CULTURE

プライベートプールをパブリックホールに転用!

SO?アーキテクチャ&アイデアによる 市長官邸のプールを再利用したアダプティブリユースプロジェクト〈IPAパブリックホール〉

CULTURE2022.10.19
〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ IBB

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉は、トルコの都市イスタンブールの市長官邸のプライベートプールを市民ホールとして転用した空間です。開閉式の屋根により、季節や天候の変化に対応できる、公共のイベントスペースとなっています。

2019年に選出されたイスタンブールの新市長が掲げる「公共空間を取り戻す」というストーリーを体現するため、既存の要素を最大限に残して活用されています。

イスタンブールを拠点に活動するSO?アーキテクチャ&アイデア(SO? Architecture & Ideas)が提案から設計まで行った、歴史的な建築物を保存するだけでなく活用する「アダプティブリユース」という考え方を取り入れたプロジェクトです。

【海外で注目を集める「アダプティブリユース」とは?】歴史的な建築を保護するだけでなく活用した7つのプロジェクト

https://mag.tecture.jp/feature/20221005-adaptive-reuse/

(以下、SO? Architecture & Ideasから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ IBB

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

イスタンブールの市長官邸を公共空間に

1940年代初頭に開設されたフローリャ・シティ・フォレストは、イスタンブールの歴代の市長により官邸として利用されてきた。

2019年に選出されたイスタンブールの新市長は、官邸としての利用を廃止し、既存の建物を公共プログラムにより再利用することで、エリア全体を公共キャンパスとして生まれ変わらせることを公約したのである。

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

邸宅は、イスタンブール計画庁(IPA)と名付けられた、自治体による共同ワーキングスペースとして利用されることとなった。しかし、プライベートプールに関しては、公共のプールとして使用することは効率的でなく、サステナブルでないため、取り壊すことが最善の選択であると思われていた。

そこで私たちは、プールを取り壊すのではなく、プールと可動式の屋根を残し、必要な設備を導入することで市民ホールとして利用することを提案した。

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ IBB

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ IBB

プールの既存要素を最大限に活用したアダプティブリユースプロジェクト

設計の大原則は、既存のプールのイメージをできるだけ残すことである。

これは、最小限の操作により再び機能を持たせることで工期と予算を削減するだけでなく、新たなイスタンブールの市政が掲げる「公共空間を取り戻す」というストーリーを体現するため、集合的な記憶の一部としてプールのイメージを維持することが重要であった。そのため、オリジナルの屋根架構、プールのタイルや壁材、そしてそれぞれのカラーリングまでもがそのまま残すこととなった。

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ IBB

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

プールを市民ホールとして機能させるため、プールには合板により作成した聴衆席を設け、子供用プールはホールのホワイエのようなウィンターガーデンとして利用することとなった。

プールの地下に配置されていた機械室は、舞台裏の部屋として再設計されている。ホールの音響のため、可動式の屋根を構成するポリカーボネート板に木製パネルが固定されていいる。

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

このプールは、夏には屋外型のイベントスペースとして、冬には400人を収容可能な講堂として利用され、可動式の屋根により悪天候にも対応することが可能となっている。

このプロジェクトは、ゼロから建物をつくるのではなく、既存の設備を活かし、最小限の予算と操作で変身させる「アダプティブリユースプロジェクト」とすることが出発点であった。

イスタンブール計画庁(IPA)フローリャキャンパスは現在、都市研究機関や公共イベントスペースといったパブリックスポットとして機能している。

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

©︎ SO? Architecture & Ideas

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

Isometric 1

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

Isometric 2

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

Plan

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

Section 1

〈IPAパブリックホール(Public Hall at Istanbul Planning Agency)〉

Section 2

以下、SO? Architecture & Ideasのリリース(英文)です。

PRESS BULLETIN FOR THE NEW PROJECT OF SO? ARCHITECTURE AND IDEAS
Project name: Adaptive Reuse For a Swimming Pool as the Public Hall at Istanbul Planning Agency
Architect’s Firm: SO? Architecture & Ideas
Website: https://www.soistanbul.com
instagram: https://www.instagram.com/so_istanbul/?hl=tr
Facebook: https://www.facebook.com/somimarlik
twitter: https://twitter.com/soistanbul
Contact e-mail: sevince@soistanbul.com
Project location: Istanbul, Turkey
Completion Year: 2022
Programme: Performance hall, multi purpose hall
Gross Built Area: 1.000 m²
Lead Architects:  Sevince Bayrak, Oral Göktaş
Team: Merve Akdoğan, Osman Faruk Akkum, Ahmet Yaymanoglu, Selen Erdoğan, Onur Demir, Gülçiçek Karaman, Dila Duygu, Serra Utkum İkiz
Consultant: Arzu Erdem
Landscape Design: TYLA
Photos: all photos courtesy of SO? except 0003, 0004, 0005, 0006, 0007 Courtesy of IBB
Private Swimming Pool becomes Public Hall
Florya City Forest, which was opened in the early 40s, had been partially occupied by the previous mayors of the districts of Istanbul for private residential use. When the new mayor of Istanbul was elected in 2019, he promised to transform the whole area into a public campus by removing the private residences of bureaucrats and re-functioning the existing buildings with public programs. The private villas became the communal working spaces for the public institutes of the municipality, named İstanbul Planning Agency (IPA). But when it comes to the swimming pool, formerly constructed as a private recreational area for the residential units, the best choice seemed to demolish it since it would not be efficient and sustainable to use it as a public pool.
Instead of demolishing it, we proposed to keep the pool and its folding cover and transform it into a public hall by installing necessary amenities.
The main principle of our design was to keep the image of the existing pool as much as possible. The idea was to re-function the building with minimum intervention considering time and budget. Moreover, keeping the image of the pool as part of the collective memory was important since the narrative of reclaiming public spaces back in Istanbul was followed by the new city administration. So the original covering structure, pool tiles, and wall coverings, even the colors, were kept as they were.
For the functioning of the pool as a public hall, the void of the pool is filled with plywood Amphi seating, while the kid’s pool is now used as a winter garden as part of the foyer of the new hall. Mechanical rooms of the pool that were downstairs are refunctioned and designed as the backstage rooms. In order to provide acoustics, timber panels are anchored on the existing polycarbonate sheets of the folding cover.
The pool is now used as an open-air event space in summer while it becomes an auditorium for 400 people in winter, when the covering structure wraps the building in bad weather conditions.
As an adaptive reuse project, our starting point was to transform the existing with minimum budget and intervention by utilizing actual amenities, rather than making an elegant building starting from scratch. While IPA Florya Campus now serves as a public spot including urban research institutions as well as public event spaces, the reconfigurations of the campus.

SO? Architecture & Ideas 公式サイト

https://www.soistanbul.com

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

アダプティブリユース 関連記事

FEATURE2022.10.05

海外で注目を集める「アダプティブリユース」とは?

歴史的な建築を保護するだけでなく活用した7つのプロジェクト
CULTURE2022.09.20

廃墟に刻まれた時間の痕跡を体験する文化ホール

ARシティオフィスが中国の廃墟となった発電所を改修した〈沙井村ホール〉
CULTURE2022.04.25

サン・マルコ広場を構成する〈旧行政館〉のリニューアル

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる歴史を紡ぎ、現代に適応するためのデザイン
CULTURE2022.07.05

歴史的な病棟を建築的・歴史的に"つなぐ"博物館

BIGが設計した世界中の難民に声と顔を与えるデンマーク難民博物館〈FLUGT〉
CULTURE2022.06.29

歴史ある建築を活かす木製プラットフォーム

フォスター アンド パートナーズが設計した 築100年以上になる工業建築のビルディング・リユース先進プロジェクト〈Ombú〉
CULTURE2022.07.26

歴史ある駅の失われた姿を取り戻すリノベーション

SOMが設計したニューヨークのペン・ステーションの拡張計画〈モイニハン・トレインホール〉
CULTURE2022.07.08

18世紀のガラス工場をつなぐ、うねるコンクリートスラブ

フランス北西部の牧歌的な風景に建つ SO – ILが設計したパブリックスペース〈サイト・ヴェリエ・ド・マイゼンタール〉
CULTURE2022.09.02

閉鎖した石灰窯をリノベーションした博物館

李保峰スタジオが設計した中国の急速な発展の裏側を語り継ぐ〈普公山地質博物館〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • プライベートプールをパブリックホールに転用!SO?アーキテクチャ&アイデアによる 市長官邸のプールを再利用したアダプティブリユースプロジェクト〈IPAパブリックホール〉トルコ
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ