COMPETITION & EVENT

U-40「根岸森林公園トイレ設計コンペ」審査結果

張 昊氏、甘粕敦彦氏の提案〈丘の小道〉を最優秀賞に選出

横浜市公共建築100周年事業の1つとして、横浜市建築局が主催した「根岸森林公園トイレ設計コンペ」の審査結果が、9月1日に横浜市のホームページにて発表されました。

本設計コンペでは、次世代の設計人材の発掘や育成を目的に、学生を含めた40歳以下の設計者が応募対象となり、4月1日の公示当初から注目を集めました(募集概要はこちら)。

参加の意向を示したのは504組(うち代表者が学生のもの102)、応募者数は267組(うち代表者が学生のもの51)。一次審査で上位15組が選出され、このうちの5組が二次評価を決定する二次評価対象者(ファイナリスト)に選出されています。

この5組に対して、8月22日に横浜市内にて評価委員によるヒアリングが公開で実施され、最終審査を経て、設計業務委託者(最優秀賞)が決定しています(以下、複数名での応募組の氏名表記は主催者発表順)。

最優秀賞に選出されたのは、張 昊と甘粕敦彦の両氏による提案「丘の小道」。
以下、次点の優秀賞(1点)と入賞(3点)に選ばれた二次評価対象者と、提案作品のイメージパースは以下の通りです(4桁の数字は登録番号)。

二次評価対象者と審査結果

最優秀賞:0079「丘の小道」 張 昊、甘粕敦彦
優秀賞:0347「樹々を包み込むトイレ」 山川尚哉
入賞:0232「森林レストルーム」 桐 圭佑
入賞:0293「大地とつながる木レンガの風突トイレ」 中倉康介、増田伸也
入賞:0445「木と土のパーゴラ」 小野寺匠吾
※上記は横浜市発表の表記に準じる


最優秀賞

0079「丘の小道」 張 昊、甘粕敦彦

「丘の小道」 張 昊、甘粕敦彦

0079 / 張 昊、甘粕 敦彦

「丘の小道」 張 昊、甘粕敦彦

0079 / 張 昊、甘粕 敦彦

「丘の小道」 張 昊、甘粕敦彦

0079 / 張 昊、甘粕 敦彦

評価委員コメントより
最優秀賞の「丘の小道」は、根岸森林公園の特徴である丘の起伏をなぞるような薄いアーチ状の大屋根と、トイレと公園をつなぐ草花ゾーンが特徴で、大屋根がトイレブースやベンチを緩やかにつなぎ、日射を遮りつつ風通しを確保しています。トイレへの動線は誰もがアクセスしやすいスロープで、使う人の気持ちを考えており、これから長く愛されることが期待できる、優しい印象の作品です。
現時点の案では、個室ブースの大きさや動線に課題があります。また、薄く美しい印象の大屋根は、今後、構造設計を進めていく中で、案のイメージを損なわないための工夫が必要です。課題はありますが、公園のランドスケープと連続した風景として魅力ある提案であること、実現性の高い提案であることが決め手となりました。


優秀賞

0347「樹々を包み込むトイレ」 山川尚哉

「樹々を包み込むトイレ」山川尚哉

0347 / 山川尚哉

「樹々を包み込むトイレ」山川尚哉

0347 / 山川尚哉

評価委員コメントより
優秀賞の「樹々を包み込むトイレ」は、トイレブースが広く、ブース内などに半屋外空間があり、トイレ内に樹木が植えられた開放的な空間が最大の特徴です。
5作品の中で唯一、トイレブース自体の提案をしており、今後の公園トイレとして斬新な作品でした。
一方で、屋根が無いことによる雨天時の使用や、ブース内に樹木や土があることによるメンテナンス性について、透過性のある屋根や壁の設置など、実現の可能性をめぐり議論を重ねましたが、維持管理上の課題を払拭しきることができず、次点という結果になりました。


入賞

0232「森林レストルーム」 桐 圭佑

「森林レストルーム」 桐 圭佑

0232 / KIRI ARCHITECTS

入賞

0293「大地とつながる木レンガの風突トイレ」 中倉康介、増田伸也

「大地とつながる木レンガの風突トイレ」 中倉康介、増田伸也

0293 / 株式会社中倉康介建築設計事務所 中倉康介・増田伸也

入賞

0445「木と土のパーゴラ」 小野寺匠吾

「木と土のパーゴラ」 小野寺匠吾

0445 / 小野寺匠吾建築設計事務所

審査を担当した、建築家の小泉雅生、曽我部昌史、中川エリカの3氏それぞれの総評と、佳作に選出された10組10作品も、以下・横浜市のホームページにて公表されています。

横浜市公共建築100周年記念 設計コンペ(根岸森林公園トイレ)審査結果発表
https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/kokyokenchiku/competition2022.html#6C162

※本稿掲載の応募作品の画像およびテキストは、予め主催者の許可を得て、審査結果発表ページに公表されているものを使用しています。


コンペ概要

対象となる根岸森林公園は、日本初の洋式競馬が行われたサイト。かつては東洋一の規模を誇る競馬場がありました。戦後の一時期、米軍に接収され、解除後に、なだらかな地形を生かし、多くの樹木が植わった森林公園として開園しました。
大きな芝生広場が魅力であり、休日には市民がくつろぎ、とりわけ桜の開花時期には多くの人で賑わいます。

横浜市公共建築100周年事業「根岸森林公園トイレ新築工事に伴う設計業務委託設計コンペ」

横浜市では、この芝生広場に面した位置に、誰もが利用しやすく、周辺環境と調和したトイレの建設を計画しています。
利便性を高めると共に、より魅力ある公園となることを目指し、サイトに相応しい設計案を広く募集し、最も優れた設計案を公募により選出するものです。

根岸森林公園トイレ新築工事に伴う設計業務委託設計コンペ

対象建築物:根岸森林公園のトイレ
根岸森林公園 ホームページ
https://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/negishi/

参加資格:1981年(昭和56)年4月2日以降に生まれた者(40歳以下)で、建築士、または建築士を志す(学生を含む)者

提出物:A1用紙 1枚(横使い)1部、左記のPDFデータ(10MB以内)

評価委員(敬称略)
小泉雅生(建築家/東京都立大学教授)
曽我部昌史(建築家/神奈川大学教授)
中川エリカ(建築家/中川エリカ建築設計事務所代表)
横浜市環境創造局公園緑地部長
横浜市建築局公共建築部長

スケジュール
実施要項配布開始:2022年(令和4年)4月1日(金)
参加資格に関する質問受付:5月2日(月)9時~10日(火)17時
参加資格に関する質問回答:5月13日(金)
参加意向申出登録:5月16日(月)9時~27日(金)17時
参加資格確認結果通知:6月3日(金)までに通知
設計条件に関する質問受付:6月6日(月)9時~9日(木)17時
設計条件に関する質問回答:6月17日(金)
設計案受付期間
送付の場合:7月7日(金)~15日(金)17時必着
持参の場合:7月13日(水)~15日(金)各日13時~17時
一次評価結果公表:8月4日(木)(予定)
二次評価(公開ヒアリング):8月22日(月)午後(関内ホール 大ホールにて)
受託候補者の公表:9月上旬(予定)

※そのほか、詳細については、横浜市発表の実施要項(以下のURL)を参照

主催:横浜市建築局
事務局:横浜市建築局 公共建築部 営繕企画課

コンペ詳細
https://www.city.yokohama.lg.jp/business/bunyabetsu/kenchiku/kokyokenchiku/competition2022.html

横浜市公共建築100周年事業プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000883.000013670.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

U-40「根岸森林公園トイレ設計コンペ」TOPICS

COMPETITION & EVENT2022.04.04

U-40「根岸森林公園トイレ設計コンペ」

横浜市公共建築100周年記念事業
COMPETITION & EVENT2022.06.28

内藤廣講演会 8/22横浜にて開催

「根岸森林公園トイレ設計コンペ」公開ヒアリングを終了後に実施

横浜市 関連記事

CULTURE2020.12.17

横浜MM21エリアに国内最大級の音楽アリーナが誕生

ケン・コーポレーションが建設、2023年竣工予定
CULTURE2021.01.20

「YOKOHAMA AIR CABIN」4月開業

横浜MM21エリアに日本初の常設都市型ロープウェイが誕生
BUSINESS2021.01.30
横浜市が歴史的建造物「旧第一銀行横浜支店」の2022年度以降の新たな活用に向けた事業者向け見学会とサウンディング型市場調査を告知
CULTURE2021.03.02
横浜美術館が大規模改修で3/1より長期休館、2023年度中にリニューアルオープン予定
BUSINESS2021.07.12
神奈川大学に2022年4月「建築学部」が誕生
BUSINESS2022.01.27

横浜駅直結の高層レジデンス〈ザ ヨコハマ フロント タワー〉

国家戦略住宅整備事業 第1号プロジェクト「ザ ヨコハマ フロント」概要
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ