PRODUCT

「DAYTONA HOUSE×LDK」からリノベーション用パネル〈X-FRAME〉がリリース

PRODUCT2020.06.03

住宅プロデュースやコンサルティングを行っている株式会社LDKは、月刊誌『Daytona(デイトナ)』(ネコ・パブリッシング)とコラボレーションして開発した、独自の軽量鉄骨建築システム〈LGS〉による建築ブランド「DAYTONA HOUSE×LDK」から、〈LGS〉をリノベーション用にカスタマイズした鋼鉄製パネル〈X-FRAME〉を発売したことを発表しました(2020年5月19日プレスリリース)。

これまでに「DAYTONA HOUSE×LDK」では、LGSパネルによるガレージ、店舗、別荘、住宅などを展開してきました(上の写真)。普段は構造体として製作しているこのLGSパネルを、〈X-FRAME〉では壁面の意匠として採用しています。

〈X-FRAME〉

〈X-FRAME〉WHITE ver.

「DAYTONA HOUSE×LDK」ホームページ<https://daytona-house.com/column/1799/>より

〈X-FRAME〉はダブルのブレース(筋交い)をデザインの基調とし、表面には、従来のLGSパネルと同じ粉体塗装焼き付け処理を施しています。色はチャコールグレーと白の2色を用意。サイズは1.0×1.9メートルと、エレベーターに入る寸法を基準に設定しています。壁面に沿わせて設置したり、間仕切りとして空間を分節したり、使い方は自由自在。
また、中央部の2本の縦胴縁に、オリジナルの棚システム「FAS(:Furniture Although Structure)ブラケット」を装着することで、住まい手が好みの空間にカスタマイズすることも可能です。

今回のローンチは、COVID-19(新型コロナウイルス)によるテレワーク化拡大の流れを受けたもので、〈X-FRAME〉を導入することで、遊び心とクールな機能性を両立させたリノベーションを手軽に実現することができるとしています。(en)

「DAYTONA HOUSE×LDK」https://daytona-house.com/

  • TOP
  • PRODUCT
  • MATERIAL
  • 「DAYTONA HOUSE×LDK」からリノベーション用パネル〈X-FRAME〉がリリース