CULTURE

【予告編公開】ドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』10月公開、撮影・監督はホンマタカシ

CULTURE2020.09.03

2020年8月14日初掲
9月3日予告編リンク追記

東京・渋谷のユーロスペースにて、ドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』が、10月3日(土)より公開されます。

妹島和世は、〈金沢21世紀美術館〉や〈ルーブル美術館ランス別館〉など、国内外で数多くの建築作品を手掛けている、現代日本を代表する建築家の一人。2010年には建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞を、共にSANAAを率いる建築家の西沢立衛氏と受賞。最近では、妹島氏がデザインを監修した西武鉄道の車両〈Laview〉が、鉄道友の会が主催するアワード・ブルーリボン賞を受賞しています。

【TECTURE MAG】記事(2020/06/06)
妹島和世デザイン監修の車両〈Laview〉がブルーリボン賞を受賞
https://mag.tecture.jp/culture/20200606-7009/

本作は、妹島氏が設計した〈大阪芸術大学アートサイエンス学科 新校舎〉が建設され、2018年11月に竣工を迎えるまでの様子を記録したドキュメンタリー作品です。設計の構想から竣工までの3年6カ月という時間を追い、一人の建築家がひとつの建築に向き合う姿を鮮明に描き出していきます。

撮影と監督は、ル・コルビジェ、丹下健三など、数々の建築物を撮影してきた写真家のホンマタカシ。1990年代に妹島と出会い、それ以来、妹島の建築作品を撮影してきました。ホンマの映像の力が、妹島の作品を通して「もう一つの作品」を作り上げました。

本作は日本に留まらず、多くの方に観覧してほしいという観点から、公開する本編映像には英語字幕が付きます。(DF)


#シネマトゥデイYouTube公式チャンネル「映画『建築と時間と妹島和世』予告編」(2020/09/02)

映画『建築と時間と妹島和世』
英語題:Architecture, Time and Kazuyo Sejima
撮影・監督:ホンマタカシ
出演:妹島和世
製作:大阪芸術大学
ポスターデザイン:長嶋りかこ
2020年 / 日本 / カラー / 16:9 / 60分 / 英語字幕付き
配給:ユーロスペース http://www.eurospace.co.jp/
映画『建築と時間と妹島和世』公式ウェブサイト https://kazuyosejima-movie.com/
Copyright 2020 Osaka University of Arts. All Rights Reserved.

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 【予告編公開】ドキュメンタリー映画『建築と時間と妹島和世』10月公開、撮影・監督はホンマタカシ