COMPETITION & EVENT

建替直前〈Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)〉フェーズ1ファイナルイベント9月30日まで、トークイベントなど最終日にライブ配信!

建築家の芦原義信(1918-2003)の設計で知られる〈ソニービル〉の解体途中に、”都会の中の実験的な公園”として開園した〈Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)〉が、当初の予定通り、間もなく次のフェーズに移行します。

建物を壊しながらも、公園の形にして残すという、建築のプロセスとしても非常にユニークな形態をとった〈Ginza Sony Park〉は、「街に開かれた施設」という旧ソニービルのコンセプトを継承・進化させることを目的に、2018年8月にオープン。フランス料理の名店「マキシム」が入っていた地下は、特徴的な螺旋階段を残し、スケルトンとなった状態で、吹き抜けのある特徴的な「垂直立体公園」として営業していました。

「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」プロジェクト

「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」プロジェクト 建替工事イメージ

この「垂直立体公園」や地下空間などを舞台に、同パークでは開園以来、アートやデザイン、音楽、映画、食、ファッション、テクノロジーなど、多岐にわたる分野の個性豊かなアーティスト・クリエイターやパートナーとともに、各種イベントを開催(本稿フッターに関連リンクあり)。「都会の中で変わり続ける実験的な公園」を独自に創り上げてきました。これまでの約3年間の来園・来場者は、のべ830万人を超えるとのこと(2021年8月末時点)

パークの開園は2021年9月30日まで。その後、10月よりビルの建て替え工事を進め、2024年に「Ginza Sony Park」としてフェーズの最終形が完成します。


ファイナルプログラム「Sony Park展」

一時閉園となる〈Ginza Sony Park〉では、ファイナルプログラム「Sony Park展」を2021年6月26日より開催。ソニーが取り組む多様な6つの分野をテーマに、YOASOBIやCreepy Nutsらソニーミュージックグループに所属するアーティストが加わり、展開しています(以下は終了した企画・プログラムを含む)

「Sony Park展」概要
会場:Ginza Sony Park 地下2-4階
料金:入場無料(一部 事前予約制、入場制限あり)
会場構成(以下*印の6会場):中原崇志+阿部真理子
企画:ソニーPCL
主催:ソニー

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」メインプログラム
1.ゲームは、社交場だ。/ with 岡崎体育(会期:6月26日〜7月7日)終了
*2.音楽は、旅だ。/ with 奥田民生(7月13日〜24日)終了
3.ファイナンスは、詩だ。/ with 東京スカパラダイスオーケストラ(7月30日〜8月10日)終了
*4.映画は、森だ。/ with millennium parade(8月16日〜27日)終了
*5.半導体は、SFだ。/ with YOASOBI(9月2日~13日)終了
*6.エレクトロニクスは、ストリートだ。/ with Creepy Nuts(9月19日~30日)

各プログラムの詳細情報は、会場イメージ画像をクリックすると、リンク設定先の「Sony Park展」の公式ウェブサイトの各ページで確認してください。

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

PARK B1-B4 / 地下1-4階「エレクトロニクスは、ストリートだ。/ with Creepy Nuts」(会期:9月19日~30日)会場イメージ(会場構成:中原崇志+阿部真理子)

PARK B1-B4 / 地下1-4階「エレクトロニクスは、ストリートだ。/ with Creepy Nuts」(会期:9月19日~30日)会場イメージ

「ジャッカル」の愛称で親しまれたテレビ一体型ラジカセ(ラジオ付カセットレコーダー)の巨大再現モチーフが登場

展示内容
テーマ「エレクトロニクスは、ストリートだ。」のもと、日本のヒップホップシーンを席巻する Creepy Nutsの2人がパーソナリティを務める架空のラジオ番組「Creepy Nuts ”Park Radio”」と、ワールドチャンピオンDJ松永による「DJ Matsunaga Routines for Ginza Sony Park」を展開。
詳細https://www.ginzasonypark.jp/program/029/06.html

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

PARK B3 / 地下3階「エレクトロニクスは、ストリートだ。/ with Creepy Nuts」DJ Matsunaga Routines for Ginza Sony Park(会期:9月19日~29日)会場イメージ


メインプログラム アーカイブ

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

「ゲームは、社交場だ。/ with 岡崎体育」(会期:2021年6月26日〜7月7日7月7日)会場イメージ

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

「音楽は、旅だ。/ with 奥田民生」(7月13日〜24日)会場イメージ(会場構成:中原崇志+阿部真理子)

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

「ファイナンスは、詩だ。/ with 東京スカパラダイスオーケストラ」(7月30日〜8月10日)会場イメージ

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

「映画は、森だ。/ with millennium parade」(8月16日〜27日)会場イメージ(会場構成:中原崇志+阿部真理子)

コンポーザー Ayaseとボーカル ikuraからなる、小説を音楽にするユニット「YOASOBI」をコラボレーターに迎えた5番目のプログラム「半導体は、SFだ。with YOASOBI」では、2021年9月15日に配信リリースされたばかりの新曲「大正浪漫」とのコラボレーション企画でした。

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

「半導体は、SFだ。/ with YOASOBI」(9月2日~13日)会場イメージ(会場構成:中原崇志+阿部真理子)


サブコンテンツ
*1.AUDIO GAME CENTER +(2021年6月26日~7月18日)終了
2.人類の未来のための研究 – ソニーCSL研究公開(7月24日~8月10日)終了
3.ONE DAY 2050 / Sci-Fi Prototyping - Sony Design(8月31日~9月13日)終了

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

人類の未来のための研究(7月24日~8月10日)展示イメージ(会場構成:中原崇志+阿部真理子)

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

ONE DAY 2050 / Sci-Fi Prototyping - Sony Design(8月31日~9月13日)

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

ONE DAY 2050 / Sci-Fi Prototyping - Sony Design(8月31日~9月13日)

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

ONE DAY 2050 / Sci-Fi Prototyping - Sony Design(8月31日~9月13日)

旧ソニービル「銀座の庭」の真下にある、10坪ほどのバー「Bar Morita」やx[*]も、9月30日までの特別営業となります。。
x*緊急事態発令中はノンアルコールカクテルのみの提供

プログラム一覧
https://www.ginzasonypark.jp/program/


アート作品も見納め!

〈Ginza Sony Park〉を訪れた人とアートとの偶発的な出会いを、パーク余白のスペースを活用して提供してきたアート作品展示も、フェーズ1終了をもって見納めとなります。

ファイナルプログラム「Sony Park展」

SHUN SUDO氏によるウォールアート

2018年から地下1階を飾っていた、写真家・ホンマタカシ氏のフォトグラフ、Informationカウンター前を2020年春より彩ってきた、アーティスト・SHUN SUDOによるダイナミックなウォールアート、ソニー製品のパッケージなどから作られた、アーティスト・NAIJEL GRAPHのアート作品や、園内各所にちりばめられた、画家・山口幸士による、〈Ginza Sony Park〉をモチーフに描かれた新作絵画の常設展示『余白の記録』も、それぞれ9月30日までとなります。

ファイナルプログラム「Sony Park展」

ART IN THE PARK by KOJI YAMAGUCHI 山口幸士『余白の記録』

銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

ART IN THE PARK by KOJI YAMAGUCHI 山口幸士『余白の記録』

ファイナルプログラム「Sony Park展」

そのほか、館内にて期間限定で営業していた、路面店のカフェ「ÉCRU. GINZA」や、日本茶を再定義した新スタイルのカフェスタンド「GEN GEN AN 幻」、かまパン&フレンズ「ナチュラル物産」などの各テナントの営業も、、9月30日までとなりますx(定休日および営業時間は各店舗により異なる / 販売メニューや営業時間・定休日を変更する場合あり)

「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)」プロジェクト

カフェ「ÉCRU. GINZA」(夏季撮影の外観

ショップ一覧
https://www.ginzasonypark.jp/shop/


銀座ソニーパーク「LAST DAY IN THE PARK 2021」

最終日スペシャルイベント開催!

また、フェーズ1のピリオドとなる最終日の9月30日には、「LAST DAY IN THE PARK 2021」と題して、この空間をパフォーマンスで彩ったアーティストや、プロジェクトにさまざまな視点をもたらすクリエイターが参加するイベントが2部構成でライブ配信されます(視聴無料)。

第1部は、「Ginza Sony Parkとは何だったのか?」を考察する2つのトークセッション。
Session1「都市と、建築と、Ginza Sony Park」では、建築家・浅子佳英氏、ランドスケープアーキテクト・石川初氏、建築史家・倉方俊輔氏が登壇。Session2「ブランドと、コミュニケーションと、Ginza Sony Park」では、ビジネスデザイナー・濱口秀司氏、デザインエンジニア・田川欣哉氏がそれぞれ登壇します。
〈Ginza Sony Park〉が開園してからの3年間で大きく変容した社会・環境を踏まえ、ソニープラザとして次のフェーズ2に移る節目を機に、「都会の中の実験的な公園」について多様な視点から考察します。

第2部では、毎週金曜夜に、音楽との偶発的な出会いを提供してきた「Park Live(パークライブ)」にこれまでに登場したアーティストたちが再集結。スペシャルライブセッション「Park Live Special Session」が配信されます(事前収録を含む)

「LAST DAY IN THE PARK 2021」概要

開催日時:2021年9月30日(木)14:45開始
視聴方法:Ginza Sony Park 公式WebサイトおよびYouTubeチャンネルにてライブ配信
料金:無料
https://www.ginzasonypark.jp/lastday
https://youtube.com/ginzasonypark/

銀座ソニーパーク「LAST DAY IN THE PARK 2021」プログラム

第1部 トークセッション
テーマ:「Ginza Sony Parkとは何だったのか?」

銀座ソニーパーク「LAST DAY IN THE PARK 2021」登壇者

Session1「都市と、建築と、Ginza Sony Park」
14:45-16:15
登壇:浅子佳英、石川 初、倉方俊輔
聞き手:Ginza Sony Park Project 主宰 永野大輔

銀座ソニーパーク「LAST DAY IN THE PARK 2021」登壇者

Session2「ブランドと、コミュニケーションと、Ginza Sony Park」
17:00-18:30
登壇:濱口秀司、田川欣哉
聞き手:Ginza Sony Park Project 主宰 永野大輔


第1部登壇者プロフィール
浅子佳英

浅子佳英(あさこ よしひで)
建築家、編集者
1972年神戸市生まれ。2010年東浩紀とともにコンテクチュアズ(現ゲンロン)設立、2012年退社。2007年タカバンスタジオ設立。2021年出版機能を追加し株式会社PRINT AND BUILD創立。建築作品に、「gray」(2015)。八戸市美術館(2021)など。
主な論考に「コム・デ・ギャルソンのインテリアデザイン」『思想地図β Vol.1』(2010)など。
商業空間を通した都市のリサーチとデザインを得意とし、街中のショップをリサーチする「TOKYOインテリアツアー」、都市をリサーチした展覧会「TOKYOデザインテン」、公共空間のリサーチ「パブリック・トイレのゆくえ」(2017〜)の企画監修などを行う。

石川 初

石川 初(いしかわ はじめ)
ランドスケープアーキテクト
慶應義塾大学環境情報学部教授。博士(学術)。京都府宇治市生まれ。東京農業大学農学部造園学科卒業。鹿島建設建築設計本部、ランドスケープデザイン設計部を経て、2015年より現職。
『思考としてのランドスケープ ―地上学への誘い』(LIXIL出版、2018)にて日本造園学会賞受賞。ランドスケープの思考を様々なデザインに応用する研究・教育に携わっている。

倉方俊輔

倉方俊輔(くらかた しゅんすけ)
建築史家
1971年東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学大学院修了後、博士(工学)。2011年より大阪市立大学准教授。近現代の建築史の研究や執筆の他、日本最大の建築公開イベント「イケフェス大阪」の実行委員会委員を務めるなど、建築の魅力的な価値を社会に発信する活動を展開している。主な著書に『京都 近現代建築ものがたり』『みんなの建築コンペ論』『吉阪隆正とル・コルビュジエ』など。日本建築学会賞(業績)、日本建築学会教育賞(教育貢献)ほか受賞。

濱口秀司

濱口秀司(はまぐち ひでし)
ビジネスデザイナー
京都大学卒業後、松下電工(現パナソニック)入社。研究開発に従事後、全社戦略投資の意思決定分析担当となる。1993年日本初のイントラネットを高須賀宣(サイボウズ創業者)と考案・構築 。1998年米国のデザインコンサルティング会社zibaに参画。世界初USBフラッシュメモリーのコンセプトをはじめとする数々のイノベーションや事業戦略立案をリード。2012年ビジネスデザインファーム monogotoを創業。独RedDot デザイン賞審査員。ポートランド、ロサンゼルス在住。

田川欣哉

田川欣哉(たがわ きんや)
Takram 代表取締役 / デザインエンジニア
東京大学工学部卒業。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修士課程修了。
テクノロジーとデザインの幅広い分野に精通するデザインエンジニア。主なプロジェクトに、日本政府の地域経済分析システム「V-RESAS」のディレクション、メルカリのCXO補佐などがある。経済産業省・特許庁の「デザイン経営」宣言の作成にコアメンバーとして関わった。
グッドデザイン金賞、ニューヨーク近代美術館パーマネントコレクションなど受賞多数。経済産業省産業構造審議会 知的財産分科会委員。英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アート名誉フェロー。東京大学総長室アドバイザー。


第2部 ライブセッション
「Park Live Special Session」

銀座ソニーパーク「LAST DAY IN THE PARK 2021」出演者

21:30-22:30
出演:蓮沼執太、U-zhaan、大野由美子、荘子it、SASUKE、いとうせいこう、イ・ラン、MIHO HATORI

銀座ソニーパーク「LAST DAY IN THE PARK 2021」

出演者(左から):蓮沼執太、U-zhaan、大野由美子、荘子it

銀座ソニーパーク「LAST DAY IN THE PARK 2021」

出演者(左から):SASUKE、いとうせいこう、イ・ラン(이랑)、MIHO HATORI

「LAST DAY IN THE PARK 2021」詳細(ミュージシャン略歴、当日配信URLはこちら)
https://www.ginzasonypark.jp/program/035/


銀座ソニーパーク ファイナルプログラム「Sony Park展」

Ginza Sony Park 公式Webサイト
https://www.ginzasonypark.jp/

SNSアカウント
Instagram
https://www.instagram.com/ginzasonypark/
Twitter
https://twitter.com/ginzasonypark/
Facebook
https://facebook.com/ginzasonypark/
YouTube
https://youtube.com/ginzasonypark/

@ginzasonypark
#ginzasonypark #銀座ソニーパーク

〈Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)〉関連記事

CULTURE2020.06.14
〈Ginza Sony Park〉2021年9月末まで開園期間延長決定、新たなソニービルは2025年にオープン予定
COMPETITION & EVENT2020.10.22
銀座ソニーパークにて、King Gnuとmillennium paradeをコラボレーターに迎えた実験的プログラム『#014 ヌーミレパーク(仮)』DIRECTED BY PERIMETRON 始まる
FEATURE2021.05.26

[Special report] "The future of the design museum" - talked about by Seiichi Saito and Kunihiko Morinaga "DESIGN-DESIGN MUSEUM BOX"

【特別レポート】齋藤精一、森永邦彦が語る、これからのデザインミュージアムのかたち。 「DESIGN MUSEUM BOX展 集めてつなごう 日本のデザイン」
  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EVENT
  • 建替直前〈Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)〉フェーズ1ファイナルイベント9月30日まで、トークイベントなど最終日にライブ配信!