COMPETITION & EVENT

茶山台B団地 住戸リノベ競技

3住戸をサイトに、大阪府住宅供給公社が募集を開始

大阪府住宅供給公社の主催による、大阪・堺市にある泉北ニュータウン・茶⼭台B団地において、実際の住戸をリノベーションする、設計・施工・工事監理一式の事業提案競技の要項が5⽉24⽇に発表され、参加者の募集が開始されました。
テーマは、「じぶん時間を照らすサステナブルな暮らし」。子育て世帯など若年層の多様なニーズに対応し、快適に住み続けることのできる住⼾リノベーションプランを募集しています。

同公社では、建設から長い年月が経過し、⾼齢化が進む団地において、単⾝世帯や若年夫婦、⼦育て世帯などの若年層を新しい住民として誘引することを目的に、2014年度より、若手建築家などのアイデアや、⺠間事業者のノウハウを活⽤した、住⼾リノベーションを継続して実施しています(本稿フッターの関連リンクを参照)。

大阪府住宅供給公社主催 茶⼭台B団地住戸リノベーション提案協議資料

2021年度 最優秀提案 ニコイチ(1)「家族の重なりをみつける」内観(受賞者:三輝・STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)※本稿1枚目の内観も同

大阪府住宅供給公社主催 茶⼭台B団地住戸リノベーション提案協議資料

2021年度 最優秀提案 ニコイチ(1)「家族の重なりをみつける」平面図(受賞者:三輝・STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体)

また、同団地が所在する堺市では、泉北ニュータウン地域において、将来にわたって多様な世代が快適に住み続けることのできる「持続発展可能なまち」を目指し、「SENBOKU New Design」を策定[*1]。
加えて、近年は、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行によるテレワークの浸透や、人々の働き方の多様化の影響などにより、創出された時間を「じぶん時間」として、新たな学びや趣味などに活用する人が増え、生活や住まい方に変化がみられます。
これらを背景に、今回の提案協議では、「じぶん時間を照らすサステナブルな暮らし」がテーマに掲げ、堺市とも連携して実施されます。応募書類の提出期限は2022年7月6日(水)。

同提案協議にて選定された最優秀作品提案者は、大阪府住宅供給公社との間に、設計・施⼯業務(工事監理業務を含む)にかかる契約が締結される予定です。

大阪府住宅供給公社主催 茶⼭台B団地住戸リノベーション提案協議資料

2021年度実施「リノベ45」

提案協議 概要

茶⼭台B団地 全体概要
所在地:大阪府堺市南区茶⼭台2丁8番
総⼾数:269⼾
構造:鉄筋コンクリート造 5階建
住⼾専有⾯積:49.23m²・98.46m²
⼊居開始:1974年6⽉
アクセス:泉北⾼速鉄道「泉ケ丘」駅より徒歩約13分

改修対象:3住戸(2住戸は、公社が進めている2戸1(ニコイチ)化リノベーションタイプ、1住戸は、リノベーションタイプ「リノベ 50」を用いること)[*2][*3]
条件価格:3戸で計2,040 万円(税込)

*2.ニコイチ:横つながりの2戸1化リノベーション(49.23m²+49.23m²=98.46m²/戸)×2住戸
躯体壁に開口を設けず、玄関およびバルコニーを介した往来で隣り合う2住戸を一体的に利用するもの
*3.リノベ50:1住戸リノベーション(49.23m²/戸)×1住戸

スケジュール(予定)
2022年5月24日(火) 提案募集要項公表・申込受付開始
2022年7月6日(水) 応募書類提出締切
2022年8月3日(水) 最優秀作品選定
2022年12月22日(木) 完成・引渡し
2023年1月下旬 入居者募集

主催・問合せ先:大阪府住宅供給公社

募集要項 / 大阪府住宅供給公社Webサイト
https://www.osaka-kousha.or.jp/x-whatsnew/2022-05-24-chayamab/index.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

茶⼭台団地 リノベ協議 アーカイブ

COMPETITION & EVENT2020.12.10

大阪府住宅供給公社主催「第6回茶山台団地リノベーションコンペ」結果発表

最優秀:ナノメートルアーキテクチャー
COMPETITION & EVENT2021.10.11

令和3年度公社茶山台団地住戸改善事業「茶山台団地で____をみつける」選定結果

最優秀:三輝・STUDIO RAKKORA ARCHITECTS共同企業体

団地再生プロジェクト

CULTURE2020.11.17
隈研吾+佐藤可士和監修、横浜「洋光台団地」における「団地の未来プロジェクト」で集会所や広場などの整備が完了
FEATURE2021.04.06
【イベントReport】佐藤可士和展連動企画 UR都市機構「団地の未来プロジェクト」トークセッション
CULTURE2022.04.17

新刊『郊外住宅地の再生とエリアマネジメント』

佐藤可士和、隈研吾らが参画した「団地の未来プロジェクト」を含む洋光台エリアマネジメント10年間の軌跡
CULTURE2021.03.08
納谷建築設計事務所×神奈川県住宅供給公社×東海大学による「伊勢原団地12号棟リノベーションプロジェクト」
COMPETITION & EVENT2021.10.02

「みのお・B・C 団地建替事業提案競技」

大阪府住宅供給公社主催
PRODUCT2021.01.12
「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」が9つの団地で入居者募集開始
BUSINESS2021.07.19
無印良品がリノベーションした団地・マンション住戸を完成品として発売
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ