CULTURE

SUPPOSE DESIGN OFFICEが初めてブルーボトルコーヒー店舗をデザイン

[Report]隈研吾氏がデザインした話題の複合施設・フォレストゲート代官山に〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉12/20オープン

CULTURE2023.11.08

2023年11月8日初掲、12月21日竣工写真追加

東京・代官山に先月開業した複合施設〈Forestgate Daikanyama(フォレストゲート代官山)〉に入る商業テナントの1つ、〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉の開業日と概要が発表されました(Blue Bottle Coffee Japan合同会社 11月7日プレスリリース)。
建築家の谷尻 誠氏と吉田 愛氏が率いる、SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)が、初めてブルーボトルコーヒーのカフェ空間のデザインを担当しています。

※『TECTURE MAG』では、オープン前日に行われたメディア向け内覧会を取材。最新画像を追加掲載してページを更新します(竣工写真提供:Blue Bottle Coffee Japan)。

「循環」がテーマの複合施設に12月20日(水)オープン

代官山に複合施設〈Forestgate Daikanyama(フォレストゲート代官山)〉が開業、隈研吾建築都市設計事務所がMAIN棟の基本設計・デザインを担当

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

左:〈フォレストゲート代官山〉八幡通り側外観 / 中央:ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ 開業告知の掲示 / カフェが面する施設1階中庭空間

10月19日に一部の商業施設を除いて開業した〈Forestgate Daikanyama(フォレストゲート代官山)〉のMAIN棟および、付帯する低層のTENOHA棟に共通するテーマが、サステナブルな思想に基づく「循環」です。

ブルーボトルコーヒーも、2002年に米国サンフランシスコに創業して以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、デザインの3要素を重視しており、「おいしいコーヒー体験は、人生をより美しくする」という創業者の信念のもと、世界中に店舗を展開してきました。「循環」は同ブランドの理念にも共感できるテーマであり、カフェでの体験を通して、ゲスト・地域・地球にも良い循環を生み出したいと考えているとのこと。

その想いを体現する店舗となる〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉は「循環するカフェ」をコンセプトに、サステナビリティを大切にしたデザインが基軸となっています。
SUPPOSE DESIGN OFFICEが手がけるカフェの内装では、壁にコーヒーの抽出殻の塗料を採用。「洗練された都市のなかのリビング」をイメージした空間デザインとなっています。

SUPPOSE DESIGN OFFICEが初めて手がけるブルーボトルコーヒーカフェ

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉八幡通りに面して用意されたテラス席ではペット同伴の利用も可能

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉内観 起伏ある代官山の地形をイメージした、丘のようなバリスタステーション

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

店舗面積は295.54m²で、都内に展開中のブルーボトルコーヒー カフェとして最大級の広さを誇る

設計コンセプト

「この代官山カフェでは、地域、文化、地形といったこの街ならではのコンテクストを取り入れたライフスタイル(時間の過ごし方)を体現することと、ソファー席でゆったり過ごす、日本の昔ながらの喫茶店のような居心地を、ブルーボトルコーヒーらしい解釈で変換するという2点をデザインのテーマとしました。

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

竣工前の内観イメージ(デザイン:SUPPOSE DESIGN OFFICE)
天井はダクトやスポット・レール照明などがそのままの”あらわし”のデザイン

レジデンス、オフィス、店舗が融合する建築のオープンエアな施設共用部から、店内に道を引き込み、回遊性を持たせたプランでは、バリスタがコーヒーを淹れる所作が主役になるよう、中央にドリンクカウンターを配置しました。
また、高低差や坂の多い代官山の地形の特性をなぞるように、段丘状の地形と緑豊かな自然環境を取り込んだレベル差による空間体験をつくり、公園のような大らかな場と、自宅のソファーで寛ぐようなプライベートな場という異なる居場所が緩やかに繋がり、共存するように空間を構成しています。
マテリアルには、コーヒーの抽出殻を顔料とした左官仕上げや自然素材を用い、コーヒーを飲むという日常の中に、サステナブルな循環を介在させ、ウェルネスで魅力的な暮らしに内包されるさまざまなシーンが融合する、“洗練された都市のなかのリビング”として機能する場を目指しました。」 (SUPPOSE DESIGN OFFICE 吉田 愛)

SUPPOSE DESIGN OFFICE 近影

SUPPOSE DESIGN OFFICE / 谷尻 誠氏(左)、吉田 愛氏

 

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

バリスタステージとラウンジ席の間には、空間を緩やかに仕切り、ドリンクやフードメニューの提供やオーダーの順番を待つ間に来店者が腰を預けられるバーが設置されているのも、SUPPOSE DESIGN OFFICEによるデザインの1つ

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

バリスタステーションを挟んで左右の奥の空間には、リビングのように過ごせる落ち着いた雰囲気のソファ席も用意されている

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ 限定メニュー&グッズ

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉ならではのメニューとして、デカフェ エスプレッソが他店に先駆けて販売される

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ メニュー

パレスホテルがフォレストゲート代官山内に新たにオープンするブーランジュリーブランド「Et Nunc(エトヌンク)」のパンを採用した限定メニュー「ブランチプレート サーモン」(右側のドリンクは新メニューの「KOMBUCHA」)

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ メニュー

KBT(Kombucha Brewery Tokyo)の「KOMBUCHA(煎茶・ルイボス)」

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ メニュー

ブルーボトルコーヒーのコーヒーを生地に使用したオリジナルのコーヒーカヌレ

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ 限定メニュー

「循環するカフェ」のコンセプトにあわせて、鹿児島に工房を構える「ONE KILN(ワンキルン)」とブルーボトルコーヒーが共同で開発した器は、桜島の火山灰を配合した釉薬を使って製作されている

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ 限定メニュー

代官山カフェで先行発売されるタンブラー「ブルーボトルコーヒー ハイパーピュア セラミックカップ」は、米国ソルトレイク発の「SAINT ANTHONY INDUSTRIES(セイント アンソニー インダストリーズ)」とのコラボレートプロダクト

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ 限定

デンマーク・コペンハーゲン出身の日系デンマーク人 井上聡氏と清史氏が2004年に設立したソーシャルデザインスタジオ「The Inoue Brothers…(ザイノウエブラザーズ)」とのコラボレートアイテムを代官山カフェ限定ユニフォームとして採用(左:ワッフルロングスリーブTシャツ / 右:ワッフルTシャツ)、同店にて先行発売

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ 限定

ザイノウエブラザーズとパコマルカアルパカ研究所のパートナーシップによるアルパカプロジェクトを通して生産される最高品質のアルパカウールを使用し、ブルーボトルコーヒー オリジナルタグがついた「カットソー ロングスリーブシャツ」。代官山カフェオープンを記念して、ブルーボトルコーヒー 公式オンラインストアで11月30日より発売予定

工事囲いに佐伯ゆう子氏のアートを展示

11月下旬から12月10日までの間、代官山カフェがオープンする区画に設置する工事囲いの壁面に、代官山カフェをイメージした佐伯ゆう子氏のアートが展示されました(終了)。

ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ

YUKO SAEKI x Blue Bottle Coffee Original Art(イメージ)

フォレストゲート代官山「CIRTY MARCHE(サーティーマルシェ)」に出店

フォレストゲート代官山「CIRTY MARCHE(サーティーマルシェ)」

マルシェ イメージ

開催日時:2023年12月9日(土)、10日(日)※終了
会場:フォレストゲート代官山内 屋外マルシェエリア
詳細:「CIRTY」公式インスタグラムを参照
https://www.instagram.com/cirty_30/

〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉店舗概要

コンセプト:循環するカフェ
デザイン:SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)
所在地:東京都渋谷区代官山町20-23 フォレストゲート代官山 MAIN棟1-01(Google Map
店舗面積:295.54m²
席数:店内59席+屋外12席
開業日:2023年12月20日(水)
開業後の営業時間:8:00-20:00

Forestgate Daikanyama(フォレストゲート代官山)ウェブサイト 案内
https://forestgate-daikanyama.jp/shop-restaurant/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

代官山町プロジェクト「フォレストゲート代官山」TOPICS

BUSINESS2023.11.02

隈研吾建築都市設計事務所が木箱を積層させたようなMAIN棟の基本設計・デザインを担当、レジデンスほか商業店舗も順次開業

[Report]"職・住・遊 近接の新しいライフスタイル"を提案する複合施設〈Forestgate Daikanyama(フォレストゲート代官山)〉
BUSINESS2023.11.11

末光弘和+末光陽子 / SUEP.が設計した解体・移築が容易な"循環する建築"

[Report]代官山に〈Forestgate Daikanyama(フォレストゲート代官山)〉TENOHA棟 10/19オープン

Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)TOPICS

FEATURE2020.11.28

Special report & Interview: BLUE BOTTLE COFFEE MINATOMIRAI CAFE with Keiji Ashizawa

特別レポート&インタビュー:ブルーボトルコーヒー みなとみらいカフェ / 芦沢啓治
FEATURE2021.09.18

〈ブルーボトルコーヒー 白井屋カフェ〉が前橋にオープン

芦沢啓治建築設計事務所が空間デザインを担当【内覧会レポート】
CULTURE2021.03.22

芦沢啓治建築設計事務所が空間デザインを担当

ブルーボトルコーヒー初の公園内カフェが渋谷にオープン
CULTURE2022.09.01

芦沢啓治建築設計事務所が空間デザインを担当

〈ブルーボトルコーヒー 神戸阪急カフェ〉8/31オープン
CULTURE2021.07.15

空間デザインは I INが担当、パノラマティクスによる体験型ラウンジスペースも

ブルーボトルコーヒー梅田茶屋町カフェが7/24オープン!
CULTURE2020.09.12
長坂常 / スキーマ建築計画が内装デザインした〈ブルーボトルコーヒー 竹芝カフェ〉9月14日オープン
CULTURE2020.06.26
スキーマ建築計画がデザインした〈ブルーボトルコーヒー NEWoMan YOKOHAMA カフェスタンド〉グランドオープン
CULTURE2020.07.23

〈ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ〉

スキーマ建築計画が空間デザインを担当、小学校を再生した複合施設にオープン
CULTURE2021.04.09
長坂常デザイン監修、〈ブルーボトルコーヒー京都カフェ〉はなれ2階がコースメニューを提供する予約制フロア「The Lounge -Kyoto-」にリニューアル
CULTURE2021.11.25
ブルーボトルコーヒー初の「ロッカー式カフェ」が期間限定で渋谷スクランブルスクエアに12/1オープン、デザインはスキーマ建築計画

SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)TOPICS

FEATURE2021.01.21

Study Series: Who is Makoto Tanijiri!?

【徹底解剖】注目の建築家・谷尻 誠とは何者か!? 経歴や作品、自邸のあれこれを一気に紹介
FEATURE2021.01.10

【Special movie & interview】Makoto Tanijiri's home "HOUSE T"

谷尻誠が自邸〈HOUSE T〉のコンセプトを語る動画と工事中の様子をおさめた動画を公開!
FEATURE2021.11.10

#01 What is “NOT A HOTEL”?

【特集】NOT A HOTELが建築家と創出する新しいラグジュアリー#01「 NOT A HOTEL とは?」
FEATURE2022.04.05

建築家であり起業家。谷尻 誠が手掛けるビジネスとは!?

「カンブリア宮殿」に出演! 谷尻 誠が関わる事業を一挙に紹介
FEATURE2023.07.03

[Movie]谷尻 誠・吉田 愛が語る SUPPOSE DESIGN OFFICEの照明計画

光のデザインで“空間の純度”を高める

東急・広域渋谷圏(Greater SHIBUYA)

CULTURE2020.09.08

平田晃久が〝まちを編む〟

「神宮前六丁目再開発」複合施設の外装デザインを東急不動産が発表
BUSINESS2023.12.04

日建設計とナスカがデザインアーキテクトを務めた複合施設〈Shibuya Sakura Stage(渋谷サクラステージ)〉竣工

[Report]縦軸動線「アーバンコア」や歩行者デッキにより高低差ある桜丘町および周辺エリアとのアクセスが向上

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズ デザイン オフィス)が初めてブルーボトルコーヒー 店舗をデザイン、〈ブルーボトルコーヒー 代官山カフェ〉が隈研吾氏がデザインした話題の複合施設・フォレストゲート代官山に12/20オープン
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ