BUSINESS

ゴルフ場の真ん中でキャンプ!

スノーピークビジネスソリューションズと提携、森ビルグループ傘下の名門ゴルフ場が密回避の新サービスを展開

BUSINESS2022.01.17

森ビルグループ傘下のホテルを併設したゴルフ場に、キャンプ、ワーケーション、オフサイトミーティングを行える施設が昨年、新設されました。

森ビルグループにおける、企業や個人の意識の変化に対応したまちづくりの一環として、同グループ傘下の宍戸国際ゴルフ倶楽部が、茨城県内の敷地面積33万坪のゴルフリゾート[静ヒルズカントリークラブ]での新たなサービスのために設けたもので、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大により密回避が求められる、ポストコロナ・ニューノーマル時代において、ゴルフ場としての従前の役割を再定義した取り組みとして注目されます。

静ヒルズカントリークラブ「CAMPING OFFICE IBARAKI・SHIZU」

静ヒルズカントリークラブ 鳥瞰

本件において、森ビルと宍戸国際ゴルフ倶楽部では、ビジネスに「野遊び」を取り入れ、自然に触れながら気持ちの良いワークスタイルを広めていくことを企業理念に掲げる、スノーピークビジネスソリューションズ(愛知県岡崎市)とパートナーシップを結んでいるのも注目です。

同社は「密にならない開放的な空間で、安心して対面コミュニケーションがとれる環境をつくる」、「コミュニケーション課題を解決し、社員の関係性向上を図る機会を創出する」といった、コロナ禍における企業が抱えるさまざまな問題を、同社が展開するキャンプギアと、屋外研修のノウハウで解決する支援を行なっています。

静ヒルズカントリークラブの敷地内には、スノーピークビジネスソリューションズが展開する「CAMPING OFFICE(キャンピングオフィス)」の提携施設として、2020年6月に施設[CAMPING OFFICE IBARAKI・SHIZU]がオープン。さらに、同年11月より、静ヒルズホテルにおいても、スノーピークの洗練されたキャンプギアをはじめ、必要な設備や道具類が揃えられ、手ぶらでキャンプが楽しめます。

静ヒルズカントリークラブ「CAMPING OFFICE IBARAKI・SHIZU」

企業合宿のイメージ、共同してテントを設営する様子(CAMPING OFFICE IBARAKI・SHIZU 敷地内にて)

静ヒルズカントリークラブ「CAMPING OFFICE IBARAKI・SHIZU」

テント下でアウトドア・ミーティング(イメージ)

静ヒルズカントリークラブ「CAMPING OFFICE IBARAKI・SHIZU」

焚火を囲んでの団欒・ミーティングイメージ

静ヒルズカントリークラブは、プロゴルファーの中嶋常幸氏が設計監修した、1番から18番ホールを有するゴルフリゾートです。
同施設に問い合わせて確認したところ、全コースは通常通りに営業中とのこと。本稿1枚目の写真に見られるように、コース上の池のほとりでテントを張ってキャンプを楽しむ人の向こうを、ゴルフを楽しむ人のゴルフカートが移動していたりと、双方の安全を確保したうえで、グリーン上の両者は共存関係にあります。

静ヒルズカントリークラブ

静ヒルズカントリークラブ

フリーワーキングスペース利用イメージ

各種料金プランは、企業や団体の研修・合宿・オフサイトミーティングなどの活用を想定しているほか、子連れのファミリー向けに料金も各種設定され、アウトドアミーティング、BBQ(バーベキュー)、焚火などを、緑の天然芝が広がるゴルフコースの真ん中で行えるよう、設備が整えられています。
ゴルフ併用の場合、既存設備を活かし、ゴルフと仕事が両立したワ―ケーション環境を提供。毎日9ホールのプレーが可能で、PAR3コース、ドライビングレンジ、アプローチとパターの練習場も使い放題。フリーワーキングスペースも利用できます。

各社は今後も提携して、ポストコロナ時代の新たなワークスタイルの実現に向けて協働していく計画です。(en)

サービス概要

実施施設の名称:CAMPING OFFICE IBARAKI・SHIZU
住所:茨城県常陸大宮市小場5766(静ヒルズカントリークラブ内)
主なプランと料金(1人あたり、税込):
「日帰りディナープラン」27,000円
「1泊2日宿泊プラン」45,500円

「日帰りディナープラン」を企業合宿に利用した例
13:00 現地集合、テント設営
14:00 テント下でアウトドア・ミーティング
17:00 夕食準備、BBQ(バーベキュー)
18:30 焚火を囲んでの団欒・ミーティング
※オプションメニュー:ゴルフ体験、ゴルフレッスン
20:00 終了・解散

サービス開始:2021年6月1日
詳細
https://www.hillsgolf.jp/shizuhotel/campingoffice/

実施施設の名称:静ヒルズホテル
住所:茨城県那珂市静1678 静ヒルズ&グランピングリゾート
主なプランと料金(1人あたり、税込):
「手ぶらプレミアムキャンプ1泊夕朝食付きプラン」
大人(中学生以上):18,700円~/ 子供(小学生):11,000円~/ 子供(未就学児3歳~):5,500円~
サービス開始:2021年11月

「手ぶらプレミアムキャンプ1泊夕朝食付きプラン」利用例
<1日目>
15:00 チェックイン、ゴルフコースを散歩
15:30 芝生広場で設営体験、ゴルフ体験など
17:00 アウトドアディナー
19:00 焚火を囲んでの団欒
21:00 入浴22:00、就寝
<2日目>
8:00 朝食
9:30 チェックアウト

詳細
https://www.hillsgolf.jp/shizuhotel/camping/

宍戸国際ゴルフ倶楽部プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000090314.html

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

スノーピーク(Snow Peak)関連記事

CULTURE2020.07.16

〈Snow Peak LAND STATION HAKUBA〉グランドオープン

隈研吾氏が宿泊棟トレーラーハウスも手がけた体験型複合施設
BUSINESS2020.11.04

スノーピークとJR九州が包括連携協定を締結

アウトドアを通じた地域の魅力向上や観光誘致へ協働
CULTURE2021.03.16

「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」4/15開業

LIXIL住宅研究所×スノーピークで徳島にオープン
BUSINESS2021.12.23

スノーピークが6600坪のまちづくりに参画

「野遊び」の要素を取り入れたアウトドアリビングほか監修
CULTURE2022.02.05

隈研吾設計〈FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS〉

スノーピーク初の温浴施設併設の体験型複合リゾートが三条市の本社エリアに4/15開業
BUSINESS2022.05.05

“野遊び×衣食住働遊”の世界観を表現

スノーピークが”LIFE BIOTOPE(ライフビオトープ)”をコンセプトに二子玉川に新業態店舗をオープン

アウトドア関連記事

CULTURE2020.07.02
北欧Hyggeを体感するアウトドアフィールドが三重県いなべ市に2021年3月開業、デンマークとの官民共同プロジェクトが始動
BUSINESS2020.07.17
遊休化している公共施設をアウトドアリゾートへと再生させる新事業をコスモスイニシアが開始
CULTURE2021.01.29
生物建築舎が設計したモバイルハウスをキャビンとするアウトドアホテル〈TENAR〉が長野県安曇野市ほか2フィールドにオープン
CULTURE2021.05.19

福岡「海の中道海浜公園官民連携推進事業」

「パーク・ツーリズム」をテーマにした滞在型レクリエーション拠点が来春オープン
PRODUCT2021.11.07

アウトドアガレージブランド・ウィーノーイナフの「焚き火台」販売開始

建築家・岡田宰とUI/UXデザイナー・石原亮が設立
  • TOP
  • BUSINESS
  • SERVICE
  • ゴルフ場の真ん中でキャンプ!スノーピークビジネスソリューションズと提携、森ビルグループ傘下の名門ゴルフ場が密回避の新サービスを展開
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ