PROJECT
PROJECT2023.08.18

PHILOCOFFEA / BLANK.

要素を削ぎ落し本質を体現したフラッグシップカフェ

アジア人初のWORLD BREWERS CUP(WBC)を制した世界チャンピオン・粕谷 哲氏と船橋コーヒータウン化計画の発起人である梶 真佐巳氏が共同で設立したコーヒーカンパニーPHILOCOFFEAのフラッグシップカフェ。

コーポレートカラーでもあるBLACK & WHITEを基調としたモノトーンでミニマムな空間は、ここで体験できるスペシャリティコーヒーのように、余計な要素を最大限に削ぎ落とした「本質」で勝負する姿を表現し、あくまでもコーヒーとバリスタが主役となることを意識した。

また、店内空間の魅力を最大限に引き出すため、ファサードは限りなく「透明感」を意識し、フレームレスなガラスサッシと、全面開放可能なスライド折れ戸を採用し、「多くを語らずとも主張すること」を意識した。

店舗の前には公共の広場が広がり、穏やかな風と光が店内に優しく入り込む心地よい空間となった。(松山宗平)

A flagship cafe that embodies the essence by stripping away elements

The flagship cafe of PHILOCOFFEA, a coffee company, jointly established by Mr. Satoshi Kasuya, the first Asian world champion to win the WORLD BREWERS CUP (WBC), and Mr. Masami Kaji, the founder of the Funabashi Coffee Town Project.

The monotone, minimalist space, based on the corporate colors BLACK & WHITE, expresses the “essence” of the specialty coffee experience, which is stripped down to the bare minimum, with the coffee and baristas taking center stage.

In order to maximize the appeal of the interior space, the façade was designed with a sense of transparency in mind, with frameless glass sashes and sliding folding doors that can be fully opened, with an awareness of “making a statement without saying much.

A public plaza extends in front of the store, creating a pleasant space where gentle breezes and light gently enter the store. (Sohei Matsuyama)

【PHILOCOFFEA】

所在地:千葉県習志野市本大久保3-8-21プロシード京成大久保
用途:カフェ
クライアント:PHILOCOFFEA
竣工:2021年

設計:BLANK.
担当:松山宗平
スライド折れ戸サッシ:TOKO
施工:ヒカリワークス

撮影:中村 晃

工事種別:新築
構造:RC造
延床面積:130.26m²
設計期間:2021.03-2021.10
施工期間:2021.09-2021.11

【PHILOCOFFEA】

Location: 3-8-21, Motookubo, Narashino-shi, Chiba, Japan
Principal use: Cafe
Client: PHILOCOFFEA
Completion: 2021

Architects: BLANK.
Design team: Sohei Matsuyama
Sliding folding door sash: TOKO
Contractor: Hikari Works

Photographs: Akira Nakamura

Construction type: New Building
Main structure: Reinforced Concrete construction
Total floor area: 130.26m²
Design term: 2021.03-2021.10
Construction term: 2021.09-2021.11

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ