CULTURE

オランダ・ユトレヒトにオープンするデジタルアート施設〈Nowhere〉がチームラボ作品を常設

CULTURE2020.08.25

アート集団・チームラボ(teamLab)は、オランダ・ユトレヒトに建設中の複合施設〈Wonderwoods〉の1階に、2024年にオープンする予定のデジタルアート施設〈Nowhere〉に、作品を常設展示することを発表しました(2020年8月25日プレスリリース)。

〈Wonderwoods〉は、ユトレヒト中央駅の西側「Jaarbeurs Boulevard」地区の一角における再開発事業です。360本以上の樹木と、個数にして9,649もの植物が、65,000平方メートルの建物表面積を彩るビジュアルが、事業開発者である G&S Vastgoed社によってすでに発表されています(建築設計:Stefano Boeri / Stefano Boeri Architetti + Roberto Meyer / MVSA Architects )。

〈Wonderwoods〉プロジェクト詳細 https://www.gensvastgoed.nl/project/wonderwoods/

〈Wonderwoods〉外観

〈Wonderwoods〉外観(画像提供: Vero Digital )

G&S Vastgoed社 クリエイティブ開発責任者 Jet Happel氏コメント:
「世界で活躍するアートコレクティブのチームラボが、〈Nowhere〉全体を使って展示することをとても嬉しく思います。私たちには”Serving the City”という哲学があり、ユニークなコンセプトに基づき、世界的に有名なアートコレクティブをユトレヒトに迎えることができ、とても光栄です。私たちは、世界中から訪れる人々が、象徴的なランドスケープとしての〈Wonderwoods〉を楽しむだけでなく、デジタルアートのプレイグラウンドに没入できるようにします。この都市開発は、隣接した地域だけでなく、ユトレヒトという都市に刺激を与えるものです。」

〈Nowhere〉ファウンダー&ディレクター Jeroen van Mastrigt氏コメント:
「オランダはデジタルに対する意識が高い国なので、デジタルテクノロジーによるアートを制作する集団や展覧会にとって、最高の場所だと思います。Nowhereは、多くの人々のために、未来をより魅力的に楽しいものとし、オランダの美術館やアトラクション業界にとって、貴重な存在になることを約束します。そして、チームラボの個展を実施することを決めたことは、この想いと一致しています。デジタルと物理的な世界との合間に存在する、行間のような場所Nowhere。”余白”であるからこそ、どちらの世界からも影響を受けながら、人々の行為によって、生み出されていく空間である。」

〈Wonderwoods〉外観

〈Wonderwoods〉外観(画像提供: Vero Digital )

〈Nowhere〉は、ヨーロッパ初のイマーシブなデジタルアートのためのスペースとして計画され、伝統的な美術館やギャラリーの概念を越え、来場者の参加を促す、五感に訴える、新しいタイプのインタラクティブなデジタルアートを展示する予定です。

チームラボの常設展示は、計画床面積3,000平米というスケール感を活かした、複雑で立体的な空間となる予定で、強い身体性を伴い、身体(からだ)ごとインタラクティブな世界に没入できる、チームラボの作品群と、「Athletics Forest(運動の森)」と「Future Park(未来の遊園地)」で構成されます。


#チームラボ公式YouTubeチャンネル「teamLab Borderless, Athletics Forest / チームラボボーダレス、チームラボアスレチックス 運動の森」(2018/06/11)

「運動の森」は、「身体で世界を捉え、世界を立体的に考える」をコンセプトに、脳の海馬を成長させ、空間認識能力を鍛える新しい「創造的運動空間」です。「未来の遊園地」は、共同的な創造性、共創(きょうそう)をコンセプトにした教育的なプロジェクトであり、他者と共に世界を自由に創造することを楽しむ”遊園地”です。


#チームラボ公式YouTubeチャンネル「teamLab: Living Digital Forest and Future Park / 花舞森林与未来游乐园」(2017/06/27)

チームラボはこれまでに、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。また、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に作品が永久収蔵されています。(en)

チームラボ 公式ウェブサイト
https://www.teamlab.art/jp/

Nowhere 公式ウェブサイト
https://www.nowhereartspace.com

Wonderwoods 公式ウェブサイト
https://www.wonderwoods.com


【TECTURE MAG】2020年8月9日掲載
【描いてみた】チームラボ 家のテレビがアートになりステイホームでも世界とつながっていく新たなアートプロジェクト
https://mag.tecture.jp/product/20200809-11361/

【TECTURE MAG】2020年7月25日掲載
ザハ・ハディドが設計した韓国・ソウルの 〈DDP〉でチームラボがアート展「teamLab: LIFE」を開催
https://mag.tecture.jp/event/20200725-10443/

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • オランダ・ユトレヒトにオープンするデジタルアート施設〈Nowhere〉がチームラボ作品を常設