COMPETITION & EVENT

田根剛、柳原照弘、KIGIらが審査委員を務める「コクヨデザインアワード2021」作品受付中、テーマは「POST-NORMAL」

2002年の創設以来、今回で18回目を数えるデザインアワード。学生も応募できます。
前回(第17回)の応募件数は合計1,377点、海外からの応募比率が4割を超え、プロダクトデザインの国際コンペティションとして浸透。過去の受賞作品の中からは、「カドケシ」「キャンパスノートパラクルノ」「和ごむ」「なまえのないえのぐ」「本当の定規」などのヒット商品も誕生しています。

今回の募集テーマは「POST-NORMAL」。世界中の人々が、それぞれの意思とは関係なく、すさまじいスピードで変わっていく社会を目のあたりにしたからこそ、改めて身の回りにあるモノの価値を問い直すことによって、これから長く、広く、愛され続ける価値は何か、共に考えるきっかけとなることを意図して設定されています。
また、近年、同アワードには、社会的価値の高いアイデアに基づく作品が多く寄せられています。そうした提案をこれまで高く評価してきましたが、今回は「プロダクトデザイン」の原点に立ち返り、アイデアの価値だけではなく、プロダクトとして結実する作品を募集します。

「コクヨデザインアワード2021」募集概要
テーマ:POST-NORMAL
募集対象:働く、学ぶ、暮らすシーンで用いる文具・家具・道具全般
募集期間:2020年8月21日(金)~10月19日(月)
応募資格:企業、団体あるいは個人やグループ、年齢、性別、職業、国籍は問わず(但し、最終審査会への参加義務など主催者が定める規定あり)

審査員
植原亮輔(KIGI 代表/アートディレクター・クリエイティブディレクター)、川村真司(Whatever クリエイティブディレクター・チーフクリエイティブオフィサー)、田根 剛(Atelier Tsuyoshi Tane Architects代表 / 建築家)、柳原照弘(デザイナー)、渡邉良重(KIGI / アートディレクター・デザイナー)、黒田英邦(コクヨ株式会社代表取締役社長)
賞および副賞
グランプリ:1点(副賞200万円)、優秀賞:3点 (副賞各50万円)
審査基準:テーマの解釈 / プロダクトデザインの完成度 / 商品化の可能性
エントリー・作品提出:2020年8月21日(金)〜10月19日(月)PM12:00(日本時間 正午)まで
1次審査(書類審査):2020年11月下旬予定
1次審査通過連絡:2020年12月中旬〜下旬予定
2次審査(対面審査):
審査発表:2021年3月13日(土)予定

詳しい募集要項は、主催者であるコクヨのホームページ、および同社の各種SNSを参照してください。(en)

「コクヨデザインアワード2021」
http://www.kokuyo.co.jp/award/

RELATED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • AWARD
  • 田根剛、柳原照弘、KIGIらが審査委員を務める「コクヨデザインアワード2021」作品受付中、テーマは「POST-NORMAL」