PROJECT

PROJECT2021.08.10

North Bondi House / James Garvan Architects

隣家と線対称にデザインされたファサードで光と風を取り込む住宅

(English below)

この住宅は、厳密な幾何学的構成、空間と光のダイナミックな利用、そして街並みとの強い関わりを優先することで、伝統的なコンテクストに応えている。シドニー郊外・ボンディの現代的な社会的・文化的な背景をよりよく反映させるため、伝統的なセミデタッチの住宅タイプを進化させることにした。

この住宅は装飾的な隣家と対をなし、典型的なセミデタッチドハウスの背景の中で、伝統的な切妻屋根の幾何学的なシンプルさ、明確さ、強さを利用している。

新しいファサードの形状は隣のファサードを鏡で映すようにつくったが、装飾はない。飾り気のないファサード正面は、3つの切妻が重なった形状の純粋さと明快さを強調しながら、隣家との形式的なつながりを維持している。

ダイナミックな前面と背面のファサードにより、屋外との強いつながり、前面通りからのプライバシー、そしてさまざまな温度条件に適応する能力が得られた。

このセミデタッチドハウスの中心部は以前は暗かったが、今では日中は太陽の光で満たされている。また建物前面と背面から空気を取り込み、開いた天窓から放出することで、家全体を自然に換気している。

素材の要素は抑えられているものの、質感やパターンの多様性、そして光や空間との相互作用によって、この住宅には豊かさと活力が与えられている。この抑制された素材によって、プロジェクトの形式的な構成は際立ち、設計意図は読みやすくなっている。

ボンディの裏通りに位置するこの住宅は、露出した場所に建ち、素材も控えめで切妻型の構成となっているため、新しいランドマークとなっている。緻密でシンプルな形状の正面は、伝統的なボンダイ・セミに代わるものであり、それとともに先進性も感じさせる。

遮るもののない前面の境界線と、ゆったりとしたセットバックで、新旧の対話が容易に読み取れ、街並みとの一体感が生まれている。ファサードに設けたダイナミックな木製引き戸のスクリーンはプライバシーとのバランスを保ち、通行人の視線や日射から住人を守っている。

住宅の中央には大きなボイドを設け、頭上には垂木の間に、開閉可能な天窓を連続して設置した。天窓は、パブリックスペースとプライベートスペースの分離、家の中心部への自然光と空気の流入、近隣からのプライバシーの確保といった要求を満たしている。(ジェームズ・ガーバン)

A house that captures light and wind with a façade designed to be line-symmetrical with the neighboring house

This ambitious and crafted home responds to its traditional context by prioritizing rigorous geometric composition, dynamic use of space and light, and a strong engagement with the streetscape. The optimistic intent is to advance the traditional semi-detached housing type to better reflect the contemporary social and cultural context of Bondi.

The unadvanced, ornate and traditional context inspired an optimistic, ambitious, and contemporary response.

Paired with its ornate neighbor and set amongst the backdrop of vernacular semi-detached houses, the project relies on the simplicity, clarity, and strength of the geometric reference to traditional gable-ended semi-detached houses.

The geometry of the new façade is a mirror of its neighbor but is stripped of ornamentation. The unadorned frontage gives primacy to the purity and clarity of the three staggered gabled forms whilst still maintaining a formal connection with its neighbor.

A strong connection to the outdoors, privacy from the street, and the ability to adapt the building to various thermal conditions was achieved via the fully operable and dynamic front and rear facades.

The previously dark core of this semi-detached home is now drenched in sunlight throughout the day and naturally ventilates the entire home, drawing air in from the front and rear and expelling it through the open skylights.

The restrained material palette relies on variety in texture and pattern and their interaction with light and space to provide a level of richness and vigor to the project. This restraint, in turn, accentuates the project’s formal composition and improves the design intent’s legibility.

Given its exposed location, restrained material palette, and gabled composition, the house stands as a new landmark in the back-streets of Bondi. The crisply detailed simple forms of the front façade offer an alternative to the traditional Bondi semi and, along with it, a sense of advancement.

The dialogue between the new and old is easily read with an unobstructed front boundary and a generous setback that openly engages the streetscape. This openness is balanced by the privacy offered by the dynamic timber batten screening that slides across the facades providing access, sun protection, or a veil from onlookers.

Whilst the new building envelope addressed the presentation to the streetscape and interfaced with the broader context, the reconfiguration of the internal arrangement was successful in creating a more dynamic engagement with natural light, space, and the landscape within the home.

A large void was dropped into the middle of the home and topped with a series of strategically placed openable skylights between the rafters. This satisfied the brief requirements of separation between public and private spaces and the injection of natural light and air into the core of the home whilst maintaining privacy from the neighbors to the north. (James Garvan)

【North Bondi House】

所在地:5, Midelton Avenue, North Bondi, NSW, Australia
用途:戸建住宅
クライアント:トム・カル
竣工:2019年

設計:ジェームズ・ガーバン・アーキテクチャー
担当:ジェームズ・ガーバン
施工:TC ビルド

撮影:キャサリン・ルー / kat lu

工事種別:リノベーション
構造:混構造
規模:2階建て
敷地面積:197.00m²
延床面積:180.00m²
設計期間:2018.06-2018.12
施工期間:2019.06-2019.12

【North Bondi House】

Location: 5, Midelton Avenue, North Bondi, NSW, Australia
Principal use: Residential
Client: Tom Cull
Completion: 2019

Architects: James Garvan Architecture
Design team: James Garvan
Contractor: TC Build

Photographs: Katherine Lu / kat lu

Construction type: Renovation
Main structure: Mixed structure
Building scale: 2 stories
Site area: 197.00m²
Total floor area: 180.00m²
Design term: 2018.06-2018.12
Construction term: 2019.06-2019.12