COMPETITION & EVENT

フォーシーズンズホテル京都「ニコライ バーグマン アフタヌーンティー」が9/26よりスタート

京都市東山区のラグジュアリーホテル、フォーシーズンズホテル京都にて、フラワーアーティスト、ニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)氏とコラボレーションしたアフタヌーンティーの提供が9月26日(土)から始まります。

フラワーアーティスト ニコライ・バーグマン(Nicolai Bergmann)

ニコライ・バーグマン氏は、デンマーク・コペンハーゲン出身のフラワーアーティスト。スカンジナビアンスタイルのセンスと細部にこだわる日本の感性をフラワーデザインに融合させた、ユニークな作品を発表し続けています。国内外に14店舗のフラワーブティックと、ギャラリーやカフェなども展開。ファッションやデザインの分野においても、世界有数の企業と共同でデザインプロジェクトを手がけるなど、幅広く活動しています。

「ニコライ・バーグマン・フラワーズ&デザイン(Nicolai Bergmann Flowers & Design)」公式ウェブサイト
https://www.nicolaibergmann.com/

今年20周年を迎える「フラワーボックス」

「ニコライ バーグマン アフタヌーンティー」は、2020年9月26日(土)から11月30日(月)までの間、2つのカラーテーマを設け、それぞれ異なるメニューが提供しされます。前半は、夏の余韻を感じるようなポップなカラーを、後半は、深まる秋をイメージしたシックなカラーをテーマに、旬の素材を使って、ニコライ氏の世界観を合わせて5種類のスイーツスイーツで表現します。

ニコライのフラワーボックスをイメージした「エディブルフラワーキューブ」

名庭「積翠園」の苔からインスピレーションを得たスイーツ、苔玉をイメージした「抹茶とラズベリーのムース」

フォーシーズンズホテル京都は、寺社仏閣が立ち並ぶ京都・東山に位置しながら、ハーシュ・ベドナー・アソシエーツ(HIRSCH BEDNER ASSOCIATES: HBA)がデザインを担当した123の客室とスイート、57のホテルレジデンスを有し、古都のアーバンリゾートステイを楽しめるラグジュアリーホテルとして、2016年10月15日に開業しました。

和傘をモチーフにしたデザインが印象的な〈フォーシーズンズホテル京都〉エントランス

同ホテルでは、これまでにも、サルヴァトーレ フェラガモ、ガブリエル シャネル、ランバンといった、世界的ブランドの世界観を表現したスペシャルなアフタヌーンティーをシーズンごとに提供しています。

ダイニング「ブラッスリー」

「ニコライ バーグマン アフタヌーンティー」が提供されるのは、ホテルの3階、平家物語にも記されている、800年の歴史を紡ぐ名庭「積翠園」を見下ろせるダイニング「ブラッセリー」にて(提供場所は事前の告知なく変わる場合あり)。高さ9メートルもの窓越しに、これから秋を迎える京都の日本庭園を眺められる大空間と共に、贅沢なひとときを過ごせるメニューです。メニューの詳細、開催時間、予約方法など詳細は、ホテルの公式ウェブサイトをご覧ください。(en)

スイーツ5種、セイボリー4種、北欧スタイルのスコーン2種

フォーシーズンズホテル京都
所在地:京都府京都市東山区妙法院前側町445-3
公式ウェブサイト https://www.fourseasons.com/jp/kyoto/

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • SPECIAL
  • フォーシーズンズホテル京都「ニコライ バーグマン アフタヌーンティー」が9/26よりスタート