COMPETITION & EVENT

デジタルツインとXRによる最先端の都市サービス・拡張体験のプレゼンテーション

国交省のPLATEAU(プラトー)を活用して開発したXRアプリの最終審査会 TOKYO NODEにて2/10開催

建築家の重松象平氏が設計して昨秋開業した東京・虎ノ門の〈虎ノ門ヒルズステーションタワー〉の情報発信拠点・TOKYO NODE(トーキョーノード)にて、森ビルと国土交通省の都市デジタルツイン実装プロジェクト「PLATEAU(プラトー)」が共催したハッカソン[*]イベントの最終審査会「AWARD NIGHT」が開催されます。

[*]ハッカソン:プログラムの改良を意味するハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた造語。ITエンジニアやデザイナーなどがチームを編成し、特定のテーマのもと短期間で開発を行うイベントを指す

PLATEAU(プラトー)とは、日本全国の都市を3Dモデルデータとして可視化し、それらのオープンソース化が進められている、国土交通省による都市デジタルツイン実現プロジェクトです。2020年12月22日にティザーサイトがオープン、誰もが自由に引き出し、オープン・イノベーションを生み出すための情報として公開されています。


#国土交通省Project PLATEAU YouTube「PLATEAU Concept Film」(2021/03/26)

今回のハッカソンイベント「TOKYO NODE “XR HACKATHON”powered by PLATEAU」は、TOKYONODEの研究開発チーム「TOKYO NODE LAB」が主導し、デジタルツイン環境を活用した都市を拡張するAR体験プロジェクトの一環として開催されています。
実際の虎ノ門のまちを舞台に、人々に新たな都市体験をもたらすXRアプリケーションの開発を行うことを目的に、国土交通省と森ビルによって昨秋にスタート。2023年10月から11月にかけて参加者を公募したあと、同年12月にキックオフイベント「OPENING DAY」が開催され、YouTubeにてライブ配信されています。

#TOKYO NODE “XR HACKATHON” powerd by PLATEAU YouTube:ハッカソンキックオフイベント「OPENING DAY」オンラインLIVE配信(2023/12/02)
https://www.youtube.com/watch?v=tqxLkyPGmow

TOKYO NODE "XR HACKATHON" powerd by PLATEAU

PLATEAUによる拡張体験イメージ

今回のハッカソンイベントでは、「虎ノ門を都市XRの聖地にする」ことを掲げ、エンターテインメント、アート、シミュレーションや可視化ツール、虎ノ門エリア・施設の利便性向上を実現するツールなどのXRアプリケーション開発が求められました(作品のジャンルは不問)。
2月10日に開催される「AWARD NIGHT」は、最終審査を通過した16チームによる最終審査会となります。
聴講はPeatixサイトにて無料のチケット予約を受付中(YouTubeでのライブ配信のURLはこちら)。詳細は「TOKYO NODE “XR HACKATHON”powered by PLATEAU」公式サイトを参照。

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー「TOKYO NODE HALL」

TOKYO NODE HALL

TOKYO NODE “XR HACKATHON” powerd by PLATEAU 最終審査会「AWARD NIGHT」開催概要

開催日時:2024年2月10日(土)13:00開始
会場:虎ノ門ヒルズステーションタワー 46階 TOKYO NODE HALL(Google Map
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目6-2 ヒルズ ステーションタワー
審査員:内山裕弥(国土交通省総合政策局/都市局 IT戦略企画調整官)、朴 正義(バスキュール代表取締役)、松島倫明(『WIRED』日本版編集長)、杉山 央(森ビル TOKYO NODE 運営室)
主催:TOKYO NODE、国土交通省都市局
運営:TOKYO NODE “XR HACKATHON” powered by PLATEAU運営事務局

TOKYO NODE "XR HACKATHON" powerd by PLATEAU 審査員

左から順に、審査を担当する、内山裕弥、朴 正義、松島倫明、杉山 央の4氏

プログラム
12:30 開場・受付
13:00 オープニング
13:00 最終審査会「AWARD NIGHT」開始
13:05-14:10 発表(1)
14:10-14:20 休憩
14:20-15:25 発表(2)
15:25-15:40 休憩
15:40-16:00 審査結果発表・表彰
16:00-16:15 クロージング
16:15 最終審査会「AWARD NIGHT」終了
※スケジュールは当日の進行次第で変動する場合あり

チケット取り扱い:Peatix
https://xrhackathon2023-awardnight.peatix.com/

YouTube ライブ配信URL
https://youtube.com/live/DuiKms2gTfY?feature=share

TOKYO NODE "XR HACKATHON" powerd by PLATEAU

「TOKYO NODE “XR HACKATHON”powered by PLATEAU」公式サイト
https://tokyonode.jp/sp/xrhackathon2023/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン

国土交通省 3D都市空間情報プラットフォーム「PLATEAU(プラトー)」TOPICS

BUSINESS2020.12.23

国土交通省による都市デジタルツイン実現プロジェクト

3D都市空間情報プラットフォーム・Project PLATEAU(プラトー)のティザーサイトをオープン
BUSINESS2021.03.27

都市空間をサイバー空間に再現する国交省のプロジェクト「Project PLATEAU」

東京都23区の3D都市モデルほか整備されたデータを無償で公開

「TOKYO NODE」TOPICS

COMPETITION & EVENT2023.10.09

「TOKYO NODE」開館記念カンファレンスイベント

46階ホールにて「TOKYO NODE : OPEN LAB」10/10-11日開催、重松象平、落合陽一氏らが登壇
COMPETITION & EVENT2023.10.04

TOKYO NODE 開館記念企画 “Syn : 身体感覚の新たな地平” by Rhizomatiks × ELEVENPLAY

[Report]10/6開業〈虎ノ門ヒルズ ステーションタワー〉最上部にオープンする情報発信拠点のこけら落とし、ライゾマティクスとMIKIKO率いるダンスカンパニーによる没入型パフォーマンス
COMPETITION & EVENT2023.12.13

「蜷川実花展 Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」会場レポート

[Report]最終章の展示空間を藤本壮介がデザイン監修、「TOKYO NODE」開館記念企画第2弾
COMPETITION & EVENT2024.05.07

OMAが会場をデザインした「ティファニー ワンダー」

[Report]技と創造の187年の軌跡、虎ノ門ヒルズ ステーションタワー45階 TOKYO NODEにて6/23まで

虎ノ門ヒルズステーションタワー TOPICS

CULTURE2023.01.29

「虎ノ門ヒルズ」が2023年秋に全面開業へ

重松象平氏がデザインした虎ノ門ヒルズ ステーションタワーが7月に竣工、OMAとして都内では初の大規模建築
CULTURE2023.10.08

〈虎ノ門ヒルズ ステーションタワー〉10/6開業

[Report]重松象平、ワンダーウォール、スペース・コペンハーゲンなどが参画して完成した高層複合施設の見どころ
CULTURE2023.11.14

大通りの活気を垂直方向へと導く超高層ビル

OMA重松象平氏による〈虎ノ門ヒルズ ステーションタワー〉が竣工

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • COMPETITION & EVENT
  • TALK EVENT
  • デジタルツインとXRによる最先端の都市サービス・拡張体験のプレゼンテーション! 国交省の都市デジタルツイン実現プロジェクト・PLATEAU(プラトー)を活用して開発したXRアプリの最終審査会「AWARD NIGHT」TOKYO NODE HALLにて2/10開催
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ