PRODUCT

間伐材の再利用から生まれた木糸で織られた布マスクのクラウドファンディング

PRODUCT2020.10.03

間伐材の再利用から生まれた木糸(もくいと)で織られた「木糸の布」でマスクをつくり、販売するためのクラウドファンディングが始まっています。

木糸で織った布は乾きやすいのが特徴で、洗いながら毎日繰り返し使うことができます。高温でのアイロンがけも可能です。
「SANLAI 立体型マスク」は、無地と水玉の2種類、サイズはL・M・Sの3種類を展開。内部構造は、木糸の4重ガーゼを挟み、無地は6重、水玉は二重ガーゼで7重になっています。全てガーゼ素材なので通気性があり、また、6重構造の無地は内側を高密度の素材を採用、飛沫の飛散を抑えつつ、息苦しさを感じさせないようにデザインされています。

「木糸」は、日本国土の2/3を占めている森林を保全するために必要な、伐採で発生する木材を有効活用したサステナブルな素材です。間伐材をチップ状にし、複数の工程を経て繊維を取り出し、木糸がつくられます。縦糸、横糸の組み合わせでさまざまな特徴をもった布を織ることができ、伝統織物の西陣織や京丹後、与謝野町の絹織物との交織なども可能です。

このクラファン・プロジェクトを立ち上げたのは、京都に本社を構える株式会社リトゥリバース(RETREEBIRTH)。間伐材を原材料とする木糸からさまざまなプロダクトを生み出し、日本の森林資源を守ることを目的に、2019年に創業したベンチャー企業です。木糸から環境へのイノベーションを目指し、林業と繊維業の融合から新しいカルチャーを生み出そうと活動しています。


# the laB. media solution YouTubeチャンネル「SANLAI PV forwebtop」(2019/07/11)

純日本産の天然素材である間伐材から生まれたこの布は、麻のような風合いと「木」をストレートに感じさせる、環境にも人にも優しい、優れた機能を持った新しい素材(マテリアル)です。この、山由来の布を使ったプロダクトを世に送り出すことで、 日本の森林資源に対して持続可能な成長をもたらすと、リトゥリバースでは考えています。人々により豊かなライフスタイルを提案するブランドとして、同社が立ち上げたのが「山來」=「SANLAI(さんらい)」です。

クラウドファンディングはMakuakeにて実施中。早割もあります。(en)

サステナビリティの連鎖を考えた、間伐材の再利用から生まれた木糸で織られた布マスク
「山來・SANLAI(サンライ)立体型マスク」

https://www.makuake.com/project/sanlai/

リトゥリバース(RETREEBIRTH)
https://retreebirth.com/

  • TOP
  • PRODUCT
  • GOODS
  • 間伐材の再利用から生まれた木糸で織られた布マスクのクラウドファンディング