〈インフィニタスプラザ〉
CULTURE2022.01.07

シャンパンボトルでつくる翡翠のファサード

MVRDVがデザインするサステナブルで宝石のような外観〈ブルガリ上海〉
CULTURE2022.03.03

人工の岩が支える洞窟のようなカフェ空間

B.L.U.E. Architecture Studioによる直感的な設計プロセスでつくる〈ゾライズムカフェ アランヤ〉
CULTURE2022.04.15

幾何学的美しさをもつタケノコのような建築

中国・成都にあるパンダのテーマパークのランドマーク〈パンダタワー〉
CULTURE2022.05.19

用途に合わせ眺望を変化させる可動式ファサード

フォスター アンド パートナーズとヘザウィックスタジオが設計した〈外灘金融センター〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 地域と窯の歴史をつなぐレンガヴォールトの博物館、歴史ある陶磁器の名産地にスタジオ・ジュ・ペイが設計した〈景徳鎮御窯博物館〉中国
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ