PROJECT

PROJECT2020.09.03

QUARTER house / ウエノアトリエ

2×4材を風車状に組み合わせて空間を構成した住宅

夫婦と2人の子どものための埼玉県に建つ住宅である。
ヴィンテージを扱うインテリアショップを営む建主からの要望は、家具のショールームを兼ねた大きなリビング空間であった。そこで、1階に可能な限り天井の高いワンルーム空間を設け、2階に4人家族が暮らすために必要な個室を集めた。
効率的な長方形の平面の一部を斜めにカットして大きな開口を設け、そこから入る大きな光の塊を、空間性の異なる1階と2階に分け与えている。また、斜めの開口部によって、庭と内部空間の密接な関係や隣地との適度な距離を獲得している。
この住宅はツーバイ工法を採用し、2×4材を風車状に組み合わせた特徴的な卍柱が2本、1階と2階を貫いて現れている。この2つの卍柱を中心に各階の空間を構成し規律を整えた。その一方で、卍柱には規格化された小さな部材というツーバイ材の特徴を活かし、構造体から建具枠に至るスケールを横断した役割を与え、象徴性と身体性を持たせている。(長谷川欣則+堀越ふみ江)

A house that combines 2×4 materials in a windmill shape to create a space

This is a private residence for a couple and two children built-in Saitama Prefecture.
The request from the owner who runs a vintage furniture store was a large living space as a showroom for furniture. So what we thought was to create a one-room space with the highest ceiling as possible on the first floor, and to arrange the necessary rooms compactly for the family of four on the second floor. On an efficient rectangular plane, we cut part of it diagonally to make an opening. Large blocks of light coming from large diagonal openings are divided into the first and second floors with different spatiality. In addition, the diagonal openings make a close relationship with the garden in the site and keep an appropriate distance from the neighborhood. (Yoshinori Hasegawa + Fumie Horikoshi)

【QUARTER house】

所在地:埼玉県東松山市
用途:戸建住宅
竣工:2019年

設計:ウエノアトリエ UENOA
担当:長谷川欣則、堀越ふみ江
構造設計事務所:坂田涼太郎 / 坂田涼太郎構造設計事務所
施工:ピーススタイル

撮影:太田拓実

構造:木造
規模:地上2階
敷地面積:256.58m²
建築面積:59.45m²
延床面積:113.76m²
設計期間:2016.07-2018.06
施工期間:2018.07-2019.04

【QUARTER house】

Location: Saitama, Japan
Principal use: Residence

Architects: UENOA
Design team: Yoshinori Hasegawa, Fumie Horikoshi
Structure engineer: Ryotaro Sakata / Ryotaro Sakata
Contractor: PIECE STYLE

Photographs: Takumi Ota

Main structure: Wood
Building scale: 2 stories house
Site area: 256.58m²
Building area: 59.45m²
Total floor area: 113.76m²
Design term: 2016.07-2018.06
Construction term: 2018.07-2019.04