PROJECT

PROJECT2020.11.04

SMALL HOTEL / CAPD

無人運営のホステルにリピーターを呼び込むための空間デザイン

世界遺産の原爆ドームにほど近い、広島市中心部にある宿泊施設のプロジェクトである。
このホテルには、常駐スタッフがいない。オンラインによる予約や決済を済ます事ができる「無人運営」という新しい試みを行っている。無人運営であるということは、建物というハードの部分が、宿泊客の満足度に大きな影響を与えると私たちは考え、合理性を追求しつつも、また再訪したいと思えるような空間設計を目指した。
ドミトリータイプの宿泊スペースは、個々のスペースの間口が広い、キャビンタイプに近い形態とした。ここに、余裕のあるダブルベッドサイズのマットレスを設置し、1つのスペースを2人で利用することも可能。構造材や下地をそのままの仕上げとしてコストを抑えつつも、他のマテリアルや配色、照明とのバランスで、チープな印象を利用者に抱かせないよう、宿泊施設として落ち着いた空間となるようにデザインしている。(門内一生)

Designing a space to attract repeat visitors to an unmanned hostel

This hotel is a new “unmanned operation” that does not have resident staff in the center of Hiroshima City, close to the Atomic Bomb Dome, a World Heritage Site, and can be booked and settled online.
While pursuing rationality in architecture, we thought that the hard part of the building would have a large impact on the satisfaction of the guests, and aimed to design a facility that would make them want to visit again.
With a wide cabin-sized opening in individual spaces, there is a double-bed-sized mattress with plenty of room for two people to stay in one space. The structural material and the base are finished as it is, and it does not have a cheap impression by the balance with other materials, the color scheme, and the lighting while keeping the cost down. We designed will be a calm and good quality space. (Kazuo Monnai)

【SMALL HOTEL】

所在地:広島県広島市中区大手町1丁目5-13
用途:ホステル
クライアント:ブレックファースト
竣工年月:2019.05

設計:CAPD
担当:門内一生、小原弘和、常信 大、増井和哉 / CAPD
企画・運営:ブレックファースト
施工:ティーエス・ハマモト

撮影:志摩大輔 / ad hoc inc

工事種別:インテリア、コンバージョン
延床面積:319.44m²
設計期間:2018.05-2018.10
施工期間:2018.11-2019.04

【SMALL HOTEL】

Location: 1-5-13, Otemachi, Naka-Ku, Hiroshima Shi, Hiroshima, Japan
Principal use: Hotel
Client: breakfast
Completion: 2019.05

Architects: CAPD
Design team: Kazuo Monnai, Hirokazu Ohara, Dai Tsunenobu, Kazuya Masui / CAPD
Planning and management: breakfast
Contractor: TS HAMAMOTO

Photographs: Daisuke Shima / ad hoc inc

Construction type: Interior, Conversion
Total floor area: 319.44m²
Design term: 2018.05-2018.10
Construction term: 2018.11-2019.04