PROJECT

PROJECT2020.09.17

ORTHO / APOLLO

ひな壇状の敷地を生かし、静謐さと豊かな陰影を享受するコートヤード住居

関東近郊の閑静な住宅地における戸建住宅のプロジェクトである。
家族が一緒にオフの時間を充実して過ごすための場所として、クライアントが購入した敷地は、ひな壇形状の変形地。一家は中庭を中心とした生活を希望していたため、この特徴的な地形と段差を利用した平屋の住宅となった。

〈ORTHO〉は、2つの大きなコンクリートのボリュームをずらしながら重ねた形状と、RC杉板打ち放し仕上げのマッシブな外観で、まずは特徴付けられる。
道路よりも平均地盤が高い敷地の特性を生かし、道路面からエントランスまでは十分に距離を取り、地下には車4台が並列駐車できるビルトインガレージを設け、地上1階部分を居住空間とした。
玄関は、階段やエレベータで上階にアクセスすると現れる配置とし、セキュリティーに配慮している。メインフロアには、小さな中庭と、南側に大きなガーデンテラスを設け、住まい手のプライバシーに考慮しながら、外部環境を味わえる平屋ならではの中間領域をつくりだした。
クライアント夫人の希望でダイニングとの境に扉を設けてクローズドにもできるキッチンには、調理だけでなく、食事をとることもできるよう、バーカウンターを設けている。キッチンは、中庭を介して、格天井のファミリールームとも緩やかに連続させ、空間にリズムと奥行きを生み出した。
緩やかなステップの先には、天窓から差し込む光による陰影を楽しめる廊下があり、さらに奥に移動すると現れるのがユーティリティー、主寝室などのプライベート空間もこの奥にある。

これら全ての空間が、南側のガーデンテラスに面しており、隣家からの視線を気にすることなく、住宅でありながら、存分にアウトドアライフを楽しむことができるプランニングとなっている。(黒崎 敏)

A courtyard house for stepped site, is a residence where you can enjoy the contrast of light and shadow and the tranquility

This ranch-style home is located in a quiet suburban neighborhood in the Kanto region. The clients purchased the tiered, irregularly shaped lot as a place to spend meaningful time as a family. They wanted courtyards to play a big part in their home life, and to fulfill that request; the design makes use of the distinctive property shape and topography.

The exterior is defined by two massive, offset concrete volumes with a board-formed finish. Residents enter via a built-in four-car garage set back from the road, a design that takes advantage of the fact that the property has a higher average elevation than the road. The main level of the home is accessed by stairs or elevator from the underground parking area, enhancing security.

On the main level, a small courtyard and a large garden terrace on the south side serve as intermediary zones where the residents can enjoy the distinctive outdoor environment while maintaining privacy. The closed kitchen—a request of the client’s wife—includes a bar counter so the family can eat and a cook there. The kitchen is connected to the coffered-ceiling family room via the courtyard, lending both rhythm and depth to space.

A low step leads to a hallway dappled with light and shadow from a skylight, and beyond that to the laundry room, master bedroom, and other private spaces. All these rooms face the garden terrace on the south side, allowing them to spend as much time as they want outside without worrying about being seen by neighbors. (Satoshi Kurosaki)

ORTHO from APOLLO_movie on Vimeo

【ORTHO】

所在地:関東近郊
用途:戸建住宅
竣工:2020年4月

設計:APOLLO
担当:黒崎 敏
構造設計:野村基建築構造設計
造作家具(LDK):リネアタラーラ
照明計画:戸恒浩人 / シリウスライディングオフィス
造園デザイン:SOLSO
施工:鈴縫工業

撮影:西川公朗

構造:RC造
規模:地下1階+地上1階
敷地面積:792.67m²
建築面積:270.45m²
延床面積:410.94m²
設計期間:2018.03-2019.04
施工期間:2019.05-2020.04

【ORTHO】

Location: Kanto Suburbs, Japan
Principal use: Residence
Completion: 2020.04

Architects: APOLLO
Design team: Satoshi Kurosaki
Structure engineer: Nomura Structures
Lighting design: Hirohito Totsune / Sirius Lighting Office
Furniture: Linea Talara
Garden design : SOLSO
Contractor: Suzunui Corporation

Photographs: Masao Nishikawa

Construction type: Reinforced Concrete construction
Building scale: B1 floor + 1 story
Site area: 792.67m²
Building area: 270.45m²
Total floor area: 410.94m²
Design term: 2018.03-2019.04
Construction term: 2019.05-2020.04