COMPETITION & EVENT

【終了】 Rhizomatiks齋藤氏、noiz豊田氏らが登壇するオンライントーク「202X URBAN VISIONARY vol.4」6月18日開催

世紀の東京大改造の進行を背景に、それらの全体像や個々の開発事業を横断した共有と共創の場として都市開発に関わるディベロッパーとクリエイターにより、2019年から始まったトークシリーズ「202X URBAN VISIONARY」の第4回め。Rhizomatiks(ライゾマティクス)の齋藤精一氏が司会進行役を務める。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大の影響により、当初の予定を変更し、オンラインにて、例年は懇親会費を含めて有料のところ、視聴無料で開催される。

前回の第3回は「都市開発事業と運営・エリアマネジメント」を、第2回は「都市開発におけるコンセプトを俯瞰する」をテーマに開催。今回は、新型コロナウイルスによる都市生活の激変を受けて、「都市の変容」をテーマに掲げる。

「202X URBAN VISIONARY vol.4」
日時:2020年6月18日(木)19:00-21:00予定(開場18:50、途中休憩あり)

登壇者(敬称略):
齋藤精一(ライゾマティクス・アーキテクチャー主宰|司会進行)
豊田啓介(noiz 共同主宰/gluon共同主宰)
山本恵久(日経 xTECH・日経アーキテクチュア編集委員)
田中陽明(春蒔プロジェクト株式会社 代表取締役/co-lab企画運営代表)

主催:202X URBAN VISIONARY 実行委員会
委員:日経アーキテクチュア(日経クロステック)、東急、森ビル、三菱地所、三井不動産、春蒔プロジェクト、ライゾマティクス・アーキテクチャー、noiz/gluon
特別協力:渋谷キャスト

参加方法:Peatixにて申し込み受付(Peatix内でのYoutube Live配信を予定)
参加費:無料(但し、申し込み時にpeatixアカウント[無料]作成が必要)
https://202x-urban-visionary-04.peatix.com

「202X URBAN VISIONARY」プロジェクトサイト
https://www.co-lab.jp/event/202x-urban-visionary-vol-4/

RELATED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EVENT
  • Rhizomatiks齋藤氏、noiz豊田氏らが登壇するオンライントーク「202X URBAN VISIONARY vol.4」6月18日開催