CULTURE

歴史ある建築を活かす木製プラットフォーム

フォスター アンド パートナーズが設計した 築100年以上になる工業建築のビルディング・リユース先進プロジェクト〈Ombú〉

CULTURE2022.06.29
〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

築100年以上の工業建築に木製プラットフォームを挿入する、アダプティブリユース(文化財などの建築物の保護と活用を両立する手法)のオフィス空間〈Ombú〉が、スペイン・マドリードにオープンしました。

フォスター アンド パートナーズ(Foster + Partners)が設計し、COP26(国連の気候変動目標に署名した各国が年に一度、気候危機への対処を議論する会議)においてもビルディング・リユースの先進事例として取り上げられたプロジェクトです。

(以下、Foster + Partnersから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

歴史的な工業建築を未来につなぐプロジェクト

スペインのインフラ・エネルギー企業であるアクシオナ社(ACCIONA)の革新的なオフィスビル〈Ombú〉が、正式にオープンした。

この改修プロジェクトは、マドリードの歴史的な工業建築に新しい命を吹き込み、持続可能なビルディング・リユースの模範を示すとともに、周辺地域の活性化にも貢献している。

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

1万m²を超える新しいオフィススペースを持つこのプロジェクトは、私有地と公有地をユニークに融合させ、隣接するメンデス・アルバロ駅まで続く緑の景観をつくり出している。

〈Ombú〉のエコロジカル・フットプリントは1.0であり、これは排出されるCO2が現在の地球のキャパシティで吸収できることを意味している。これは、パリ協定で定められた排出源と吸収源のバランスを達成するもので、その環境負荷は当初の目標である+2℃に適合している。

エコロジカル・フットプリント:人間の活動が地球環境にどれくらい負荷をかけているかを示す指標。人間が消費する量(需要)と地球が生産する量(供給)を数値化し、比較することで持続可能性を評価する。

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

フォスター アンド パートナーズの創業者であり、エグゼクティブチェアマンであるノーマン・フォスターは次のように語る。

「〈Ombú〉は、工業地帯の跡地を都市の新しい庭として蘇らせる。」

「マドリードの穏やかな気候のおかげで、ワークスペースは屋内だけでなく屋外にもあり、フレキシブルで魅力的なライフスタイルを実現できる。既存の建物に自然素材を取り入れ、健康や生産性に良いバイオフィリックな空間となっている。」

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

築100年以上の空間を刷新する木製プラットフォーム

既存建物は1905年に建築家ルイス・デ・ランデチョ(Luis de Landecho)によって建てられ、かつて周辺地域にエネルギーを供給していた。

その後利用されなくなり、近隣の同様の建物が解体される中、2017年にアクシオナ社が購入したことにより取り壊しから救われた。

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

このプロジェクトは、スチールトラスを支える既存の構造や歴史的な建物の外壁を活かすことで、1万トン以上のオリジナルレンガを保護するとともに、環境への影響も軽減している。

空間内部に挿入された軽量構造物は、地元の森林から調達された木材でつくられており、空間のフレキシビリティを確保すると同時に、照明や換気といった設備も統合している。

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

グルーラム集成材とCLTを活用した木造構造体は、1,600トン以上のCO2を削減するとともに、リサイクルや撤去も可能である。

中央の天窓から自然光が室内に入り、人工照明の必要性を減らすとともに、ガラスには太陽光発電テクノロジーが組み込まれており、電気を生み出すことができる。

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

建築と周辺地域を結ぶ屋外空間

マドリードの温暖な気候を生かし、屋外で快適に仕事ができる中庭を新たに設けた。

中庭は、350本の樹木が植わる12,400m²の大きな公園につながっており、木陰の中で屋外作業やインフォーマルなミーティングをすることができる。

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

この新たな緑豊かな公共空間は、建築と周辺地域を結びつけ、社会にポジティブな影響をもたらす。

アルガンスエラ地区に位置する〈Ombú〉は、鉄道やバスなどの交通網に直結しているため、従業員の公共交通機関での移動を促進するというメリットも備えている。

〈Ombú〉

©︎ Nigel Young / Foster + Partners

ビルディング・リユースに関する革新的な模範としてのプロジェクト

フォスター アンド パートナーズによる最もサステナブルなプロジェクトの1つであるこのプロジェクトは、グラスゴーで開催されたCOP26でサステナビリティ責任者のクリス・トロットにより、世界グリーンビルディング評議会のケーススタディとして発表された。

エコロジカル・フットプリントの概念を用い、プロジェクトの影響を定量化することで、開発のあらゆる側面で改善し、カーボンフットプリントは慎重に測定・管理されている。

〈Ombú〉

Ground Floor Plan ©︎ Foster + Partners

この設計では将来の改修を考慮するとともに、プロジェクトの全期間にわたって新築と比較して25%の炭素を削減し、運用時のエネルギーは通常の想定を35%下回る計算となっている。

アクシオナ社の将来のビジョンは、事業と地球環境のために最適化されたオーダーメイドの設計ソリューションを開発するという、我々のコミットメントと合致している。

このユニークな改修プロジェクトは、アクシオナ社および地元の協力建築家オルティス・レオン・アーキテクツ(Ortiz León architects)と密接に協力することで実現した。

〈Ombú〉

©︎ The Norman Foster Foundation

以下、Foster + Partnersのリリース(英文)です。

23 June 2022

Ombú – an innovative exemplar of building reuse – opens in Madrid

Ombú – a transformative office building for the Spanish infrastructure and energy company ACCIONA – has officially opened. This retrofit project breathes new life into a historic industrial building in Madrid, creating a sustainable exemplar of building reuse and revitalising the surrounding area. With over 10,000 square metres of new office space, the project unifies a unique mix of private and public land with green landscaping that extends to the adjoining Méndez Álvaro station.

Ombú has a 1.0 Planet Ecological Footprint, meaning its carbon emissions will be absorbed by the current capacity of the earth. This achieves the balance of sources and sinks required by the Paris Agreement, with its environmental impact compatible with the original +2°C target.

Norman Foster, Founder and Executive Chairman, Foster + Partners, said: Ombú brings an industrial wasteland back to a new garden in the city. Madrid s benign climate allows workspaces to be outside as well as inside, creating a flexible and desirable lifestyle. Natural materials are brought into the existing building, contributing to biophilic spaces that are good for wellbeing and productivity.”

Originally built in 1905 by the architect Luis de Landecho, the building once supplied energy to the surrounding areas. It later fell into disuse until ACCIONA acquired it in 2017, saving it from demolition, a fate that other similar structures in the area had experienced in recent years. The project capitalises on the existing load-bearing structure that supports the pitched steel trusses. The historic building envelope has been retained to conserve over 10,000 tonnes of original brick and mitigate the environmental impact.

The lightweight structure inserted inside the space is made from sustainably sourced timber from local forests and allows for spatial flexibility, while also integrating lighting, ventilation and other services. The timber structure will save more than 1,600 tonnes of CO2 and is recyclable and demountable. A central skylight brings natural light to the interior, reducing the need for artificial lighting, while the glazing incorporates photovoltaic technologies that generate electricity.

Taba Rasti, Senior Partner and co-head of the Madrid studio, said: The new design retains and enhances the original masonry structure, while upgrading other aspects of the building and extending its life by introducing new flexible workspaces – giving it a sustainable legacy for years to come.”

Taking advantage of Madrid s temperate climate, a new courtyard offers the option to comfortably work outdoors. The courtyard connects to a large 12,400 square-metre park with 350 trees featuring outdoor working spaces and areas for informal meetings sheltered by a green canopy of trees. Local species have been carefully selected to reduce water consumption, which will come from local sources. The new green, public space connects the building with the surrounding community and generates a positive social impact. Located in the lively Arganzuela district, Ombú also benefits from direct access to rail and bus networks, encouraging employees to travel by public transport.

One of the most sustainable projects by Foster + Partners, the project was presented by Chris Trott, Head of Sustainability at COP26 in Glasgow as a case study for the World Green Building Council. Using the concept of Ecological Footprint, the impact of the project was quantified and improved across all aspects of the development; its carbon footprint has been carefully measured and controlled. The design reduces embodied carbon by 25 percent when compared to a new build over the whole life of the project, while making allowances for future refurbishment. The operational energy is calculated to be 35 percent below normal expectations.

ACCIONA s vision for the future aligns with the practice’s commitment to developing bespoke design solutions that are optimised for their operations and the planet. Working closely with ACCIONA and the local collaborating architects Ortiz León architects, the practice has addressed sustainability holistically to realise this unique retrofit project and rejuvenate the surrounding area.

Facts

Client: ACCIONA
Appointment: 2018
Construction Start: 2020
Site Area: 15,266m²
Area (Gross): 19,500m²
Number of buildings: 2 (existing warehouse above ground, amenities and back of house underground)
Building Dimensions: Warehouse length: 90m, Warehouse width: 30m
Number of Floors: 4 Storeys, 2 Basement
Capacity: 800 people
Facilities: Office, Public space, Garden
Parking facilities: 240 cars
Structure: Cladding: existing brick walls (850mm thick), restoration of existing windows with high-performance glass. / Rooflight with Photovoltaic glass / Timber structure (Glulam & CLT): 6000 sqm. / Parking: concrete structure
Materials: Timber Structure: Glulam & CLT (1,600 cubic metres) Preservation of 10,000 tons of brick from the existing building.
Sustainability: LEED rating Platinum / WELL rating Gold / Presented at COP26, Glasgow 2022 / World Green Building Council Case Study
Energy & Carbon: Embodied and Operational Carbon measured, resulting in a 1- planet ecological footprint in line with a 2oC impact, compliant with the Paris Agreement. / Photovoltaic glass: On-site electricity generation / Reuse of a historic building (10,000 tons of brick retained) Use of timber – a highly sustainable material / Highly efficient MEP systems. / Low velocity air supply. / Glass replacement in roof and windows will improve thermal performance of the existing building. / Trees act as a sun filter and contribute towards reducing solar radiation.
Mobility & Connectivity: Connection to train, metro and bus stations / Close to city centre / 10,000 green area with public access during the day
Water: Rainwater storage and use for irrigation. Storm water management / Local plants and trees to minimise irrigation.
Materials & Waste: Timber structure from local forests. / Recycling of the entire existing warehouse, avoiding 10,000 tons of waste. / Limited VOC components
Land & Ecology: 10,000sqm outdoor space. / 300 new trees / Use of local species to reduce water use. Food production on site.
Wellbeing: Large spaces and multiple public routes around the building allow for social distancing / Entry walk-off systems reduce particulates tracked in through shoes. / Air filtration and air quality monitoring. / Active VOC, microbe and mould control. / Water quality control. / Natural and artificial light design provide visual comfort. Enhanced daylight access and glare control. / Use of stairs promotes the physical activity. / Good sound insulation and comfortable reverberation. Biophilia: Access to nature contributes to better mental health and stress reduction. The building is surrounded by trees and green spaces, which are usable and visible from the inside. / Gathering spaces to encourage social activities.
Culture & Heritage: Restoration of a historic industrial building from 1905 Regeneration of an old industrial area in the city centre.
Prosperity: Brings new jobs to the area and create a local community. ACCIONA promotes new talent and research units.
Planning for change: New model for office and outdoor spaces for work and meetings.
Project showcases local interventions, pedestrian movement in the city, public transport, low carbon footprint and healthy work environment.

Cledit

Client: ACCIONA
Architect: Foster + Partners
Foster + Partners Design Team: Norman Foster, Nigel Dancey, Taba Rasti, Pablo Urango, Emilio Ortiz Zaforas, Chris Trott, Arpan Bakshi, Martha Tsigkari, Sherif Tarabishy
Collaborating Architect: Ortiz León arquitectos
Main Contractor: ACCIONA
Structural Consultant: ACCIONA
Mechanical Engineers: JG ingenieros
Landscape Consultant: K8 Paisajismo
Lighting Engineers: Artec 3
Timber structure: Enmadera (Miguel Nevado)
Facade: ENAR (Envolventes Arquitectónicas)
Planning Consultant: Addient

「Ombú」Foster + Partners 公式サイト

https://www.fosterandpartners.com/news/archive/2022/06/ombu-an-innovative-exemplar-of-building-reuse-opens-in-madrid/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

フォスター アンド パートナーズ 関連記事

CULTURE2022.05.28

渋谷マルイが本格木造で建て替え

リードデザイナーはノーマン・フォスター率いるフォスター アンド パートナーズ
CULTURE2022.01.11

歴史ある映画館を再生した荘厳なアップルストア

フォスター アンド パートナーズが設計した〈Apple Tower Theatre〉
CULTURE2022.05.19

用途に合わせ眺望を変化させる可動式ファサード

フォスター アンド パートナーズとヘザウィックスタジオが設計した〈外灘金融センター〉
CULTURE2022.01.12

緑が通り抜ける建築と自然の間のような空間

フォスター アンド パートナーズが設計した緑あふれるアップルストア〈Apple at The Grove〉
CULTURE2021.12.15

Alif - モビリティバビリオン / フォスター アンド パートナーズ

【ドバイ万博】最先端モビリティが稼働するステンレスに包まれた建築

アダプティブリユース 関連記事

CULTURE2022.04.25

サン・マルコ広場を構成する〈旧行政館〉のリニューアル

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツによる歴史を紡ぎ、現代に適応するためのデザイン
CULTURE2022.04.11

11世紀の塔の焼失した内部をめぐる新たな空間

建築遺産に新たな命を吹き込む保存・活用プロジェクト
CULTURE2022.03.14

都市とつながる古くも新しいカフェ空間

B.L.U.E. Architecture Studioによる都市のコンテクストを継承する〈%アラビカ 成都〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 歴史ある建築を活かす木製プラットフォーム、フォスター アンド パートナーズが設計した 築100年以上になる工業建築のビルディング・リユース先進プロジェクト〈Ombú〉スペイン
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ