PRODUCT

ルイスポールセンがランプ「VLステュディオ」を復刻

ラジオハウスのためにヴィルヘルム・ラウリッツェンがデザインした壁付け照明が現代の仕様に

PRODUCT2022.05.17

ルイスポールセンから、デンマークの建築家、ヴィルヘルム・ラウリッツェン(Vilhelm Lauritzen|1894-1984)がデザインしたアーカイブの中から、ランプ照明・VLステュディオを復刻、〈VLステュディオ ウォール〉としてこの春から発売されます(ルイスポールセンジャパン 2022年5月13日プレスリリース)。

VLステュディオのオリジナルは、ヴィルヘルム・ラウリッツェンが1930年代に手掛け、デンマーク・コペンハーゲンの旧国営放送局ラジオハウス(現在はデンマーク王立音楽アカデミーが使用)にて、実際に使用されていたウォールランプです。
ルイスポールセンでは、今回の復刻にあたり、現代的にデザインを再解釈し、フロアランプとしても使用できるテーブルランプ〈VLステュディオ テーブル/フロア〉も発売されます。

ヴィルヘルム・ラウリッツェン(Vilhelm Lauritzen)プロフィール

1894生まれ。デンマーク建築史のなかで最も重要な建築家のひとりで、デンマーク機能主義建築の先駆者。ノーレブロ劇場(Nørrebro Theatre, 1931-32)、デールス・デパート(Daells Varehus, 1928-35、現在のサンクトペトリホテル)、ラジオハウス(1936-41)、モダニズム建築の傑作であるコペンハーゲン空港のターミナル39などの名作を多く手がけた。このほかにも、現在はコンサート会場ヴェガとして知られる市民会館(1953-56)、ワシントンのデンマーク大使館(Shellhuset,1958-60)がある。
このうち、ラジオハウスとコペンハーゲン空港のターミナル39は、デンマークの指定建築物ともなり、ヨーロッパの建築における近代主義の象徴と言われる。
ラウリッツェンは、その生涯を通じて、建築は応用芸術であるという考えを実践した。芸術(art)と応用(applied)に同等の比重を与え、「美学なくして生活はない」という信念を持っていた。
また、ラウリッツェンは自然光と人工照明の両方を熟知していた。温かい日差しを採りこむ南西向きの大きな窓と、北東からのクールな光を入れるスカイライトをミックスさせるなど、建築において自然光を最大限利用した。これにより、室内の限られた壁だけに焦点があたらず、使う人、インテリア、家具などが彫刻的な光のなかで陰影を持って際立つように設計した。照明器具のデザインにおいても同様で、1つの照明器具のなかに、方向性を持ってシャープな影をつくる直接光と、部屋全体を柔らかく映しだすソフトな拡散光の2つの機能を持たせることを目指した。

今回の復刻のもととなっている照明・VLステュディオは、ラジオハウスの設計者でもあるヴィルヘルム・ラウリッツェンが、ルイスポールセンと共同で製作したものです。スタジオの内部が放送中であるかどうかを、赤と緑色のランプの点灯によって放送スタジオ外に示したウォールランプで、この用途から「VLステュディオ」と称されました。


#Louis Poulsen YouTube「Relaunching VL Studio – Designed by Vilhelm Lauritzen」(2022/02/23 )

また、このウォールランプは、ラジオハウスのスタジオ以外の場所でも用いられ、スタジオランプとは異なる乳白色のガラスシェードで温かみのある雰囲気を館内のあちらこちらでつくり出しました。

これらの照明器具は、〈VL38テーブルランプ〉、〈VLリングクラウン〉、そして別名「ラジオハウスペンダント」として知られる〈VL45ラジオハウスペンダント〉と同時期にデザインされました。〈VL45ラジオハウスペンダント〉と〈VLステュディオ〉は密接に関連しており、ともに乳白色のガラスシェードが採用され、外側と内側の層には光沢のある透明ガラスを用い、真ん中の乳白ガラス層をサンドイッチした三層構造で設計されています。

ルイスポールセン〈VLステュディオ ウォール〉と〈VLステュディオ テーブル/フロア〉

右上:〈VLステュディオ ウォール〉と〈VLステュディオ テーブル/フロア〉

今回発売される〈VLステュディオ ウォール〉と置き型の〈VLステュディオ テーブル/フロア〉は、電球から直接光を受けるシェードの内側にサンドブラスト加工を施したマット状となっており、目に心地よいソフトな光を反射し、均等に拡散させます。
〈VLステュディオ ウォール〉では、オリジナルデザインにわずかながら変更が加えられ、現代の壁付仕様にフィットするデザインに改良されました。ウォールランプのヘッドを両側に最大90度の角度がつけられるようになっており、ルイスポールセンならではの、グレアのない光と拡散光を周囲に届けます。
サイズは、オリジナルのサイズに準じたØ150mmです。

ルイスポールセン〈VLステュディオ テーブル/フロア〉

〈VLステュディオ テーブル/フロア〉

〈VLステュディオ テーブル/フロア〉は、ウォールランプと同じØ150mmサイズに加え、新たにØ250mmとØ320mmのサイズも用意され、空間にあわせやすいフロアランプとなっています。

〈VLステュディオ ウォール〉製品概要

デザイン:ヴィルヘルム・ラウリッツェン
ランプ:G9 ハロピンランプ 25W
材質・仕上げ
シェード:乳白ハンドメイド三層吹きガラス
本体:アルミまたは真鍮(無塗装またはラッカー仕上)
色:真鍮(無塗装)、真鍮(ラッカー仕上)、ブラック
サイズ:Ø150mm、H145mm

製品詳細(短縮URL)
https://onl.sc/E3nvsV7


〈VLステュディオ テーブル/フロア〉製品概要

デザイン:ヴィルヘルム・ラウリッツェン
ランプ:Ø150:G9 ハロピンランプ 25W/ Ø250: E26 LED電球(白熱電球60W相当)/Ø320:E26 LED電球(白熱電球100W相当)
材質・仕上げ
シェード:乳白ハンドメイド三層吹きガラス
本体:アルミまたは真鍮(無塗装またはラッカー仕上)
色:真鍮(無塗装)、真鍮(ラッカー仕上)、ブラック.

製品詳細ページ(短縮URL)
https://onl.sc/2ptXQs3

ルイスポールセン公式ウェブサイト
www.louispoulsen.com

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

ルイスポールセン 関連記事

PRODUCT2021.09.14

ルイスポールセン〈パテラ オーバル〉

ペンダント照明〈パテラ〉シリーズに新作が登場
PRODUCT2021.03.24

パントンの名作照明〈パンテラ〉誕生50周年

ルイスポールセンから記念モデル〈パンテラ テーブル 320〉が登場
PRODUCT2022.04.21

“ミニチュアサイズのパンテラ”

充電式で持ち運べる!ルイスポールセンの取扱販売店限定で国内販売を開始
PRODUCT2023.02.10

パテラ ペンダントにシリーズ最小Ø300がラインナップ

Louis Poulsen (ルイスポールセン)から今春発売

ルイスポールセン東京 オープン

BUSINESS2023.11.13

〈ルイスポールセン東京〉外苑前にオープン

世界初の直営フラッグシップストア、コントラクトに加えてエンドユーザーを意識した展開へ

Louis Poulsen(ルイスポールセン)が出展した「2022年ミラノデザインウィーク」

FEATURE2022.06.06

ミラノデザインウィーク 2022年の見どころは?

世界最大規模のインテリアとデザインの祭典、ミラノサローネとフオリサローネ

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • PRODUCT
  • LIGHTING
  • ルイスポールセンがランプ「VLステュディオ」を復刻、ラジオハウスのためにヴィルヘルム・ラウリッツェンがデザインした壁付け照明が現代の仕様に
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ