CULTURE

天窓でもある座席で楽しむ屋根上の劇場空間

インドの伝統建築の急勾配な屋根を活かしたコミュニティ・レジデンス〈Nisarga Art Hub〉

CULTURE2023.12.01

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

インドのエルナクラムに建つ〈Nisarga Art Hub〉は、インドの伝統建築「ケララ(Kerala)」の急勾配な屋根を活かした屋外劇場などにより人々が交流するコミュニティ・レジデンスです。屋根に新たに設けた天窓は屋上では座席スペースとなり、75〜80人を収容できる野外コンサートのステージとして使用することができます。

隣町から回収した建設廃材と敷地内の土でつくられた壁や、廃品の棚からつくられた格子など、廃材を活かした建築要素も特徴的な建築です。インドの設計事務所 ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)が設計しました。

(以下、WALLMAKERSから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉は、人々が交流し、芸術や文化的なイベントのために集まれるコミュニティ・レジデンスをつくるという、音楽家の家族による取り組みである。

敷地は水田の近くに位置し、インドの伝統建築「ケララ(Kerala)」の特徴である急勾配の屋根が周囲の地平線を埋め尽くしている。この伝統的な屋根は、理想的な断熱材であり温度調節装置であることで有名だが、現代の建築からは衰退しつつある特徴である。

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

そこで、屋根に天窓を設けて光を取り込むというアイデアが生まれた。屋根の35°の角度は、野外円形劇場における客席の30°の角度とマッチすると考え、新たに設けた天窓を観客のための座席スペースとした。

プールの上に木の板を並べれば、すぐに75〜80人を収容できる野外コンサートのステージへと早変わりする。

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

住居に劇場施設を組み込むコミュニティ・レジデンス

アートハブへの入り口は独立しており、アクティビティが邪魔されることなく外の風景を見渡す広いリビングスペースへとアクセスでき、上部に設けた天窓から屋上の賑わいを感じることができる。

内部空間はオープンでフレキシブルな空間として設計されており、ヨガのポーズにも用いられるパドマーサナ(蓮華座)のメリットを提唱するクライアントの希望から、居住者は主にフローリングの床に座り、来客との交流や食事をする。

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

廃材と土でつくられた建築要素

隣町から集められた建設廃材と敷地内の土からつくられた、特許を取得した「シャッター・デブリ・ウォール工法」の壁は、耐荷重性に優れており、片持ち梁により4m張り出す2階のレコーディング・スタジオさえも支えている。

アートハブの西側にはゲストルームがあり、廃品置き場から回収した棚でつくられた格子とつる植物によるカーテンが、午後の日差しを遮る。戦略的にデザインされた屋根の切れ目から光が差し込み、麻袋のロールによって拡散され、熱気を逃がす。

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

取り壊された建物から再生したラテライト(鉄・アルミニウムの水酸化物に富む紅色の土壌)のブロックによる舗装は、伝統的な家屋「ムッタム(Muttams)」を彷彿とさせる。

この建物は、音符そのものよりも音符と音符の間の「間」が重要である音楽のようにデザインされている。建築物は立ち止まり、その間にある何もない空間がすべてを物語っている。

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

© SYAM SREESYLAM

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

Site plan

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

1F plan

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

2F plan

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

Elevation

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

Elevation

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

Section

〈Nisarga Art Hub〉、ウォールメーカーズ(WALLMAKERS)

Section

以下、WALLMAKERSのリリース(英文)です。

Main Information
Project Name: NISARGA ART HUB
Office Name: WALLMAKERS
Office Website: www.wallmakers.org
Social Media Accounts: @ar.vinudaniel, @oshin.mariam.varughese
Firm Location: INDIA
Completion Year: 2023
Gross Built Area (m²/ ft²): 2557 ft²
Project Location: ERNAKULAM, KERALA
Program / Use / Building Function: RESIDENCE
Lead Architects: VINU DANIEL, OSHIN MARIAM VARUGHESE
Junior Architects: SUBHRODIPTA GHOSH, ROSH V. SAJI
Photographer
Photo Credits: SYAM SREESYLAM
Social Media Accounts: @syam.photographer
Project Description
Nisarga Art Hub is an initiative by a family of musicians to make a community residency where people can interact and congregate for art and cultural events. The site was near a paddy field, with the traditional “Kerala Roofs” being the only feature crowding the horizon around it. Even though these traditional roofs are famous for being the ideal insulators and temperature regulators , it’s a waning feature in contemporary architecture today, simply because the darkness it brings is not suited to the modern man’s comfort and aesthetics. Thus the idea to break open the roof to accommodate skylights that stream in the light was conceived.  The 35° angle of the roof seemed to perfectly match with the 30° angle of an Open-Air Amphitheatre and the idea for the same skylights to become seating spaces for an audience was born. A series of wooden planks could be set on the swimming pool and it immediately doubles up as a stage for open-air concerts that can accommodate 75-80 people.
The separate entry to the Hub, ensuring that activities can happen parallelly above undisturbed, opens into a large living space overlooking the field. The interior spaces are conceived as open flexible spaces where the occupants mostly use the wooden floors for interacting with visitors and for dining, as was the preference of the clients who advocated the benefits of the ‘Padmasana’ position (Sitting Lotus Pose). The walls that are built with our patented Shuttered Debris Wall Technique, made with construction debris collected from the neighbouring town and soil from the site, is entirely load-bearing , supporting even a 4 meter cantilevered recording studio in the first floor. The west facing side of the Hub had the guest rooms which are protected with discarded racks collected from a scrapyard, that became the grills and allowed for a curtain of creepers to shield it from the afternoon sun. The strategically designed breaks in the roof allow light to stream in, diffused by Jute Sack rolls and permits for the hot air to escape. Reclaimed laterite blocks from demolished buildings form the verandah in front of the home reminiscent of the old “Muttams” of traditional Kerala homes. The building is designed like music- where the pauses between the notes are more important than the notes themselves. Where the built architecture stops and the empty spaces in between speaks volumes.

「NISARGA ART HUB」WALLMAKERS 公式サイト

https://www.wallmakers.org/nisarga-art-hub-angamaly

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ウォールメーカーズ 関連記事

CULTURE2023.01.25

インド発!渦状の構造体による遺跡のような住空間!?

ウォールメーカーズによる 瓦礫と土と廃棄ペットボトルを活用した自然に溶け込む住宅〈Chuzhi〉
CULTURE2023.12.13

アースブロックと版築壁でつくる土の教会

長年の放置により荒廃した歴史的な教会の再建プロジェクト〈マッタンチェリー聖ジョージ正教会〉

インド 関連記事

CULTURE2023.09.19

1mm厚の金属パネルで実現する折板構造の乾式ドーム

基礎いらずで照明・オーディオビジュアル・空調システムも組み込める多用途な空間〈ダーウィン・バッキー〉
CULTURE2023.09.25

プランターを組み込み自然をまとうファサード

外壁を分割したコンクリート・モジュールと天然赤砂岩のフィンで構成されたコワーキングスペース〈S Nine〉
CULTURE2022.07.27

ムンバイの「先進」と「伝統」を象徴する空港ビル

SOMが設計した、伝統的なモチーフを空間全体に散りばめた〈チャトラパティ・シヴァージー国際空港第2ターミナル〉
CULTURE2023.07.05

レンガと伝統工法で生み出す流線形の空間

ソフトウェアやデジタルツールを用いず構築されたギャラリースペース〈TARANG〉
CULTURE2023.09.28

レンガタイルのヴォールト屋根に包まれた子ども図書館

16世紀のカタルーニャ・ヴォールトや現代研究によるソフトウェア・プラグインを活用した"グローカル"な建築〈マヤ・ソマイヤ・ライブラリー〉
CULTURE2023.08.21

瓦礫の中のガジュマルから着想するリノベーション!?

140年の歴史をもつ製氷工場をアダプティブリユースしたクリエイティブ・ハブ〈IF.BE〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 天窓でもある座席で楽しむ屋根上の劇場空間のあるコミュニティ・レジデンス〈Nisarga Art Hub〉ウォールメーカーズ、インド
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ