COMPETITION & EVENT

東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展

アール・デコの名建築と新館の建築空間と、蜷川作品とのコラボレーション

写真家で映画監督の蜷川実花の展覧会「蜷川実花 瞬く光の庭」が、東京都庭園美術館にて開催中、9月4日まで開催されます。

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

独自の作風とスタイルで知られる蜷川の視線は、一貫して、いのちの輝きと儚さに対して向けられてきました。本展では、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大によるコロナ禍に見舞われた日本国内各地で、2021年から2022年にかけて、蜷川が撮影した最新の植物の写真と映像作品が披露されます。

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

会場は、”アール・デコの館”として名高い、旧朝香宮邸を美術館として改装した東京都庭園美術館の本館と、2014年にオープンした新館。新旧の両館を、蜷川の作品で彩り、空間に作品が重ねられることで、さまざまな時間が交差するような場を出現することを意図した会場構成となっているとのこと。

東京都庭園美術館 本館 大食堂 シャンデリア(部分)

東京都庭園美術館 本館 大食堂 シャンデリア〈パイナップルとザクロ〉 ルネ・ラリック作

本展に先立ち、2018年より国内10カ所を巡回した「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」では、コロナ禍までを含む蜷川のキャリアを総覧するという構成だったのに対して、本展では、建築空間とのコラボレーションも大きな見どころに。

蜷川実花展(富山県美術館、2022)

「富山県美術館開館 5 周年記念 蜷川実花展」(2022)会場風景
© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

蜷川実花展(富山県美術館、2022)

「富山県美術館開館 5 周年記念 蜷川実花展」(2022)会場風景
© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

蜷川実花展(富山県美術館、2022)

「富山県美術館開館 5 周年記念 蜷川実花展」(2022)会場風景
© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

このほか、蜷川が今、強く惹かれているという、光に溢れた色”光彩色”(こうさいしょく)の世界を表現した作品や、ダイナミックな映像インスタレーションも展開。作家の新機軸となる「今」と「これから」が提示されます。

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展

© mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

「蜷川実花 瞬く光の庭」展
英語表記:Mika Ninagawa: A Garden of Flickering Lights

会期:2022年6月25日(土)〜9月4日(日)
開館時間:10:00–18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜(但し、7月18日[月・祝]は開館)、7月19日(火)
会場:東京都庭園美術館 本館+新館
所在地:東京都港区白金台5丁目21-9(Google Map
入館料:一般 1,400円、大学生(専修・各種専門学校含む)1,120円、中・高生 700円、65歳以上 700円
※入館はオンラインによる完全予約制(詳細は東京都庭園美術館公式ウェブサイトを参照)

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
企画協力:ラッキースター、小山登美夫ギャラリー
協賛:elis(エリス)、イフイング株式会社、nido(善福寺)
年間協賛:戸田建設、ブルームバーグ L.P.、ヴァン クリーフ&アーペル

東京都庭園美術館「蜷川実花 瞬く光の庭」展 ポスター

展覧会特設サイト
www.mikaninagawa-flickeringlight.com

東京都庭園美術館 公式ウェブサイト
https://www.teien-art-museum.ne.jp/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

東京都庭園美術館 展覧会アーカイブ

COMPETITION & EVENT2021.07.31

「ルネ・ラリック リミックス—時代のインスピレーションをもとめて」

新館ギャラリー1の展示デザインを中山英之氏が担当、東京都庭園美術館にて9/5まで
COMPETITION & EVENT2022.01.12

"アール・デコの館"とのコラボも見どころ!

東京都庭園美術館にて「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」開催【読者プレゼントあり】

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • EXHIBITION
  • 「蜷川実花 瞬く光の庭」展 東京都庭園美術館にて開催、アール・デコの本館+新館の新旧建築空間と蜷川作品の華麗なるコラボレーション
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ