PROJECT

PROJECT2021.09.03

ソウルドアウト / ユニオンテック

タッチポイントを散りばめた街のようなオフィス

(English below)

10周年を機に、都内のオフィス集約と本社移転を行う1年かけてのプロジェクト。
アフターコロナのスタンダードオフィス。そこで働く社員にとって最大限のパフォーマンスを発揮できる環境とは何かを模索した。
コミュニケーションを促進するためのスペースを拡充し、さまざまなタッチポイントをオフィス空間に散りばめた。またそれらを不規則にレイアウトすることで、偶発的な出会いを生み出す、1つの街のような空間とした。(森田亮、金谷敬介、副島嗣正)

A city-like office studded with touch points

This is a year-long project to consolidate offices in Tokyo and relocate the headquarters on the occasion of the 10th anniversary.
We thought about what the standard office should be after Covid-19.
First, we searched for an environment that would allow the employees to maximize their performance – expanding spaces to promote communication. Various touchpoints were scattered throughout the office space, and by laying them out irregularly, we created a space that resembles a city to create accidental encounters. (Ryo Morita, Keisuke Kanaya, Hidemasa Soejima)

【ソウルドアウト】

所在地:東京都文京区後楽1-4-14後楽森ビル11F、19F
用途:事務所
クライアント:ソウルドアウト
竣工:2020年

設計:ユニオンテック
担当:森田亮、金谷敬介、副島嗣正
照明:オーデリック、大光電機、モデュレックス
観葉植物:ユニバーサル園芸社
施工:ユニオンテック

撮影:志摩大輔

工事種別:内装
延床面積:2314.70m²(11階)、1157.35m²(19階)
設計期間:2019.08-2020.08
施工期間:2020.08-2020.11

【SoldOut】

Location: Koraku Mori Bldg.11F/19F, 1-4-14, Koraku, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan
Principal use: office
Client: SoldOut
Completion: 2020

Architects: UNION TEC
Design team: Ryo Morita, Keisuke Kanaya, Hidemasa Soejima
Lighting: ODELIC, DAIKO ELECTRIC, ModuleX
Foliage plant: Universal Engeisha
Contractor: UNION TEC

Photographs: Daisuke Shima

Construction type: Interior
Total floor area: 2314.70m²(11th floor)、1157.35m²(19th floor)
Design term: 2019.08-2020.08
Construction term: 2020.08-2020.11

Other works

PROJECT2021.01.14

アクシス Innovation Base / ユニオンテック

イノベーションを起こしやすい環境をつくり地域活性化に繋げるオフィス