CULTURE

KDaがデザインした檜のファサードを有する〈カルティエ 心斎橋ブティック〉が5/20に移転オープン

CULTURE2021.06.09

大阪・心斎橋に〈カルティエ 心斎橋ブティック〉が2021年5月20日にオープンしました。
2000年に関西の旗艦店としてオープンしたブティックが、南船場3丁目から西心斎橋2丁目に移転したもので、木の温もり溢れるファサードから光を取り入れた、明るく開放的な店内には、ジュエリー、ウォッチをはじめ、レザーグッズや、昨年よりカルティエが本格的に展開をスタートしたフレグランス、インテリアを彩るオブジェやアクセサリーなど、幅広い製品を取り揃えています。

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

ファサードのデザインを手がけたのは、クライン ダイサム アーキテクツ(Klein Dytham architecture: KDa)。サステナビリティの観点から、素材には日本の社寺建築などに古くから用いられてきた国産のヒノキを採用。職人のクラフツマンシップによって丁寧にかたちづくられた枡形のウッドピースを積み上げた有機的なファサードは、歴史と近代性を兼ね備える御堂筋の街並みに溶けこむよう、デザインされています。

クライン ダイサム アーキテクツ(Klein Dytham architecture: KDa)

クライン ダイサム アーキテクツ(KDa)の主要メンバー
左から、アストリッド・クライン、久山幸成、マーク・ダイサム

KDaがデザインした〈カルティエ 心斎橋ブティック〉のファサードは、昼は自然光が木の質感を際立たせ、グラフィカルな印象に。夜になると、木漏れ日のような優しい光で御堂筋をやさしく照らし、昼夜で異なる表情で道行く人々を魅了します。

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

店内のインテリアデザインは、フランス・パリにスタジオを構える、建築家でインテリアデザイナーのブルーノ・モワナー(Bruno Moinard)氏が担当。同氏は、世界各地のカルティエのブティックをはじめ、東京・銀座の〈カルティエ 心斎橋ブティック〉のインテリアも手がけています。

〈カルティエ 心斎橋ブティック〉では、大阪の文化、歴史、自然環境とエレガンスを組み合わせ、空間を構成する細部にいたるまでこだわり、よりフェミニンでモダンな空間としてブティックに命を吹き込んだとのこと。

店内のレイアウトは、曲線的な建物のエントランスから、桜の花びらにちなんだカラーを基調とするウィメンズエリアが広がり、さらに奥の正面には、大きなアートウォールが来店者を迎えます。これは大阪出身のアーティスト・安喜万佐子(やすき まさこ)氏が手掛けたもので、日本の伝統とカルティエとの出逢いを象徴する作品として位置づけられています。

カルティエ 心斎橋ブティック

店内を飾るインテリアの重要なモチーフの1つはカルティエの象徴であるパンテール(豹) © Cartier

作品のテーマは、大阪の都市としての歴史と関係が深い「水」。金箔によって浮かび上がる古代の海岸松を、水鏡に映るように配置し、それを包み込むようにして、現代の御堂筋の美しいイチョウが膠(にかわ)で描かれています。
古来の表現を現代に引き継ぐ水のかたちをプラチナ箔で、そこに堂々と立つ、カルティエの象徴であるパンテール(豹)を焼き銀箔によって表現しています。

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

螺旋階段で2階に上がると、華やかで色彩溢れる空間が広がります。

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

インテリアデザインのハイライトの1つが、店内のシャンデリアです。1階は、ホワイトガラス、コパーメッシュ、透明ガラスの3層から成る手吹きガラス製。2階には、白い磁器で植物の繊細さを見事に表現したデザインのものと、ベネチアンガラスのモダンなシャンデリアと、あわせて3つの異なる意匠のシャンデリアがブティックを彩ります。

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

ユニークで洗練されたインテリアを取り入れたサロンスペースには、カルティエの伝統的なパンテールのスポッツモチーフが、御堂筋を想起させるイチョウに変化する、漆塗りの作品が飾られています。パリで3代続く漆工房、アトリエ・ミダベインが手掛けたもので、カルティエにとって初のパンテール作品に登場したスポッツモチーフのグラフィカルさを見事に捉えています。

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

カルティエ 心斎橋ブティック

© Cartier

今回の移転リニューアルオープンを記念し、同店では特別コンテンツを展開。ブティック内のQRコードを読み取ると、カルティエの象徴である煌めくパンテールがスマートフォン画面に登場するというもので、舞い散ると足跡も現れます。AR技術を駆使したこのデジタルアニメーションは、2021年6月20日までブティックにて楽しむことができます。

カルティエ 心斎橋ブティック

特別デジタルコンテンツ「Panthere AR Content」イメージ © Cartier

また、〈カルティエ 心斎橋ブティック〉では、国内初の試みとして、デジタルプレゼンテーションが可能な大型モニターを設置。来店者との新たなコミュニケーションの最新技術で提供します。
クロークとBARカウンターも用意し、「Maison=家」という意にふさわしく、訪れた人にふさわしい1点を見つけ出すための、唯一無二のひとときと、くつろぎを提供します。

カルティエ 心斎橋ブティック

開業日:2021年5月20日
所在地:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-3(Google Map)
営業時間:12:00-20:00

カルティエ(Cartier)公式Webサイト 店舗案内
https://stores.cartier.com/en_au/japan/osaka/osaka-shi/shinsaibashi-plaza-building-shinkan,-3-12-21-minamisenba

カルティエ 関連記事

PRODUCT2021.02.07
カルティエ現代美術財団がAR体験アプリ「Night Vision 20/20」の無料配信を開始
COMPETITION & EVENT2021.02.17
田根 剛、真鍋大度、齋藤精一らが登壇するオンラインセミナー2/19開催、サントス ドゥ カルティエ主催

KDa(クライン ダイサム アーキテクツ)関連記事

CULTURE2021.03.25
クライン ダイサム アーキテクツが建築デザイン監修とインテリアデザインを手がけた〈toggle hotel suidobashi〉が都内に4/1開業
CULTURE2021.03.18
伊東豊雄氏が代表を務めるNPO法人HOME-FOR-ALLがメッセージ動画「みんなの家 東日本大震災から10年を迎えて」を公開
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • KDaがデザインした檜のファサードを有する〈カルティエ 心斎橋ブティック〉が5/20に移転オープン