CULTURE

「2025年大阪・関西万博」建築関連ニュース

板坂 諭氏が設計するパソナのパビリオンは「心臓(いのち)の螺旋 ~アンモナイトからiPS心臓(いのち)まで~」がテーマ

CULTURE2023.01.20

2023年1月20日初掲、1月22日板坂氏コメントとイメージムービーを追記

2025年4月13日より開幕する「2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)」に出展する企業・団体の1つ、パソナグループのパビリオンの外観デザインと、建築デザインコンセプトなどが発表されました。

「心臓(いのち)の螺旋 ~アンモナイトからiPS心臓(いのち)まで~」をテーマに掲げた展示施設の名称は〈PASONA Natureverse(ネイチャーバース)〉。

エグゼクティブプロデューサーを医学博士の澤 芳樹氏、パビリオンのデザインを建築家の板坂諭氏が担当するとのこと(2023年1月19日プレスリリース)。

澤氏は心臓血管外科医で、心不全治療用の再生医療製品「ハートシート」を保険収載させるなど、心筋再生医療の分野におけるトップランナー。iPS細胞による心筋再生治療「First in Human」も成功させています。大阪大学名誉教授、大阪警察病院院長、一般社団法人日本再生医療学会理事長を務めます。

パビリオンの主なテーマ
1.からだ:医療/食
2.こころ:生きがい/思いやり
3.きずな:働く/互助

万博終了後は、淡路島への移築、再利用が計画されています。

板坂 諭氏コメント

建築コンセプトは「心臓(いのち)の螺旋 ~アンモナイトからiPS心臓(いのち)まで~」です。

パビリオンを計画するにあたり、約4億年前に誕生し、3回の大量絶滅期を乗り越えながら繫栄したアンモナイトを“いのちの象徴”と捉え、その形態を建築デザインに取り込んでほしいとの施主からの要望を頂き、幅43m高さ16mのアンモナイト型建築をデザインしました。

環境面ではアンモナイトの生態・構造を模倣した低炭素建築を目指し、可能な限り化石燃料に頼ることなく快適な環境を構築する仕組みを計画に盛り込み、わずか半年間の会期後に建物を廃棄することを望まないとの施主のお考えに応じる形で万博終了後、淡路島への移築/再利用を計画しています(余談ですが、淡路島は日本有数のアンモナイトの化石産出地です)。
膜とトラスを多用することで部材の軽量化を図り、BIMやQRコードによる部材管理など先進的なデジタル技術を積極的に用いることで効率の良い移築を実現します。

太古から受け継がれてきた「いのち」。原初の海ともいえる母親の胎内で起きる奇跡を知れば、アンモナイトが見た景色も我々の記憶に留まっていると思えてきます。
マクロでは宇宙の星雲、ミクロではDNAにも螺旋形状が見られるように、自然界にはさまざまなスケールの螺旋が存在しています。来場される方々には、そんなマクロとミクロの螺旋を体感していただきながら、私たち人間が自然の一部であることを再認識しつつ、改めて「いのち」への感謝の念を抱いていただきたいと考えています。(板坂 諭 / the design labo)

パソナ パビリオン〈PASONA Natureverse(ネイチャーバース)〉イメージムービー(提供:the design labo)

板坂 諭 氏 近影

板坂 諭氏プロフィール
設計事務所勤務を経て、2012年に建築事務所・the design labo inc.(ザ デザインラボ)を設⽴。建築をベースに、プロダクト、アートの領域で活動中。

the design labo website
http://www.thedesignlabo.co.jp/

〈PASONA Natureverse〉建築概要

建築デザイン:板坂 諭(the design labo 代表取締役)
敷地面積:3,514.425m²
建築面積:2,4235m²
延床面積:2,2855m²
最高高さ:16.72m
構造:鉄骨造
規模:2階建て

出展者コメント

「生命の誕生から現在まで、“いのち”を繋いできた私たちの心臓。「いのち、ありがとう。」をコンセプトに掲げるパソナグループパビリオン〈PASONA Natureverse〉では、iPS細胞による再生医療の第一人者である大阪大学名誉教授 澤芳樹先生をエグゼクティブプロデューサーにお迎えし、“いのちの象徴”である心臓を作り上げるiPS心筋シートなどの最新テクノロジーをはじめ、「からだ・こころ・きずな」をテーマに様々な展示を行ってまいります。

パビリオンの建築デザインにあたり、“いのちの象徴”としてアンモナイトの「螺旋形状」を採用。約4億年前に誕生し氷河期など3回の大量絶滅期を乗り越えて長期間にわたって繫栄したアンモナイトは、私たちにとって“いのちの大先輩”ともいえる存在です。マクロでは宇宙の星雲や台風、ミクロではDNAにも見られるように、自然界には様々なスケールの螺旋が無数に存在しています。これを、パビリオンが目指す「『ありがとう』が響きあう世界」に向けて、人と人が繋がり合う、真に豊かな社会を象徴するかたちに位置付けました。

来場された方々に、「いのち」の歴史を学び、「いのち」を支える人類の英知や未来社会のデザインに触れることで、「いのち」への感謝を感じていただきたいという想いを込めています。」(パソナグループ 代表取締役グループ代表 南部靖之)

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

【特集】2025年大阪・関西万博 カウントダウン

FEATURE2022.07.18

「2025年大阪・関西万博」カウントダウン!

注目のパビリオンなど建築・デザインの最新情報まとめ、随時更新

パソナ TOPICS

CULTURE2021.11.20

坂茂設計のレストラン〈陽・燦燦(はる・さんさん)〉

淡路島にオープン、パソナ農援隊が施設を運営
CULTURE2022.04.23

坂茂設計〈禅坊 靖寧〉竣工

自然に囲まれた空中回廊を有する座禅リトリートが4/29オープン!

「2025年大阪・関西万博」TOPICS

CULTURE2020.07.13

藤本壮介氏が「大阪・関西万博」会場デザインプロデューサーに就任

各テーマ事業のプロデューサーは福岡伸一、落合陽一ら8名を発表 Sou Fujimoto ©David Vintiner
COMPETITION & EVENT2020.12.25

2025年「大阪・関西万博」マスタープラン発表

会場デザインプロデューサーを務める藤本壮介氏によるデザイン
COMPETITION & EVENT2021.07.31

【審査結果】大阪・関西万博が迎賓館・大催事場・小催事場の各設計者を公募

審査を藤本壮介、妹島和世、佐藤可士和が担当 / 日建設計 大阪オフィス、伊東豊雄建築設計事務所、安井・平田設計共同企業体が最優秀に
CULTURE2021.12.24

落合陽一「いのちを磨く」パビリオンの製作チームが法人設立

大阪・関西万博へ向け、noiz architects、WOWらが参画する(一社)計算機と自然
CULTURE2022.07.18

「2025年大阪・関西万博」建築関連ニュース

永山祐子氏がパナソニックのパビリオン「ノモの国」を設計
CULTURE2022.07.13

2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)ニュース

藤本壮介がデザインした大屋根(リング)の最新パースと万博会場内配置図を公開

板坂 諭氏 / the design labo 関連記事

PRODUCT2020.08.05
板坂 諭氏がデザインした婚礼会場用パーテーション〈BLOOM〉
COMPETITION & EVENT2020.11.01

【内覧会Report】DESIGNART合同展示「KASHIYAMA DAIKANYAMA」11/3まで

板坂 諭による新作アップサイクルチェアなど出展
FEATURE2022.10.29

【会場レポート】DESIGNART TOKYO 2022

注目のクリエイターたちが競いあうデザインとアートの祭典を見逃すな!
COMPETITION & EVENT2022.11.01

「Life with Bonsai はじめよう、盆栽のある暮らし」

板坂諭、ミヤケマイ、TIME & STYLEほか9組がさいたま市大宮盆栽美術館特別展に出展
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 「心臓(いのち)の螺旋 ~アンモナイトからiPS心臓(いのち)まで~」がテーマ、「2025年大阪・関西万博」に出展するパソナのパビリオンを板坂 諭氏が設計
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ