COMPETITION & EVENT

日本空間デザイン賞2020 ※6月16日まで締切延長

2020年5月11日初掲
11月19日当サイト結果発表記事にリンク設定

日本空間デザイン賞2020

主催:一般社団法人日本空間デザイン協会(DSA)+日本商環境デザイン協会(JCD)
応募対象:空間におけるコミュニケーションデザインの創造を目指す作品を、国内外から広く募集します。デザイナー、プロデューサー、クリエイター、アートディレクター、プランナー、設計者、エンジニア、教育者、研究者など空間に関わる様々な方々からの素晴らしい空間デザイン作品を募集します(条件:2019年5月1日から2020年4月30日までに実現していること)。
審査方法:一次審査、二次審査、三次審査、ファイナル審査 ※COVID-19対策のため本年度のファイナル審査会は非公開での開催
公開審査会予定2020年8月1日(土)東京デザインセンターにて(※COVID-19対策のため本年度は非公開)
一次、二次審査員:空間デザインに従事し、専門的で広い知識と経験、見識に長けたメンバーによる審査
三次審査員・ファイナル審査員:豊口 協(長岡造形大学名誉教授)、渡邉康太郎(Takram コンテクストデザイナー / 慶應大学SFC特別招聘教授)、山本尚美(株式会社資生堂 チーフクリエイティブオフィサー)、小坂 竜(株式会社乃村工藝社 A.N.D. クリエイティブディレクター)、中村拓志(建築家 NAP建築設計事務所主宰)、野老朝雄(美術家)、永山祐子(建築家 永山祐子建築設計主宰)、井上 成(三菱地所株式会社新事業創造部兼プランド推進部担当部長兼エコッツェリア協会エグエクティブ・プロデューサー)、北川一成(デザイナー グラフ株式会社代表取締役)、五十嵐太郎(建築史・建築評論家 東北大学教授)、木田隆子(『ELLE DECOR』ブランドディレクター)
審査委員長および審査副委員長:鈴木恵千代(一般社団法人日本空間デザイン協会会長 株式会社乃村工藝社統括クリエイティブディレクター)、窪田 茂(一般社団法人日本商環境デザイン協会理事長 窪田建築都市研究所代表)
各賞
KUKAN OF THE YEAR / 日本経済新聞社賞 2020:金賞作品から最終審査で選出された作品(1〜3作品)
金賞:11作品(各カテゴリーから金賞を選定)
銀賞:11作品(各カテゴリーから銀賞を選定)
銅賞:11作品(各カテゴリーから銅賞を選定)
BEST100(Short List):三次審査にノミネートされた作品
入選(Long List):二次審査にノミネートされた作品
日本空間デザイン賞2020ロゴマークデザイン:北川一成(GRAPH)
作品応募期間:2020年4月1日(水)10時00分〜5月16日(土) 6月16日(火)23時00分まで

作品応募期間延期のおしらせ(5月11日)
https://kukan.design/news/

応募規定、各賞、スケジュールなどの募集要領の詳細および最新の情報は、主催者ホームページを参照してください。

日本空間デザイン賞2020 https://kukan.design/


【TECTURE MAG】関連記事(2020年11月19日掲載)
日本空間デザイン賞2020大賞〈渋谷スカイ〉〈深大寺ガーデン レストランMaruta」〉〈熊本城特別見学通路〉の3作品が受賞
https://mag.tecture.jp/event/20201119-17856/