PROJECT

PROJECT2021.07.28

CREATORE with PLUS / 小松隼人建築設計事務所

4つの空間を横断的に体感する新しい働き方のショールーム

(English below)

働き方改革が話題になっている今、オフィスデザインのあり方が多様化してきているが、オフィス家具のショールームは依然として大都市圏に集中している。そのため、地方都市においてもオフィスデザインの情報確認、情報集積や発信できる場をつくることを目的として「CREATORE」が立ち上げられ、その第1号店として広島市内の中心市街地が敷地に選ばれ計画が始まった。

まず路面に対して間口の広い敷地を利用して、①外部の設えを内部まで延長させた路地的な構成で企業ガイダンス機能も兼ねる「レセプションスペース」、②セレクト家具とオフィスをつくり上げるためのサンプルを展示する「ディスプレイスペース」、③即物的に空間イメージをつくり上げる工房としての「ラボスペース」、④ワークプレイスのバリエーション展示と実際に利用できるスペースとしての「コワーキングスペース」といった、4つの利用形態に特徴ある空間を路面と並列に配置した。
利用者が4つの空間を横断的に体感することによって、①空間コンセプト→②空間デザイン・家具・素材セレクト→③デザインシュミレーション→④施工例の確認までの一連の流れを体験することができる。

また外部ファサードは統一性をつくらないデザインとすることで、人の流れが早いビジネス街に対してさまざまな空間を楽しむことができるシーンをつくり出している。〈CREATORE with PLUS〉が地方都市のオフィスデザインの拠点となり、企業活動の新しいイノベーションを起こすきっかけになればと考えている。(小松隼人)

A showroom with a new way of working that allows you to experience across four spaces

As people have now started talking about work style reform, office design is becoming more diverse, but office furniture showrooms are still centered in metropolitan areas. Due to this, “CREATORE” was launched with the aim of creating a place where information about office design can be confirmed, collected, and transmitted even in local cities. The plan has begun with the central city area of Hiroshima City being selected as the No. 1 store site.

First, a building site with a wide area facing the road will be used,
① “Reception space” that has the additional function of corporate guidance with an alley structure that extends the external structure to the inside, ② “Display space” that exhibits samples for creating select furniture and offices, ③ “Lab space” to be used as a workshop for creating spatial images in a practical way, ④ Spaces that have the features of four types of utilization are arranged parallel to the road, with displays of workplace variations and a “Co-working space,” that can actually be used. By allowing the user to experience the four spaces in a transversal way, they can consecutively experience ①Space concept →②Space design/furniture/material selection →③design simulation →④confirmation of construction examples.

In addition, the external facade is designed in a way that does not create uniformity, so it creates a scene where people can enjoy various spaces in a business district with a fast flow of people.
We hope that 〈CREATORE with PLUS〉 will become the base of office design in local cities and will be an opportunity to bring about new innovations in corporate activities. (Hayato Komatsu)

【CREATORE with PLUS】

所在地:広島市中区幟町13-11 明治安田生命広島幟町ビル1F
用途:ショールーム
クライアント:プラス
竣工:2020年

設計:小松隼人建築設計事務所
担当:小松隼人、大津拓海
統括コーディネート:濱本浩二(プラス)
インテリアスタイリング: 山田真佐江(Pino-style)、榎 千恵(CRAFT JOURNAL)
施工:大昌工芸

撮影:矢野紀行

工事種別:リノベーション
延床面積:323.47m²
設計期間:2019.09-2019.11
施工期間:2019.12-2020.02

【CREATORE with PLUS】

Location: 13-11, Meiji Yasuda Life Insurance Company Hiroshima Nobori-cho building 1F, Nobori-cho, Naka-ku, Hiroshima-shi, Hiroshima, Japan
Principal use: Showroom
Client: PLUS
Completion: 2020

Architects: Hayato Komatsu Architects
Design team: Hayato Komatsu, Takumi Otsu
Total coordination: Koji Hamamoto / PLUS
Interior coordination: Masae Yamada / Pino-style, Chie Enoki / CRAFT JOURNAL
Contractor: Taisho Kogei

Photographs: Toshiyuki Yano

Construction type: Renovation
Total floor area: 323.47m²
Design term: 2019.09-2019.11
Construction term: 2019.12-2020.02

Other works

PROJECT2021.06.23

瀬戸見の家 / 小松隼人建築設計事務所

地形に逆らわず瀬戸内海の多様な景色を取り込む家
PROJECT2021.06.09

周南の家 / 小松隼人建築設計事務所

周辺環境に合わせて諸室と8つの中庭を配した邸宅
PROJECT2021.06.02

八幡の家 / 小松隼人建築設計事務所

多方向の景色を繋いで築くもてなしの家