CULTURE

創造系不動産メンバー共著『建築学科のための不動産学基礎』を読めば、社会課題と設計が結びつく!

CULTURE2020.12.27

不動産仲介、建築不動産コンサルティングを行なっている創造系不動産(代表 高橋寿太郎)から、共著『建築学科のための不動産学基礎』が刊行されました。12の章立ての執筆を、建築士や不動産コンサルタントなどの資格を有する、同社のメンバーがそれぞれ担当。また、書籍の装丁をエイトブランディングデザイン(代表 西澤明洋)が手がけています。
以下は、版元の書籍紹介ページからの引用です。

内容
建築学生が不動産を学ぶことで、社会課題と設計が結びつく。住宅・オフィス・商業施設分析、不動産近現代史、マーケティング・ファイナンス・仲介業入門、さらにはシェアリングエコノミー・保存と再生・地方の問題まで、不動産思考で捉え直すと、建築と社会・経済の関係が見えてくる。将来の設計者に贈る、一生役立つ必携書。

目次
1章 『建築系不動産概論』―建築学と不動産学のあいだの壁を超える
2章 『住宅定量分析概論』―日本の住宅市場のデータに触れる
3章 『近現代不動産史概論』―不動産の歴史と所有権
4章 『不動産仲介論』―不動産仲介の仕事の全体像
5章 『不動産マーケティング概論』―不動産マーケティングという概念
6章 『不動産ファイナンス概論』―建築プロジェクトにおけるファイナンス
7章 『不動産シェアリング概論──働く場と暮らしの変化』
8章 『商業不動産概論―ショッピングセンターの過去・現在・未来』
9章 『再生不動産概論―保存と継承とリノベーション』
10章 『地方不動産概論―ローカル不動産の可能性』
11章 『補論1──デザインとお金の交差点にあるいくつかの知識』
12章 『補論2──経営思考を養ういくつかの視点』

『建築学科のための不動産学基礎』

著者(共著):高橋寿太郎、須永則明、廣瀬武士、野々垣賢人、安藤美香、前田凌児、藤谷 幹、佐竹雄太、山岸亮太、川原聡史、甲斐由紀、本山哲也
装丁:エイトブランディングデザイン / 西澤明洋・渡部孝彦・饗庭夏実
判型:四六版
ページ数:320
定価:本体2200円+消費税
ISBNコード:978-4-7615-2763-1
発行日(奥付の日付):2021年1月1日
発行元:学芸出版社
http://book.gakugei-pub.co.jp/gakugei-book/9784761527631/

  • TOP
  • CULTURE
  • BOOK
  • 創造系不動産メンバー共著『建築学科のための不動産学基礎』を読めば、社会課題と設計が結びつく!