CULTURE

浮遊するリングのミラノ五輪メインアリーナ

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツが設計した〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉

CULTURE2022.03.24
〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツ

© Onirism Studio

先日、北京2022オリンピックが閉幕しました。次回の冬季オリンピックは、イタリア・ミラノで開催される予定です。

ミラノ2026冬季オリンピックのメインアリーナとして使用されるデビッド・チッパーフィールド・アーキテクツが設計した〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉のデザインが公開されました

(以下、David Chipperfield Architectsから提供されたプレスキットのテキストの抄訳)

〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツ

© Onirism Studio

ミラノ市の南東部に位置し、市街地からわずか数km、高速鉄道網と高速道路に接続された新しい都市地区として再開発が進められているミラノ・サンタジュリア。

フォスター アンド パートナーズのマスタープランに基づき開発されている、住宅、教育、商業、レジャー、そして広大な公園からなる新市街地の中心となるのが、最大16,000人が来場できるスポーツや文化イベントに対応した新しいアリーナ〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉である

〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツ

© Onirism Studio

古代の円形劇場をモチーフとしたデザイン

2026年初めに開催される冬季オリンピックの会場となり、その後も大規模なコンサートやスポーツイベント、フェスティバルの利用を予定している。また、イベント開催時以外でも、広い屋外スペースは、近隣の人々だけでなく、都市全体の人々の新たな交流の場となることだろう。

Arupとデビッド・チッパーフィールド・アーキテクツ・ベルリンのコラボレーションによって設計されたアリーナは、敷地の最南端に配置することで、敷地の北側には10,000を超える広々とした広場が生まれ、屋外イベントの会場としても利用できるようになっている。楕円形のフォルムは、古代の円形劇場にインスピレーションを受け、現代の地形学と素材で再解釈されたものである。

〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツ

© Onirism Studio

浮かび上がる3つのリング

このアリーナは高いレベルの地盤に建ち、道路レベルから切り込まれた広い階段により、観客を招き入れる。アリーナは高さの異なる3つのリングが浮かぶようなデザインとなっており、日中はアルミニウムのきらめきによって、夜間は大規模なLEDスクリーンによってより特徴付けている。広場に向かってリングは不規則に突出し、建物にダイナミックなフォルムを与えている。

資源消費とCO2排出を最小限に抑えるための施策に加え、屋上に太陽光発電システムを設置することで、敷地内で発電したエネルギーにより建物の必要エネルギー量のほとんどをまかなうことが可能となっている。

以下、David Chipperfield Architectsのリリース(英文)です。

Arena in Santa Giulia

Milano Santa Giulia, a new urban district is under redevelopment in the south-east of Milan, only a few kilometres from the city centre and connected to the high-speed train network and motorway. Evolved on the basis of a masterplan by Foster + Partners, the new city district encompasses residential buildings, buildings for education, commerce and leisure as well as an extensive park. The centrepiece of the area is a new arena, catering for sports and cultural events with up to 16,000 visitors. It will serve as a venue for the Winter Olympic Games in early 2026 and will subsequently be used for large concerts, sports events and festivals. Outside of event hours, the wide outdoor areas will also provide a new opportunity for social interactions for people from the neighbourhood as well as from the whole city.

The arena, which is being developed in a collaboration between Arup and David Chipperfield Architects Berlin, is placed in the extreme south of the rectangular site. The strategic position of the arena creates a spacious piazza of over 10,000 square metres in the northern section of the site, which can also be used as a venue for outdoor events. The elliptical form of the building is inspired by the archetype of the amphitheatre, being reinterpreted with modern tectonics and materials. Slightly rotated from the north-south axis, the arena welcomes arriving guests from the west. It is supported by a raised podium that occupies almost the entire site and opens up to visitors via a wide flight of steps as well as an entrance cut into the podium at street level.

On top of this podium made of mineral materials, the arena rises up in the form of three rings of differing heights, quasi floating on top of each other. Their metallic materiality is characterised by the shimmering aluminium tubes during the day and the LED strips of the large-scale media integration that light up at night. The rings are connected by light, transparent glass bands in the spaces in between as well as with the floor. Towards the piazza, the rings project irregularly, giving the building its dynamic form. The hard materiality of the podium and the arena is counterbalanced by organically designed green spaces with trees that extend down the staircase, reminiscent of a green hilly landscape.

Inside the arena, there are two tiers above the parterre level as well as a level with lounges and sky boxes. All seats are accessible via spacious lobbies at all levels, as are catering and service facilities. The necessary car parking spaces are located within the podium as well as in a multi-storey car park that evolves from the podium, closing off the site to the north. In addition to measures to minimise the consumption of resources and CO2 emissions, the sustainability concept includes photovoltaic systems on the roof, whose energy generated on site largely covers the needs of the energy efficient building.

Concept study        : 2021
Project start           : 2021
Construction start   : 2022
Completion due      : 2025
Capacity                : 16,000 (12,000 seats, 4,000 standing)
Client                    : CTS Eventim Group

Architect                                          : Arup with David Chipperfield Architects Berlin
Partners                                           : David Chipperfield Architects Berlin
                                                         David Chipperfield, Harald Müller, Alexander Schwarz
Project architects                              : Guido Porta (Concept study),
                                                         Leander Bulst (Preparation and brief to Developed design, Design intent details)
Project team                                     : Guido Porta, Luigi Serra, Michael Ahlers, Moritz Grabmayr, Theresa Rauch
Concept study team                           : Annette Flohrschuetz, Julijana Steimle, Lucas Fricke; Visualisation: Dalia Liksaite
                                                         In collaboration with
Quantity surveyor                             : Global Assistance Development S.r.l., Milano
BIM consultant                                 : Arup
Structural and geotechnical engineer  : Arup
Mechanical, electrical and
Public health services engineer           : Arup
ICT and audio-video consultant          : Arup
Security consultant                            : Arup
Sustainability consultant                    : Arup
Acoustic consultant                           : Arup; Studio MRG, Torino
Fire consultant                                  : Arup; Studio Mistretta & Co., Milano
Façade engineer and access
and maintenance consultant              : Arup
Lighting consultant                           : Arup
Traffic consultant                             : Arup
Civil Works consultant                      : Studio AGN, Locate di Triulzi
Landscape agronomist                      : Studio Laura Gatti, Milano

 

「Arena in Santa Giulia」David Chipperfield Architects公式サイト

https://davidchipperfield.com/project/arena-in-santa-giulia

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツ 関連記事

FEATURE2022.03.08

ウクライナ、ロシア情勢を受けた建築家の動き

ロシアにおけるプロジェクト停止表明やロシア国内の建築家の声明
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 浮遊するリングのミラノ五輪メインアリーナ、デビッド・チッパーフィールド・アーキテクツが設計した〈アリーナ・イン・サンタジュリア〉Arup、イタリア
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ