BUSINESS

ニューノーマル時代に高まる家庭菜園需要 野村不動産がJA世田谷目黒と「都市型体験農園サービス」の提供を今秋から開始

BUSINESS2020.08.27

野村不動産は、このほど世田谷目黒農業協同組合(JA世田谷)と業務提携契約を結んだことを発表しました(2020年8月)。
東京都世田谷区中町において、作付けから収穫まで本格的な体験農業を行うことができる「都市型体験農園サービス」の提供を2020年11月より開始します。先ずは野村不動産グループカスタマークラブ会員[*1]向けとし、来年度以降に会員以外への拡大を検討しています。

取組の背景・意義

「都市農地」は、新鮮な農産物の供給、災害に備えたオープンスペース、潤いある環境・景観形成等、多様な機能を有するグリーン・インフラとして、都市部における重要な役割を担っています。
一方、日本における農業従事者の減少・高齢化等の課題は年々深刻化しており、国は、都市農地の保全や機能維持のための新たな仕組みとして、「都市農地貸借法(都市農地の貸借の円滑化に関する法律)」を2018年に制定しました。これにより都市農地の貸借が緩和され、市民がさまざまなかたちで都市農業に関わる手段が徐々に整備・拡大されています。
これらを背景に、都市農地・農業のノウハウを持ち、農業のプロフェッショナルが揃うJA世田谷目黒と、都市部にて多数の分譲実績を持ち、約13万人の顧客組織を有する野村不動産が双方の強みを生かし、「都市型体験農園サービス」を開始するに至ったものです。
都市農地の保全・活用という利点に加え、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響により、家族と過ごす時間や自宅での食事の増加、健康への意識の高まり、レジャーの新しいあり方など、ニューノーマル時代に定着しつつある新しい生活様式において、都市農園が果たす役割への期待が大きくなっていくものと予想されます。

なお、経済産業省の最新商業動態統計速報[※2]では、全国のホームセンターにおける園芸関連商品の売上が、前年同月比20.3%増となっており、家庭菜園や食糧の自給自足へのニーズが今後、大きく高まっていくと同社では捉えています。(en)

サービスの内容

「都市型体験農園サービス」は、JA世田谷目黒のサポートのもと、作付けから収穫まで本格的な体験農業を行うことができるサービスです。農具の貸出、作付けの種・苗や肥料はすべてサービスに含まれており、初心者でも手軽に安心してさまざまな野菜づくりを楽しむことができます。
農園所在地:東京都世田谷区中町3丁目(東急大井町線「上野毛」駅徒歩9分)
体験農園面積:2,000m²超(JA世田谷目黒の組合員所有農地の一部)
サービス対象者:野村不動産グループカスタマークラブ[※2]会員(来年度以降は一般顧客への拡大を検討)
サービス開始時期:2020年11月(予定)
サービスに含まれるもの:JA世田谷目黒のサポートによる農業体験(種・苗・肥料提供、農具貸出等)
料金:1区画月額利用料5,000円(3.6m²あたり)、初回登録料5,000円(2021年3月までは利用料2,000円 / 月、初回登録料無料)

※1 野村不動産グループカスタマークラブ:野村不動産グループ3社(野村不動産、野村不動産アーバンネット、野村不動産パートナーズ)いずれかでお取引いただいたお客様の為の会員組織(入会費・年会費無料)。会員数約13万人(2020年7月時点)
※2 経済産業省 商業動態統計速報(PDF)2020年6月分(2020年7月30日発表)

  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • ニューノーマル時代に高まる家庭菜園需要 野村不動産がJA世田谷目黒と「都市型体験農園サービス」の提供を今秋から開始