FEATURE
Movement of architects in response to the situation in Ukraine and Russia
FEATURE2022.03.08

ウクライナ、ロシア情勢を受けた建築家の動き

ロシアにおけるプロジェクト停止表明やロシア国内の建築家の声明

日本人建築家による難民支援、平和へのメッセージ

FEATURE2022.03.22

建築家・坂茂氏によるウクライナ難民支援

紙管+布の簡易間仕切りシステムをポーランドとフランス・パリで設営
COMPETITION & EVENT2022.05.01

男鹿から世界に発する平和へのメッセージ

納谷建築設計事務所がモニュメント「UNOSAKI」をデザイン

ロシアでのプロジェクト停止を発表した設計事務所

昨今のウクライナ情勢を受け、ロシアでのプロジェクトの停止を表明する設計事務所が相次いでいます
以下、主な事務所のサイトに掲載されたテキストの抄訳です。

MVRDV

「私たちは、この戦争に反抗し、抗議しているすべての人々と連帯し、この暴力を強く非難します。建築家、都市計画家として、私たちは多くの国で変化をもたらすために働いており、国際的な対話と平和を心から信じています。このため私たちは、追って通知があるまで、ロシアでのプロジェクトへの関与を直ちに停止しました。」(2022.02.28)

MVRDV

©︎MVRDV

ザハ・ハディド・アーキテクツ(ZHA)

「ZHAは40年にわたりロシアで活動しています。ザハ・ハディドはもともとロシアのアヴァンギャルドの作品からインスピレーションを受けており、私たちのスタッフの多くは、ロシア国内の大学で建築を学んでいる学生を指導してきました。」

「ウクライナでの紛争に深い衝撃と悲しみを受け、ロシアで進行中の2つのプロジェクトは保留となりました。他のプロジェクトについては、すべて契約を完了し、英国政府からの指導を注視しています。」(2022.03.02)

zaha moscow

ZHAが勝利したモスクワ地下鉄 クリョーノヴィ・ブリヴァール駅 設計競技の設計案 ©︎Open International Competition for Development of the Architectural and Artistic Concept of Moscow Metro Stations

デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ(David Chipperfield Architects)

「ウクライナへの侵攻を受け、クライアントの全面的な理解と支援のもと、デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツはロシアでの仕事をすべて停止することを決定しました。」

「私たちは、プーチンとロシア政府の行動を非難し、ウクライナとその国民に連帯します。私たちは、対話、開放性、関与という現在進行中の戦争とは正反対の価値観を信じています。私たちは、この人による悲劇を直ちに終わらせることを求め、この不当な行動による罪のない犠牲者に思いを寄せています。」(2022.03.02)

DCA

Image courtesy of Turner Contemporary, photographed by Samuel Keyte, featuring a projection by Projections on Walls

ヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog & de Meuron)

「ヘルツォーク&ド・ムーロンは、ロシアのプロジェクトを停止することを決定しました。これは、クライアントの皆様のご理解のもとに行うものです。」

「私たちは、ウクライナの人々、そしてこの暴力的な搾取に抗うロシアの市民と連帯します。私たちは、40カ国以上の国籍からなる企業として、またコミュニティとして、この未曾有の危機を乗り越えるため、ウクライナとロシアの同僚たちを応援しています。」(2022.03.03)

UNStudio

「UNStudioは、ロシア政府によるウクライナへの暴力的な侵攻に深い悲しみを覚え、この非人道的な行為を強く非難します。」

「私たちはウクライナの人々、特にこの混乱によって直接的、間接的に影響を受けている私たちの同僚とともに立ち上がり、ロシア政府の決定によって影響を受けているロシア全土および世界各地の人々を支援します。私たちは現在、ロシアでのプロジェクトを中断していますが、これはクライアントのご理解のもとで行っています。」(2022.03.01)

UNSTUDIO

UNSTUDIOがモスクワの住宅団地コンペティションに勝利した設計案

BIG-ビャルケ・インゲルス・グループ-(Bjarke Ingels Group

「BIGは国際社会とともに、ウクライナの人々、現地の同僚、友人、家族に連帯しています。私たちは現在、ロシアおよびロシア政府のためのプロジェクトにはどこにも従事していないため、ウクライナの主権、民主主義、人権、領土保全への支援は揺るぎないものです。」(2022.03.01)

フォスター アンド パートナーズ( Foster + Partners)

「私たちは、ロシアのウクライナ侵攻を嘆き、ロシアにおけるすべてのプロジェクトの作業を停止しました。」(2022.03.05)

スノヘッタ(Snøhetta)

「ウクライナで起きている衝撃的な悲劇に心を痛めながら、私たちは戦争に抗い、抗議しているすべての人々と連帯しています。スノヘッタは、すべての暴力行為を非難し、ウクライナの人々、そして影響を受けたすべての人々に心からの思いを送ります。」(2022.03.02)

OMA

「ロシアの指導者が始めたウクライナへの侵略を受け、OMAは追って通知があるまでロシアのプロジェクトに関するすべての作業を停止しました。この悲惨な戦争が一刻も早く終わることを願っています。」(2022.03.01)

ロシア国内から発せられた建築家の声

(以下、ロシアの建築、都市計画、建築技術、デザインに関する専門誌「プロジェクトロシア」にて掲載された文章の抄訳)

ウクライナへの軍事行動に反対するロシアの建築家・都市計画家による公開書簡

「ここに、ロシアの建築家や都市計画家を代表して、わが国の現在の政策に対する立場を表明した書簡を掲載しました。 掲載された2月26日から2022年3月4日まで、6500人以上の署名が集まりました。」

「残念ながら、本日施行された法律により刑事訴追を受ける恐れがあるため、手紙の文面を削除せざるを得なくなりました。私たちは平和を願っています。」

プロジェクトロシア

プロジェクトロシアに掲載されたイラスト

プロジェクトロシア公式サイト

https://prorus.ru/interviews/otkrytoe-pismo-arhitektorov-i-gradostroitelej-rossii-protiv-voennyh-dejstvij-v-ukraine/

 

刻一刻と変わる状況の中、今後の情勢も注視していく必要があります。その上で、今後も建築家含め、民間から発せられる声に耳を傾けていきたいですね。

事態の早期終結および、一刻も早く平和が訪れることを願います。(tt)

以下、各設計事務所の声明(英語)およびプロジェクトロシアに掲載された原文(ロシア語)です。

MVRDV

Until recently, we walked the streets that are now a war zone. Our heartfelt sympathy and thoughts are with the people of Ukraine. We are thinking about our friends, partners, and clients that are in danger at this moment. We support our colleagues who are worried about their country and their loved ones.

We stand in solidarity with all the people who are defying and protesting against this war, and we strongly condemn the violence. As architects and urbanists, we work in many countries to make a difference and we believe wholeheartedly in international dialogue and in peace. For this reason, we have immediately stopped our involvement in projects in Russia until further notice.

As a practice, we are affected twofold. Our projects in Ukraine have sadly been put on hold by the atrocities. Right after the start of the invasion, we began contacting our Ukrainian friends and partners in support and we try to remain in touch. They are brave and they are experiencing incredible hardship. We have stopped our Russian projects, even though this means we have to stop collaborating with people we have known for years, and who are dedicated to bringing a more collaborative international outlook to Russia.

 

Zaha Hadid Architects

ZHA has worked in russia for four decades. zaha hadid was originally inspired by works of the russian avant-garde and many of our staff have taught architecture students at universities across the country.

We are deeply shocked and saddened by the conflict in ukraine and have placed our two ongoing projects in russia on hold. we have completed our contracted works on all other projects in the country and continue to monitor guidance from the uk government.

 

David Chipperfield Architects

Given the invasion of Ukraine, and with the full understanding and support of our clients, David Chipperfield Architects has decided to suspend all work in Russia. We condemn the actions of Putin and the Russian government and stand in solidarity with Ukraine and its people. As a practice we believe in dialogue, openness and engagement; values that are directly opposed to the ongoing war. We call for an immediate end to this human tragedy and our thoughts are with the innocent victims of this unjustified action.

 

Herzog & de Meuron

Herzog & de Meuron Statement on Ukraine

BASEL, 03 March 2022 – The invasion of Ukraine and the violent actions of Putin and the Russian government are against every value we hold as an international, collaborative practice. Therefore, Herzog & de Meuron has decided to suspend our work on Russian projects. We do this with the understanding of our clients.

We stand in solidarity with the people of Ukraine as well as the citizens of Russia who reject this violent takeover. As a company and community of over 40 different nationalities, our concern lies with both our Ukrainian and Russian colleagues whom we support through this unprecedented crisis.

We remain hopeful that peace can be restored to this region as soon as possible.

 

UNStudio

We condemn these inhumane actions
UNStudio is deeply saddened by the Russian government’s violent invasion of Ukraine, and we strongly condemn these inhumane actions. We stand with the people of Ukraine — especially our colleagues who are directly and indirectly impacted by this turmoil. We support those across Russia and beyond who are affected by the Russian government’s decisions. We are currently suspending our projects in Russia and are doing this with the understanding of our clients.

 

Bjarke Ingels Group

BIG joins the international community in solidarity with the Ukrainian people, our Ukrainian and Russian colleagues, friends, and families in the region. BIG is not engaged in any projects in Russia or for the Russian government anywhere and our support for Ukraine’s sovereignty, democracy, human rights, and territorial integrity is unwavering.

 

Foster + Partners

We deplore the Russian invasion of Ukraine and as a result we have stopped work on all our projects in Russia.

 

Snøhetta

As we witness the shocking tragedy unfolding un Ukraine, we stand in solidarity with all people who are defying and protesting against the war.Snøhetta condemns all acts of violence and send our heartfelt thoughts to the people of Ukraine and everyone affected.

 

OMA

OMA’s Position on the War in Ukraine

Following the aggression in Ukraine, initiated by the Russian leadership, OMA has suspended all work on Russian projects until further notice. We hope this tragic war ends sooner rather than later.

 

ーーーーー

Открытое письмо архитекторов и градостроителей России против военных действий в Украине

Здесь было письмо от имени архитекторов и градостроителей России, выражающее их позицию относительно действующей политики нашей страны С 26 февраля, когда оно было опубликовано, до 4 марта 2022 года его подписало более 6500 человек.

К сожалению, под угрозой уголовной ответственности по закону, вступившему в силу с сегодняшнего дня, мы были вынуждены удалить текст письма. Мы за мир!

日本人建築家による難民支援、平和へのメッセージ

FEATURE2022.03.22

建築家・坂茂氏によるウクライナ難民支援

紙管+布の簡易間仕切りシステムをポーランドとフランス・パリで設営
COMPETITION & EVENT2022.05.01

男鹿から世界に発する平和へのメッセージ

納谷建築設計事務所がモニュメント「UNOSAKI」をデザイン

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

MVRDV 関連記事

CULTURE2022.03.04

建物上空にイベントスペースが?!

MVRDVが設計した期間限定の屋上プロジェクト〈The Podium〉
CULTURE2022.02.04

建築とアートがつむぐ学校と地域の歴史

MVRDVのヴィニー・マースが母校をアップデートする〈ギムナジウム・ビークフリート〉

ザハ・ハディド・アーキテクツ 関連記事

CULTURE2022.01.17

コミュニケーションを加速する「∞」のデザイン

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した中国の企業のサステナブルな本社ビル〈インフィニタスプラザ〉
CULTURE2022.01.13

分断されたまちと首都をつなぐ有機的な広場

ザハ・ハディド・アーキテクツが設計した分断された首都をつなぐ〈エレフテリア広場〉

BIG 関連記事

CULTURE2021.11.19

BIG Designs 100 3D Printed Homes in the US, How Will the Housing Industry and Residential Landscape Change?

BIGが3Dプリント住宅100軒をアメリカで設計!住宅業界と住宅地の風景はどう変わる?
CULTURE2022.01.05

BIGが設計した火星の住空間モデル!

地球外移住の未来が近づく、NASAの火星ミッションとそのための3Dプリント空間とは?

フォスター アンド パートナーズ 関連記事

CULTURE2022.01.11

歴史ある映画館を再生した荘厳なアップルストア

フォスター アンド パートナーズが設計した〈Apple Tower Theatre〉
CULTURE2022.01.12

緑が通り抜ける建築と自然の間のような空間

フォスター アンド パートナーズが設計した緑あふれるアップルストア〈Apple at The Grove〉

OMA 関連記事

FEATURE2022.01.07

【重松象平特集】天神ビジネスセンター大解剖

OMA NYを率いる建築家が地元・福岡で手がけた大型プロジェクト
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ