COMPETITION & EVENT

隈研吾氏らがルービックキューブとコラボ! 企画展開催にあわせてインタビュー動画をハンガリー文化センターが公開


2020年11月26日初掲
2021年2月2日会期延長

「ルービックキューブ・アーティストコラボ展」が東京・麻布十番のハンガリー文化センターで11月25日(水)より開催されます。

同展は、ルービックキューブの日本発売40周年を記念して、ルービック氏の故郷であるハンガリーの駐日ハンガリー大使館が企画、主催して開催するものです。

さまざまなジャンルで活躍する日本のアーティストとコラボレーションした作品が展示されるのが本展のみどころ。「ルービックキューブが芸術家にとってどのようなインスピレーションを与えているか?」をテーマに、建築家の隈研吾氏や陶芸家の大樋年雄、書家の紫舟氏らが考案したルービックキューブ作品の一部が展示されます。(en)

隈 研吾「Box To Rubik」サイズ:約120×120×120cm

大樋年雄 (陶芸家・美術家 十一代大樋長左衛門)「大樋飴釉窯変尊崇」
サイズ:37×18.5×23.5cm

出展作品は後日、チャリティーオークションに出品され、収益は一般社団法人日本アジア協会へ全額寄付される予定です。また、会場では作品にまつわる映像も会場で放映されるほか、日本国内での製造・販売を取り扱うメガハウスが制作した「ハンガリー国章刻印入り特別バージョン 極小ルービックキューブ」も展示されます。

ハンガリー国章刻印入り特別バージョン 極小ルービックキューブ

「極小ルービックキューブ」部分 緑面のセンターに ハンガリー国章が刻印されている

コラボ作品が出展されるアーティストら(敬称略)と作品名
隈 研吾(建築家)「 Box To Rubik」
大樋年雄(陶芸家・美術家 十一代大樋長左衛門)「大樋飴釉窯変尊崇」
紫舟(書家)「ルービックキューブ」
中島 讓(折り紙アーティスト)「折り紙ルービックキューブ」
メガハウス「 ハンガリー国章刻印入り特別バージョン 極小ルービックキューブ」
そのほかの展示:「RUBIK’S CUBE 40 AWARD 2020 デザインコンペ」入賞作品、ルービックキューブにインスピレーションを受けたドキュメンタリー映像の上映

駐日ハンガリー大使特別賞受賞作品 西本一俊「Dice and Rubik’s Cube」サイズ: 5.5×5.5cm

また、本展開催にあわせて、ハンガリー文化センター(Hungarian Culture Tokyo)のYouTube公式チャンネルが、隈氏ら出展アーティストへのインタビューの一部を公開しています。(en)


#Hungarian Culture Tokyo YouTube公式チャンネル「Rubik’s Cube Inspiration Project # 10: Kuma Kengo’s masterpiece」(2020/11/24)


#Hungarian Culture Tokyo「Rubik’s Cube Inspiration Project # 9: Ōhi Toshio san’s ceramics」(2020/11/24)

「ルービックキューブ・アーティストコラボ展」

会期:2020年11月25日(水)~2021年2月1日(月)3月29日(月)※会期延長
開館時間:10:00-16:30(3月27日[土]は14:00-18:00 / 最終入場17:30)
休館日:土・日曜・祝日、年末年始(12月24日~1月3日)
会場:ハンガリー文化センター(東京都港区麻布十番3-8-1 日比谷麻布十番ビル1階)
https://www.facebook.com/HungarianCultureTokyo/
主催:駐日ハンガリー大使館
入場無料
・COVID-19(新型コロナウイルス感染症)対策を実施
・混雑状況により、入場を制限する場合あり
・開館状況など最新の情報は会場にお問い合わせください


【TECTURE MAG】関連記事
「ハンガリーの建築学者が1974年に考案したルービックキューブに球形と三角形が登場!」(2020/07/09)
https://mag.tecture.jp/product/20200709-9648/

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • COMPETITION
  • 隈研吾氏らがルービックキューブとコラボ! 企画展開催にあわせてインタビュー動画をハンガリー文化センターが公開