CULTURE

ヘザウィック・スタジオによる 空中も楽しむ水上公園

ソウルの無人島の再創造コンペティションに勝利した〈サウンドスケープ〉

CULTURE2024.06.11

© MIR

トーマス・ヘザーウィック(Thomas Heatherwick)率いるヘザウィック・スタジオ(Heatherwick Studio)は、ソウルを流れる川に浮かぶ無人島を舞台としたコンペティションに勝利しました。

〈サウンドスケープ(Soundscape)〉と名付けられたこのプロジェクトは、その特徴的な空中通路により、島の地上部だけでなく上空も楽しめるようデザインされています。ソウルのゲートウェイでありつつ、都市の喧騒から離れられる隠れ家でもあるプロジェクトです。

ヘザウィック・スタジオによるニューヨークの水上公園〈リトルアイランド〉の記事はこちら

都市から離れて自然とつながる水上公園、ヘザウィック・スタジオがハドソン川の水上に設計したパフォーマンス会場を備えた公共公園〈リトルアイランド〉アメリカ

(以下、Heatherwick Studioから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

ヘザウィック・スタジオは、ソウル中心部の漢江に浮かぶ無人島を新たな公共公園に生まれ変わらせるコンペティションに勝利した。〈サウンドスケープ〉と名付けられたこのプロジェクトは、美しい生物多様性を有する景観の中で、音楽パフォーマンスや芸術的な取り組みを行うことができる、さまざまな空間の小道をつくり出す。

ソウルの山岳地帯の地形と音波が生み出すパターンからインスピレーションを得たデザインであり、1年にわたる展示会、協議、一般投票を経て選出された。

© MIR

ヘザウィック・スタジオの創設者兼デザイン・ディレクターであるトーマス・ヘザーウィックは次のように語る。

「このハイパーデジタル時代は人々の生活様式に多くの驚くべき革新をもたらしてきたが、同時に孤独感や孤立感も増大している。 私たちは、ソウル市民が自然や文化、そしてお互いに再びつながりあうことのできる超物理的な場所をつくりたいと考えた。」

「ノドゥル島は、誰もが都市から逃れつつ受け入れるためのきっかけを与えてくれるだろう。音波のように曲がり、折り重なる風景は、自然豊かな新しいウォーターフロントと融合し、人々にソウルの文化を発見し、表現する場を提供する。」

© MIR

グループリーダーである、ヘザウィック・スタジオのパートナー ニール・ハバード(Neil Hubbard)は次のように語る。

「私たちは、ノドゥル島にどのように命を吹き込むことができるのか、という点にとても関心を抱いている。空中キャノピーだけでなく、クリエイティブなエコシステム全体を開発することで、フローティング・ランドスケープの上下のスペースが賑やかなものとなる。」

「訪問者はまず、自生する動植物に焦点をあてた静謐で安らぎのある島を発見し、その後は水辺から上空をさまよい、空のハーモニーを体験することになる。〈サウンドスケープ〉は、ソウルのエネルギーと生命にふさわしいゲートウェイでありつつ、都市の隠れ家となるだろう。」

© MIR

ノドゥル島は、ヘザウィック・スタジオの韓国における最初のプロジェクトとなる。

ヘザウィック・スタジオは今後、行政と協力し次の設計段階に着手していく。2027年には新たなノドゥル島を楽しめるようになる予定である。

ヘザウィック・スタジオが手掛ける「ソリューションとしての建築」 世界各地で手掛ける建築8選+もうすぐ竣工する日本でのプロジェクト

以下、Heatherwick Studioのリリース(英文)です。

Heatherwick Studio wins competition to reimagine

Seoul’s Nodeul Island

Heatherwick Studio has won a global competition to transform an uninhabited island on the Han River in the centre of Seoul into a new public park.
The project, called Soundscape, creates a trail of dramatic spaces on different levels that can host musical performances and artistic interventions in a beautiful, biodiverse landscape. The design draws inspiration from Seoul’s mountainous terrain and the patterns created by soundwaves and was selected following a year-long series of exhibitions, consultations, and a public vote.
Thomas Heatherwick, the founder and design director of Heatherwick Studio, said:
“I am thrilled that Soundscape has been chosen by the people of Seoul. In this hyper-digital age, we’ve had so many amazing innovations in the way people live but there has also been an increasing sense of loneliness and isolation. We want to make a hyper-physical place that reconnects Seoulites with nature, culture and, most importantly, with each other.
Nodeul Island will give everyone an amazing excuse to escape and embrace the city. A landscape that bends and folds like soundwaves will combine with a new nature-rich waterfront and offer people a place to discover and express the culture of Seoul. We look forward to working with the Metropolitan Government to realise all their bold ambitions for this site.”
Stepping onto the island, visitors will move through a landscape which evolves as the tides and seasons change. At ground level, there will be an arts centre and a public beach. Rather than demolishing the existing artificial landscape, the design will strengthen the riverbanks with soft, naturalistic planting. The landscape will then rise to an events podium which connects to a dramatic 1.2km skywalk. This trail will be formed of a series of small, floating islets, held in the air, providing resting spaces with spectacular views across the island and the river back to Seoul.

Neil Hubbard, group leader and partner at Heatherwick Studio, said:
“We’ve been really intrigued by how new interventions can really bring Nodeul Island to life. Its not just about an exciting new aerial canopy, but developing a whole creative ecosystem, where spaces above and below the floating landscape are buzzing with activity. Upon first discovering a serene, restful island where the landscape focuses on native flora and fauna the visitors will then wander up from the water’s edge to experience drama and harmonies in the sky. Soundscape will be a gateway and a getaway worthy of the energy and life of Seoul.”

Nodeul Island will be Heatherwick studio’s first project in South Korea to go into construction. The studio will now start work with the Metropolitan Government on the next stages of design, and visitors should be able to enjoy the new Nodeul Island in 2027.
In 2023, the studio curated a retrospective exhibition called Building Soulfulness at the Culture Station Seoul 284 which attracted almost 60,000 visitors in just 60 days.

 

「Seoul’s Nodeul Island」Heatherwick Studio 公式サイト
https://www.heatherwick.com/studio/news/heatherwick-studio-wins-competition-to-reimagine-seouls-nodeul-island/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ヘザウィック・スタジオ TOPICS

FEATURE2023.03.15

ヘザウィック・スタジオが手掛ける「ソリューションとしての建築」

世界各地に設計した建築8選+東京に2023年にオープンした〈麻布台ヒルズ〉!
CULTURE2023.11.24

立体的な庭園で包まれた〈麻布台ヒルズ〉低層部

ヘザウィック・スタジオによる ランドスケープと組み合わせることでつながりを生み出す複合施設
CULTURE2022.09.01

ヘザウィック・スタジオ初のアジアの住宅プロジェクト

シンガポールの自然を纏う104.5mの超高層集合住宅〈EDEN〉
CULTURE2022.05.20

「龍の鱗」を備えたサステナブルなGoogle新社屋

BIGとヘザウィック・スタジオが設計した、建設とワークプレイスの未来をつくる〈Google Bay View〉
CULTURE2023.06.14

ヘザーウィックによる リボンのような階段が巻きつく展示ホール

上海の新興ウォーターフロントにヘザウィック・スタジオが設計した〈西岸オービット〉

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • ヘザウィック・スタジオによる 空中も楽しむ水上公園〈サウンドスケープ〉韓国
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ