CULTURE

新宿駅西口地区開発計画[続報]

地上48階て高層棟の「A区」新築着工(小田急電鉄、東急不動産、東京メトロの3社共同事業)

CULTURE2024.04.01

2022年2月9日に概要が発表されていた「新宿駅西口地区開発計画」のうち、小田急電鉄、東急不動産、東京メトロの3社共同事業の工事区軍で、最高高さ約260mの高層ビルが建設されるA区の新築が3月25日に着工しました。
同日時点の構想として、具体的なフロア構成と、内観のイメージビジュアルもあわせて公開されています(小田急電鉄)。

新宿駅西口地区開発計画

用途断面図 注.2024年3月25日時点の設計に基づくもの(今後の協議等により変更する場合あり)

計画建物イメージパース

新宿駅西口地区開発計画

ビジネス創発機能 イメージ

新宿駅西口地区開発計画

オフィス機能 イメージ(ロビーエリア)

新宿駅西口地区開発計画

商業機能イメージ(地下1階・駅コンコース)

新宿駅西口地区開発における計画建物の概要

計画地:東京都新宿区新宿三丁目と西新宿一丁目の各地内
敷地面積:約15,720m²
延床面積:約279,000m²
新築設計:日本設計・大成建設設計共同体
新築施工:大成建設

3社共同事業「A区」概要
敷地面積:約8,060m²
延床面積:約251,000m²
主要用途:商業、事務所、駅施設等
階数:地上48階+地下5階
最高高さ:約260m
解体着工:2022年10月
新築着工:2024年3月
新築竣工:2029年度(予定)
※「A区」事務所用途において、2023年12月に建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)評価を取得、「ZEB Ready」を達成

小田急電鉄単独事業「B区」概要
敷地面積:約7,660m²
延床面積:約28,000m²
主要用途:商業、駅施設等
階数:地上8階+地下2階
最高高さ:約50m
解体着工:2023年4月以降、順次
新築着工:2024年3月以降順次
新築竣工:2029年度(予定)

新宿駅西口地区開発計画

A区・B区エリア工事区分

本計画は、「新宿の拠点再整備方針」「新宿グランドターミナル・デザインポリシー 2019」などの上位計画や立地特性等を踏まえ、「新宿グランドターミナルの実現に向けた基盤整備」「国際競争力強化に資する都市機能の導入」「防災機能の強化と環境負荷低減」の3項目を整備方針とし、エリアの特性を踏まえた「商業」と「オフィス」を主用途とした開発計画として、小田急電鉄・東京メトロが推進してきたプロジェクトです。 2024年2月に東急不動産が正式に参画し、3社共同事業として「A区」新築着工に至ったとのこと。

今後は、世界一のターミナルである新宿駅をはじめ、日本有数のオフィス街とエンターテインメント性豊かな繁華街という異なる顔を持ち、オフィスワーカーや国内外旅行者、来街者など、さまざまな人が行き交う多様性に富んだ「新宿」という街において、新たなランドマークを創出するための工事が進められます。

「新宿駅西口地区開発計画」A区新築着工に関する各社プレスリリース(2024年3月25日)

小田急電鉄
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001197.000012974.html

東急不動産
https://www.tokyu-land.co.jp/news/2024/001188.html

東京メトロ
https://www.tokyometro.jp/news/2024/217676.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

新宿駅西口地区開発計画 2022年概要発表

CULTURE2020.09.09

新宿駅西口地区開発計画

小田急電鉄と東京メトロが発表

坂倉準三による新宿駅西口のデザイン(アーカイブ動画 公開中)

COMPETITION & EVENT2022.09.24

モダニズム建築・小田急百貨店新宿本館 解体前のウェビナー

講演会「坂倉準三が目指した『輝く都市』新宿駅西口広場、小田急百貨店本館」松隈洋が登壇して10/2開催

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 新宿駅西口地区開発計画[続報]地上48階て高層棟の「A区」新築着工(小田急電鉄、東急不動産、東京メトロ 3社共同事業)
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ