COMPETITION & EVENT

【終了】 ミナペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」青山スパイラルにて12/1まで

東京・青山のスパイラルガーデンにて、皆川明氏がデザイナーを務めるブランド「ミナ ペルホネン(minä perhonen)」の展覧会が開催されています。minä perhonen を象徴するテキスタイルにフォーカスをあて、テキスタイルや映像のインスタレーションが展示されます。
会期は12月1日まで。入場は入れ替え制で、peatixからの予約が必要です(当日の空き状況により、当日の会場受付でも入場可)。(en)

会場風景 ©︎minä perhonen

本展覧会は、テキスタイルという私達にとって物づくりの起点となるデザインを通して、ミナ ペルホネンの営みや背景にある物語を体験していただくものとなります。

テキスタイルは服や家具においては材料であり、デザインのプロセスの途中に存在しています。ですが、そのテキスタイルには最終的なデザインを決定づける質感や色、グラフィックが表現されており全体の存在価値の多くを含んでいると考えられます。その意味で、テキスタイルは最終的なデザインの素性に対して大きな役割を果たしていると言えます。

その中でも、本展覧会では、テキスタイルに込められた世界観を映像として表現することで、そこに存在するモチーフや空間の織りなす景色や、そこに吹く風や光を感じることができるものとなっています。テキスタイルに込められた世界は見る人の空想の扉となり、日常の時の流れの中でもう一つの情景や体感を創造することとなります。それらは単に目を刺激する色や形ではなく、人の記憶と繋がり、現実世界とは異次元のもう一つの時を刻み人生の足跡となるだろうと私たちは考えています。

ミナ ペルホネン 皆川明

会場風景 ©︎minä perhonen

なお、ミナ ペルホネンのYouTube公式チャンネルでは、皆川氏が案内役を務めるギャラリーツアーや、本展会場であるスパイラルの小林裕幸館長とのクロストークの様子など、本展に関連した動画が複数本、公開されています。


#minä perhonen YouTube公式チャンネル:風景の色 景色の風 / feel to see gallery tour(2020/11/17)


#minä perhonen YouTube公式チャンネル:CROSS TALK Hiroyuki Kobayashi (director, SPIRAL) ×Akira Minagawa(2020/11/17)

「風景の色 景色の風 / feel to see」

会期:2020年11月7日(土)〜12月1日(火)※会期中無休
開場時間:11:00-20:00(最終入場19:20)
会場:スパイラルガーデン(東京都港区南青山5丁目6-23 スパイラル1F)
入場無料
※peatixにて要予約、入れ替え制(当日の空き状況により、当日の会場受付でも入場可)
チケット予約https://feeltosee.peatix.com/

会場構成:阿部真理子(aabbé)
映像・音・テクニカルディレクション:遠藤 豊(LUFTZUG)
施工:脇プロセス
プログラミングサポート:田代弘明(DOTWORKS)
モーショングラフィック:阿部伸吾
企画協力:スパイラル
会場協力:ワコールアートセンター
主催・企画:ミナ ペルホネン

会場[スパイラル]本展ページ
https://www.spiral.co.jp/topics/art-and-event/feel-to-see

ミナペルホネン「風景の色 景色の風 / feel to see」展覧会特設サイト
https://www.mina-perhonen.jp/exhibition/feeltosee/

RELATED ARTICLE