PROJECT

PROJECT2021.08.31

TEMPORARY STORE OF SSZ / ビームス クリエイティブ

編集と変換を繰り返して持続可能を提案する「SSZの仮店舗」

(English below)

セレクトショップ「BEAMS」のバイヤー兼ディレクターである加藤忠幸氏が手がけるブランド「SSZ」の期間限定ショップ〈TEMPORARY STORE OF SSZ〉が、渋谷のMIYASHITA PARK内のPOP UPスペースで開催された。
サーフ&スケートのカルチャーを表現するブランドとして、ビームス原宿店の一角に店舗を構えているSSZにとって、初の商業施設への出店となった。

本施設での設計条件として、約2カ月間の開催期間ということや、施設で事前に用意されている造作や什器、照明などを可能な限り利用することが条件として挙げられていた。
昨今、POP UPを設計・計画するうえでの課題は、「短期間の会期でのブランドの世界観の表現と運営」「初期投資を抑えたうえでの集客、売上げの向上」「サステイナビリティの観点からのアプローチ」などであり、さまざまな視点からのアウトプットが必要となる。
今回は、上記のような条件や課題を踏まえ、SSZとしてのショップの演出を試行錯誤した。

サブタイトルとして「SSZの仮店舗」と名付けた加藤氏の独特なセンスを表現するため、大掛かりな造作や仕上げを計画するのではなく、加藤氏自身に壁一面にステッカーを貼ってもらったり、スケートボードやフィギュアをディスプレイしてもらうことで、来店するお客様がSSZのフィロソフィーそのものに入り込めるような編集をした。

さらに今回は、機能の変換という試みも取り入れた。実際にビームスの物流拠点から商品の運搬に使用している折り畳みコンテナをレンタルし、それを積み上げて商品を陳列するというコンセプチャルな仕掛けを用意した。このコンテナ自体は会期後返却され、運搬用の箱としての機能に戻る。
そのほかオリジナルのダンボール箱やロゴ入りのビニールテープを製作するなどの編集や変換作業を繰り返して、このPOP UP STOREは出来上がった。

このスタイルは、ステッカーとコンテナと最低限の什器で構成されており、スペースさえあればどこにでも表現が可能である。それこそが今回、加藤氏が思い描く「SSZの仮店舗」に繋がると考えて空間の中に落とし込んだ。
次の会場は、スケートボードパークか海沿いの駐車場か…と想像が膨らむ。(ビームス クリエイティブ)

"SSZ temporary store" that proposes sustainability by repeating editing and conversion

Tadayuki Kato, the buyer and director of the select store BEAMS held a limited-time store〈TEMPORARY STORE OF SSZ〉at the POP-UP space in MIYASHITA PARK in Shibuya.
As a brand that expresses surf and skate culture, this was the first time for SSZ, which has a store in the corner of BEAMS Harajuku store, to open a store in a commercial facility.

The design requirement for this facility was to use the pre-made fixtures, furniture, lighting, etc., that were available at the facility during the approximately two-month period of the exhibition.
Nowadays, when designing and planning a POP-UP, it is necessary to have outputs from various perspectives, such as “expression and management of the brand’s world view in a short period,” “attracting customers and increasing sales with the low initial investment,” and “approach from a sustainable perspective.
This time, I went through a trial-and-error process of staging the store as SSZ, taking into account the above conditions and issues.

To express Mr. Kato’s unique sense of style, which he named “SSZ’s temporary store” as a subtitle, instead of planning extensive construction and finishing, Mr. Kato himself put stickers all over the walls. He displayed skateboards and figures so that visitors can enter into the philosophy of SSZ itself.

This time, we also tried to transform the function. We rented folding containers that are actually used for transporting products from the BEAMS distribution center, and piled them up to display the products in a conceptual setup. The container will be returned after the exhibition and will return to its original function as a transport box.
The POP-UP STORE was created through a series of edits and conversions, including original cardboard boxes and vinyl tape with the logo.
This style consists of stickers, containers, and a minimum of fixtures and can be expressed anywhere as long as there is space. This is precisely what Mr. Kato envisioned for his “SSZ temporary store” this time.
The next venue could be a skateboard park or a parking lot by the sea… the imagination runs wild. (BEAMS CREATIVE)

【TEMPORARY STORE OF SSZ】

所在地:東京都渋谷区神宮前6-20-10 RAYARD MIYASHITA PARK South 2階
用途: 店舗・アパレルショップ
クライアント:ビームス
竣工:2020年

設計:ビームス クリエイティブ
施工:ファイブカセット

撮影:ビームス クリエイティブ

延床面積:36.16m²
設計期間:2020.04-2020.07
施工期間:2020.07(3日間)

【TEMPORARY STORE OF SSZ】

Location: RAYARD MIYASHITA PARK South 2F, 6-20-10 Jingu-mae, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
Principal use: Shop, Apparel shop
Client: BEAMS
Completion: 2020

Architects: BEAMS CREATIVE INC.
Contractor: Five cassetto

Photographs: BEAMS CREATIVE INC.

Total floor area: 36.16m²
Design term: 2020.04-2020.07
Construction term: 2020.07 (3 days)