CULTURE

隈研吾氏が手がけたクラブハウスが完成

FC町田ゼルビアの新拠点はCLTを採用したハイブリッド構造

CULTURE2022.03.20

『TECTURE MAG』にて昨年7月に伝えたニュースの続報です。
隈研吾建築都市設計事務所が設計した、サッカーJリーグ所属のクラブチーム・FC町田ゼルビアのクラブハウスが先ごろ竣工。2月11日に完成披露会が行われています(プレスリリース)。

完成披露会に出席した隈氏によれば「明るくてあたたかいクラブハウスを目指して設計した」とのこと。選手のロッカールームなど、内装にも木材を多用し、木材ならではのあたたかみのある空間が演出されています。

FC町田ゼルビア クラブハウス

TJIジョイストを用いた垂木部分

建物は、鉄骨造とCLT(Cross Laminated Timber / 直交集成板)とのハイブリッド構造となっています。

全体の施工監理と、主に木部分の調達・施工などを担当したナイスのプレスリリースによれば、鉄構造のブレース付きラーメン構造で、屋根を木造とするハイブリッド構造が採用されているとのこと。
野地板には、CLTを約34m²使用しているほか、屋根を支える垂木にも、軽量かつ高い強度と安定性を備えた新素材「TJIジョイスト」を約14m²使用しています。鉄骨のフレームに「TJIジョイスト」を架けることで、チーム名の「ゼルビア」の由来でもあるケヤキ(英語名:Zelkova / ゼルコヴァ)の枝が広がっているようなイメージでのフレームの構成です。

FC町田ゼルビア クラブハウス

緑の芝へと視線を誘導する吹き抜け空間

エントランスは全面ガラス張りで、開放感のある吹き抜け空間に。建物の前面に広がる天然芝との一体感を意識しています。

外壁は、大小さまざまな大きさの窓をリズミカルに配置。クラブハウスの屋根も、ボールが跳ねるようなイメージで、大きく斜めに跳ね出す形状に。建物全体で躍動感を与えるようなデザインとなっています。

FC町田ゼルビア クラブハウス

事業主:ゼルビア
設計・監理:隈研吾建築都市設計事務所
施工:ナイス
建築面積 :1,107.86m²
延床面積:1,775.21m²
構造:鉄骨造一部木造2階建て、鉄骨造平屋建て
工期:2021年4月~2022年1月

FC町田ゼルビア 公式ウェブサイト
https://www.zelvia.co.jp

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

FC町田ゼルビアの新拠点 概要発表

CULTURE2020.07.01

隈研吾建築都市設計事務所がFC町田ゼルビアのクラブハウスを設計

隈研吾建築都市設計事務所がFC町田ゼルビアのクラブハウスを設計

隈研吾建築都市設計事務所 プロジェクト TOPICS

FEATURE2020.12.14
【内覧会Report】隈研吾設計 東工大〈Hisao & Hiroko Taki Plaza〉が竣工、大友克洋原画の陶板レリーフがお目見え
FEATURE2021.06.25
内覧会Report: 隈研吾デザインによる公共トイレ〈森のコミチ〉が渋谷区鍋島松濤公園にオープン
FEATURE2021.08.05

【会場レポート】「隈研吾展 新しい公共性をつくるための😸の5原則」

東京国立近代美術館にて9月26日(日)まで
FEATURE2021.09.23
早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー)が10/1開館、設計は隈研吾氏が担当【内覧会レポート】
CULTURE2021.11.11
隈研吾建築都市設計事務所がフランスで設計したサン・モーリス大聖堂の保護プロジェクト〈La Galilée de Saint-Maurice d'Angers〉
CULTURE2022.02.05

隈研吾設計〈FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS〉

スノーピーク初の温浴施設併設の体験型複合リゾートが三条市の本社エリアに4/15開業
CULTURE2022.03.10

〈南三陸311メモリアル〉今秋開館予定

隈研吾設計の震災伝承施設が団体予約の受付を開始
CULTURE2022.05.10

隈研吾氏が東海市横須賀町の新施設を設計

地域と調和した外観デザイン、映像を活用した交流施設に

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • FC町田ゼルビアの新拠点が完成、設計は隈研吾建築都市設計事務所
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ