CULTURE

流線形のデザインとテクノロジーによる極上の船上体験

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計したサステナブルヨットの新時代を切り開く〈オネイリック〉

CULTURE2022.06.06
〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

イタリアの造船所ロッシナヴィ(Rossinavi)とザハ・ハディド・アーキテクツ(ZHA)が共同で設計した双胴船(2つの胴体をもつ船)〈オネイリック(Oneiric)〉が発表されました。3層のソーラーパネルによる完全電動航行と、AIコントロールによるエネルギー消費管理と環境負荷低減を特徴とする、グリーンテクノロジー・フラッグシップです。

イタリア・ミラノにて6月6日〜12日に開催するフォーリサローネで発表されます。

(以下、ZHAから提供されたテキストの抄訳)

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

テクノロジーをデザインに組み込むサステナブルなフラッグシップ

ZHAのデザインと機能性に最先端技術を組み合わせた〈オネイリック〉は、妥協のないデザインとエンジニアリングにより、海の健康を優先しながら、オーナーとゲストにこの上ない体験を提供する、サステナブルヨットの新時代を切り開くものである。

シームレスにデザインに組み込まれた3層のソーラーパネルにより、高効率バッテリーパックに給電する。AI搭載のコントロールセンターは、エネルギー消費量とバッテリーの状態をモニターし、環境負荷を考慮した上で、最も持続可能な航行をサポートする。

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

日帰りであれば最大で100%フルエレクトリックモードでの航行が可能であり、ゼロエミッションを実現する。大西洋を横断する場合は、最大70%をフルエレクトリックモードで航行でき、従来の船舶と比較して約40トンのCO2を削減することができる。

また、日中はソーラーパネルでバッテリーを充電し、ヨットを使用しない時は、住宅や別荘に電力を供給することも可能である。

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉のマルチハル(多胴船の胴体)は、船体の長さと幅の比率と重量配分により流体力学的な効率が高く、従来の単胴船に比べてエネルギー効率が高いのが特徴である。この環境サステナビリティの探求は、海洋生態系を保全したいという思いから行われている。

ロッシナヴィの技術革新とサステナビリティの理念は、太陽光をエネルギーに変え、地球の年間酸素生産量の半分以上を供給する海洋藻類、植物プランクトンに着想を得ている。この何十億という微細な生物は、私たち全員が協力することで、より健全な環境づくりに貢献できることを教えてくれているのである。

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉のデザインは、波の流動性と躍動感からヒントを得ている。外装のしなやかなラインと反射する表面はインテリアにも引き継がれ、船と海の境界をあいまいにしている。

メインデッキのコックピットは、カーブした壁と天井による連続性のあるパティオで構成され、大きく開けたオーシャンビューを実現している。メインデッキから階段を下りた先にあるスイムプラットフォームは、壁や天井を取り払い、海とのダイレクトなつながりを感じさせるエリアとなっている。

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉には室内外の複数のラウンジやダイニングエリア、エンタメ技術を駆使したメディアルーム、広いオーナーズスイート、4つのゲストキャビンが組み込まれている。これらの内部空間は相互に連続しており、デザインのユニークな特徴となっている。

格別の広さをもつマスターベッドルームでは、天窓から差し込む上方からの光と、180度の眺望を楽しむことができる。また、オーナーズスイートからは屋外ラウンジにアクセスでき、格納式のシェードによって日陰をつくることも可能である。

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

インテリアには視覚的、触覚的な特徴から素材を選択し、配置することで、デザインの流動性を強調する没入感のある環境をつくり出した。

重量への配慮はヨット設計において重要な項目であり、〈オネイリック〉では、エネルギー効率と最適なパフォーマンスのために、その多くがリサイクル可能な軽量内装材が選ばれている。

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

ノイズのない船上体験

〈オネイリック〉のフルエレクトリックモードは、無音での運航が可能である。さらに、ロッシナヴィのゼロ・ノイズ・テクノロジーにより、船内のあらゆる騒音を元から絶つことができる。

このテクノロジーは、数年前からロッシナヴィの全ヨットに搭載されており、すでに高い防音効果を発揮しているが、〈オネイリック〉ではさらなる防音効果が期待できる。

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

〈オネイリック〉

©︎ Zaha Hadid Architects

以下、ZHAのリリース(英文)です。

Oneiric catamaran for Rossinavi
Presented at BluE, Fuorisalone, Milan | 6-12 June 2022

The new Oneiric catamaran concept is Rossinavi’s green-technology flagship featuring three levels of solar panels to allow for fully electric navigation and an AI-driven control centre to manage energy consumption and reduce environmental impact

Italian shipyard Rossinavi in collaboration with Zaha Hadid Architects (ZHA) have established a new era of sustainable yachting with Oneiric. Combining the signature of ZHA’s design with maximum functionality and cutting-edge technology, the Oneiric is designed and engineered without compromise, providing an unrivalled experience for the owner and guests while prioritising the health of the ocean.

The Oneiric is a Rossinavi green-technology flagship. Three levels of solar panels are seamlessly integrated into the design to charge a highly efficient battery pack. An artificial intelligence driven control centre monitors energy consumption and battery status as well as observes environmental impact to advise on the most sustainable navigation.

On a day trip, Oneiric can cruise up to 100% of the time in full-electric mode with zero emissions. On transatlantic crossings, the yacht can cruise in full-electric mode up to 70% of the time, saving approximately 40 tonnes of CO2 compared to a conventional vessel. The solar panels, continually charging the battery pack during daylight hours, are also designed for the periods when the yacht is not in use and, when moored, it can power a family villa on land.

The Oneiric’s multihulls are more energy-efficient than a conventional monohull yacht, due to their weight distribution and the hulls’ length-to-width ratio which provides greater hydrodynamic efficiency.

This pursuit of environmental sustainability is driven by the desire to conserve the well-being of the ocean’s ecosystems. Rossinavi’s technological innovations and philosophy of sustainability are inspired by phytoplankton, a small marine algae that converts sunlight into energy and provides more than half of the Earth’s annual oxygen production. These billions of microscopic organisms remind us that, working together, we can all contribute to a healthier environment.

The design of Oneiric’s exterior and interior is informed by the fluidity and dynamism of ocean waves. The sinuous lines and reflective surfaces of the yacht’s exterior are continued throughout the interior, blurring the boundaries between ship and sea.

The main deck cockpit is composed of a patio with walls and ceiling which are slightly curved to create a continuity that significantly opens the views to the water. Going down the stairs to the swim platforms, the area widens further, shedding the walls and ceiling to give a direct connection with the sea.

Multiple interior and outdoor lounging and dining areas, as well as media room with entertainment technologies, are integrated into the design together with a large owner’s suite and four guest cabins. The size of these areas is exceptional: the master bedroom enjoys a 180-degree view with a composition of skylights that allow light to filter in from above. The yacht’s interior spaces interconnect, a feature that makes the design unique. The owner’s suite provides access to the forward outdoor lounge area, which can be shaded by retractable structures.

The visual and tactile characteristics of the materials within these spaces were selected and arranged to define an immersive environment that accentuates the fluidity of the design. The consideration of weight is crucial to all yacht design and for Oneiric the lightweight interior materials – many of which are recycled and recyclable – were chosen for energy efficiency and optimal performance.

The serenity on board is visual as well as auditory. Oneiric’s full-electric mode is capable of silent operations. In addition, the yacht benefits from the effects of Rossinavi Zero Noise technology that isolates all noise on board from the original source. This innovation has been installed on board all Rossinavi yachts for several years. With sound reduction already high, on this electric boat the sound isolation will be even more efficient.

ONEIRIC – MAIN DATA

Length Overall: 44.00 m – 144′ 4″ Maximum Beam: 13.75 m – 45’ 1″
Maximum Draft: 2.0 m – 6’ 7’’
Gross Tonnage: < 500 GT
Guests: 2 + 8
Guest Cabins: 1 + 4
Crew Members: 1 + 6
Crew Cabins: 1 + 3
Hull & Superstructure Material: Aluminium
Exterior Design: Zaha Hadid Architects
Interior Design: Zaha Hadid Architects

ABOUT ROSSINAVI
Rossinavi’s journey to becoming one the the world’s foremost custom superyacht builder started in the Tuscan town of Viareggio in the 1980s. Founded by brothers Claudio and Paride Rossi, they began their careers as metalworkers, expertly forming the hulls of fishing boats in steel and aluminium. Under the banner of Cantiere Navali Rossi, they quickly cemented their reputations within the industry as capable of producing at the highest level of quality and professionalism. Throughout the 1990s the family-run company worked as a supplier to the luxury yacht sector, building up their knowledge and mastery of their craft until 2007 when the Rossinavi brand was officially born. Finally building superyachts under their own name, Rossinavi quickly excelled.
Today, after launching numerous luxury yachts from 40-70 metres in length, and with several currently in production, the shipyard enjoys its ongoing position as the only family-owned-and-operated superyacht company in Italy. Working with Tuscany’s finest materials and artisans, all of Rossinavi’s construction is completed in-house and more than half of the craftsmanship that goes into making our custom yachts is done exclusively by hand. An unrivalled level of quality is the defining characteristic of a Rossinavi yacht – and so it will remain for generations to come.

「Oneiric catamaran for Rossinavi」ZHA 公式サイト

https://www.zaha-hadid.com/design/oneiric-catamaran-for-rossinavi/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ザハ・ハディド・アーキテクツ 関連記事

CULTURE2022.01.18

3Dプリント×石積みの橋が示す建築の未来

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計したサステナブルな床システムを用いた歩道橋〈Striatus〉
CULTURE2022.01.17

コミュニケーションを加速する「∞」のデザイン

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した中国の企業のサステナブルな本社ビル〈インフィニタスプラザ〉
CULTURE2022.01.13

分断されたまちと首都をつなぐ有機的な広場

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した分断された首都をつなぐ〈エレフテリア広場〉
CULTURE2022.04.06

砂漠の中に現れる流線形の砂丘とオアシス

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した世界最高水準のサステナビリティを備えた〈BEEAH本社〉
  • TOP
  • CULTURE
  • OTHERS
  • 流線形のデザインとテクノロジーによる極上の船上体験、ザハ・ハディド・アーキテクツが設計したサステナブルヨットの新時代を切り開く〈オネイリック〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ