BUSINESS

スノーピークが6600坪のまちづくりに参画

「野遊び」の要素を取り入れたアウトドアリビングほか監修

BUSINESS2021.12.23

新潟県三条市に本社を構えるスノーピークが、新潟土地建物販売センター(新潟県新潟市)と石田伸一建築事務所(新潟県新潟市)と協働して、新潟県新潟市西蒲区和納地区において、複合的な住宅街「野きろの杜」の開発を行うと発表しました。”まちびらき”は2022年10月を予定。

複合的住宅街「野きろの杜」プロジェクト

複合的住宅街「野きろの杜」竣工イメージ(左下から時計まわりに:コマーシャルエリア、ゲストハウス、広場 [中央]、戸建住宅、賃貸住宅 [画面右下] )/ 公式サイト開示資料「パンフレット」より

スノーピークでは、2015年より、自然を身近に感じる住まいや暮らしを提案する「アーバンアウトドア事業」を展開しており、住宅向けの商品ラインナップを強化するほか、マンション開発、分譲地開発などへの参画を積極的に進めています。

これまで、戸建て分譲地における、同社のまちづくりへの参画は、新潟県新潟市「天野エルカール」(2018年春竣工)におけるコミュニティづくりのプロデュース、山形県山形市「山形エコタウン前明石」(2019年6月竣工)があり、今回の計画で3事例め。約6600坪という大規模なまちづくりは、スノーピークとして初の取り組みとなります。

スノーピークでは、まちの広場の監修と「アウトドアリビング」を担当。同社がキャンプ事業で培った経験をコミュニティづくりに生かすもので、前例「山形エコタウン前明石」でも行っている、住宅に「野遊び」の要素を取り入れるとのこと。

これらの計画を含め、プロジェクト全体で7つのコンセプトを掲げています。

7つのコンセプト
1.野遊びでつながる街
2.木材の地産地消
3.アウトドアリビングのある住まい
4.景観を維持するガイドライン
5.新しい賃貸住宅の提唱
6.交流を生み出すマルシェ
7.8区画の平屋エリア

複合的住宅街「野きろの杜」プロジェクト

「野きろの杜」のネーミングは、当地に古くからある和納(わのう)に由来します。「和」の字を構成する「ノ」「木」「ロ」を新しい読み方に変え、野が広がり、木々が育ち、人と人をつなげる路(みち)が広がる姿をイメージしています。

「野きろの杜」ロゴマーク

「野きろの杜」プロジェクトでは、3社の知見や経験を活用し、短絡的な利便性や収益性ではなく、中長期的な視点で街を育て、魅力を増進するとともに、生活の質の向上を図り、新しい街と住まいの在り方を提案する計画です。(en)

物件概要

名称:野きろの杜(読み:のきろのもり)
所在地:新潟県新潟市西蒲区和納1358番
不動産開発、全体企画管理:新潟土地建物販売センター
住宅設計、共有部空間デザイン:石田伸一建築事務所(SIA inc. )
アウトドアリビング・広場 監修:スノーピーク
竣工(まちびらき予定): 2022年10月
売主:新潟土地建物販売センター

「野きろの杜」公式Webサイト(2021年12月1日オープン)
https://nokiro-no-mori.jp/

詳細・スノーピークプレスリリース(2021年12月1日)
https://www.snowpeak.co.jp/news/p20211201/

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

スノーピーク(Snow Peak)関連記事

CULTURE2020.07.16

〈Snow Peak LAND STATION HAKUBA〉グランドオープン

隈研吾氏が宿泊棟トレーラーハウスも手がけた体験型複合施設
BUSINESS2020.11.04

スノーピークとJR九州が包括連携協定を締結

アウトドアを通じた地域の魅力向上や観光誘致へ協働
CULTURE2021.03.16

「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」4/15開業

LIXIL住宅研究所×スノーピークで徳島にオープン
BUSINESS2022.01.17

ゴルフ場の真ん中でキャンプ!

スノーピークビジネスソリューションズと提携、森ビルグループ傘下の名門ゴルフ場が密回避の新サービスを展開
BUSINESS2022.05.05

“野遊び×衣食住働遊”の世界観を表現

スノーピークが”LIFE BIOTOPE(ライフビオトープ)”をコンセプトに二子玉川に新業態店舗をオープン
  • TOP
  • BUSINESS
  • MANAGEMENT
  • スノーピークが6600坪のまちづくりに参画:「野遊び」の要素を取り入れたアウトドアリビングほか監修
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ