COMPETITION & EVENT

FutureMap創設者がポストコロナ時代を読み解くウェビナー「アジアの世紀―21世紀のテクノロジーと地政学」

独自のデータ分析とシナリオをもとに戦略アドバイスを行う「FutureMap」の創設者であり、現在はマネージング・パートナーを務める、パラグ・カンナ氏が登壇するウェビナーがオンラインで2021年1月29日(金)に開催されます。

このイベントは、国際文化会館が2021年1月から3月まで実施する「インド太平洋次世代リーダーによるウェビナーシリーズ」の第3回目。

スピーカーのパラグ・カンナ氏は、1977年インドの生まれ。およそ150カ国を訪れた経験に裏打ちされた知識から、独自のデータ分析とシナリオをもとに戦略アドバイスを行う「FutureMap」を創設。ビジネス、政府、市民社会など幅広い分野でアドバイザーを歴任した実績を持ちます。
日本を含め各国の大学の教材にもなっているベストセラー『アジアの世紀』を刊行し、その卓越した洞察力から、2009年に開催された「TED」のスピーカー、世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーや、エスクァイア誌の「21世紀で最も影響力のある75人」に選出されるなど、世界的に注目を集めています。

パラグ氏が語るポスト・コロナの時代の世界の秩序やアジアの立ち位置とは? 地政学的見地からの未来予想を、国際文化会館理事長の近藤正晃ジェームスが聞き手を務めます。同時通訳つき。聴講は無料。開催前日の1月28日(木)正午までに要申込み。(en)

パラグ・カンナ(Parag Khanna)氏

パラグ・カンナ(Parag Khanna)氏

パラグ・カンナ(Parag Khanna)氏 プロフィール
1977年インド生まれ。グローバル戦略アドバイザー、ベストセラー作家。
独自のデータ分析とシナリオをもとに戦略アドバイスを行う「FutureMap」の創設者であり、現在マネージング・パートナーを務める。著書に、国際秩序について考察した3部作『「三つの帝国」の時代―アメリカ・EU・中国のどこが世界を制覇するか』(講談社、2009年)、『ネクスト・ルネサンス 21世紀世界の動かし方』(講談社、2011年)、『「接続性」の地政学―グローバリズムの先にある世界』(原書房、2017年)のほか、『アジアの世紀:接続性の未来』(原書房、2019年)など。これまでに世界経済フォーラムのヤング・グローバル・リーダーや、エスクァイア誌の「21世紀で最も影響力のある75人」に選出された。ジョージタウン大学外交学部で学士号、同大学大学院で修士号、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)にて博士号を取得。約150カ国を訪れた経験に裏打ちされた知識と、ビジネス、政府、市民社会など幅広い分野でアドバイザーを歴任した実績を持つ。

インド太平洋次世代リーダーによるウェビナーシリーズ】
アジアの世紀―21世紀のテクノロジーと地政学


モデレーター:近藤正晃ジェームス(国際文化会館理事長)
日時:2021年1月29日(金)18:00-19:00
会場:オンライン
言語: 英語 / 日本語(同時通訳つき)
参加費: 無料(要予約)
申し込み期日:1月28日(木)正午
主催:国際文化会館
スピーカー:パラグ・カンナ(グローバル戦略アドバイザー、FutureMap創設者)
共催:シャハ二・アソシエイツ、アジア・ソサエティ・ジャパンセンター、三菱UFJリサーチ&コンサルティング
申し込み受付・詳細https://www.i-house.or.jp/programs/indopacific_ws20210129/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • TALK EVENT
  • FutureMap創設者がポストコロナ時代を読み解くウェビナー「アジアの世紀―21世紀のテクノロジーと地政学」
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ