CULTURE

建築と自然と音楽を調和させるコンサートホール

AL_Aがセルビア共和国に設計した〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

CULTURE2022.04.26
〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

ヨーロッパの要所であるセルビア共和国のベオグラードに設計された、建築と自然と音楽を調和させる〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉のデザインが公開されました。

国連開発計画(UNDP)が主催した国際設計競技にてMVRDVやスノヘッタを抑え勝利した、ロンドンの建築スタジオAL_Aが設計した建築です。

(以下、AL_Aから提供されたテキストの抄訳)

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

歴史的な要所に建つコンサートホール

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉は、セルビア共和国とその首都ベオグラードにとって重要なランドマークとなるプロジェクトである。
セルビア王宮に隣接し、ヨーロッパの歴史的にも重要な2つの川(ドナウ川とサヴァ川)の合流地点にあり、東洋と西洋の交わる場所であり、大戦争島(Great War Island)の荒野を見下ろす、非常に豊かな歴史をもつ場所に位置する。

このコンサートホールはベオグラードにとって、ここ数十年で最大の文化的投資となるプロジェクトであり、ベオグラードの「明るく持続可能な未来を築く」という決意を示すものである。

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

ドナウ川とウシュチェ公園の風景は、私たちのデザインの原点であり、建物と周囲の自然を映し出すために水を用いることで、もともとセルビア人が繁栄してきた湿地帯の姿を思い起こさせる。

新しいコンサートホールの舞台として公園を再野生化(リワイルディング)することは、都市をより緑豊かで美しくすることの必要性について先進的なメッセージを発信している。

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

「調和の象徴」としての建築

現代はかつてないほど、自然と都市の緊張関係を調和させることが求められている。

私たちは、「建物と風景、東と西、新と旧、世代と文化」それぞれの間における「調和の象徴」として〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉を設計した。

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

このコンサートホールは、大演奏ホール、リサイタルホール、クリエイティブハブ、ポディウムステージという4つのメイン会場からなり、それぞれが異なる特徴を持ち、異なる音楽ジャンルをたたえ、異なる観客を引き付け、多様な活動を促すものである。

大規模なホールをもつ〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉は、バルカン半島で初となるワールドクラスの音楽パフォーマンスのためのプラットフォームとなり、セルビア共和国の社会・経済・環境の発展に貢献することになるであろう。

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

4つの会場を結ぶ中心部には、ソーシャルスペースである広場があり、その下には共有の設備が配置されている。この配置により、建物には表も裏もなくなり、風景としての建築が生まれる。

このコンサートホールの外壁の素材感は、ドナウ川の水面を映し出す波紋のような効果を生み出し、四季を通じて変化する風景を映し出すとともに、新しい文化のモニュメントとなるであろう。

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

セルビア共和国のアナ・ブルナビッチ首相は次のように語る。
「〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉は、セルビア共和国で最大の文化インフラプロジェクトであり、ヨーロッパにおいても最大級のプロジェクトである。」

「文化や教育への投資は、強く成功した近代国家となるために極めて重要な項目であり、このコンサートホールはベオグラードの新しいランドマークとなり、我が国への訪問者や観光客を魅了することであろう。さらに、国内外のアーティストの創造性、アイデア、経験を結集し、人脈づくりや知識交換のためのもう1つの地域拠点になり、市民の文化的生活を豊かにしてくれることであろう。」

〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉

©︎ AL_A

ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団のディレクター代理ダルコ・クルスティッチ(Darko Krstic)は次のように語る。
「AL_Aのデザインは、私たちオーケストラの独自性を称えるだけでなく、セルビア共和国の首都における社交の場として、アクセスしやすく、特別で、魅力的な場所を提供するであろう。ヨーロッパの大都市としてのベオグラードのライフスタイルを称える場所であり、ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団にふさわしい新たな本拠地である。」

AL_Aのプリンシパルであるアマンダ・ルヴェート(Amanda Levete)は次のように語る。
「このコンサートホールは、東洋と西洋が交わるヨーロッパの要所において、自然、建築、音楽の調和を表現している。あらゆる場所、文化、年齢、能力を持つ人々が集まり、あらゆるジャンルの音楽を楽しむ場所となることであろう。」

以下、AL_Aのリリース(英文)です。

Belgrade Philharmonic Concert Hall, AL_A

The Belgrade Philharmonic Concert Hall is a significant landmark project for the City of Belgrade and Serbia. The project is the biggest cultural investment in the region for decades, positioned on an important site with an incredibly rich history – next to the Palace of Serbia, at the confluence of two great European rivers and overlooking the wilderness of Great War Island. It is an extraordinary demonstration of Belgrade’s ambitious vision for its future.

The landscape of the River Danube and the parkland setting is our starting point. Using water to reflect the building and surrounding nature evokes the marshland that originally allowed the Serbian people to flourish here. Re-wilding the park as a setting for the new Concert Hall sends a progressive message about the need to transform our cities and make them greener, cleaner and more beautiful. Now more than ever, the tensions between nature and cities must be reconciled. We do this here by imagining the Belgrade Concert Hall as an expression of harmony. Harmony between building and landscape, between east and west, between old and new, between generations and between cultures.

The Concert Hall comprises four main venues – a large performance hall, recital hall, creative hub and podium stage – each with a different character, celebrating different musical genres, attracting different audiences and encouraging diverse activities. The four venues encircle a social space that forms the heart of the Belgrade Concert Hall, with shared back of house facilities positioned below the newly created town square. Through this arrangement, we create a building with no front and no back resulting in an architectural panorama. The building and the new shared social space at its heart gather under a draping canopy that spans each venue, resting softly in between. Through this expressive form, the building speaks of the movement of music. The materiality of this envelope will create a rippling effect that mirrors the dappled waters of the River Danube, reflecting the changing landscape through the seasons, and signalling a new monument of culture.

Press Release: 12 April 2022

AL_A announced winners of Belgrade Philharmonic Concert Hall design competition

Following a year-long international competition led by the UNDP, London architecture studio AL_A has been selected to design the new Belgrade Philharmonic Concert Hall.

The Concert Hall is a landmark project for the City of Belgrade and Serbia. It is the biggest cultural investment in the region for decades. Located next to the historic Palace of Serbia in New Belgrade, the project is an extraordinary commitment to building a brighter, more sustainable future for the city. With multiple performance, rehearsal and creative spaces including a symphonic concert hall with 1,600 seats, the Hall will be the first of its kind in the Balkans: an internationally recognised platform for world class musical performance contributing to the social, economic and environmental development of Serbia.

In 2021 the United Nations Development Program (UNDP) launched an international design competition on behalf of the Government of Serbia in partnership with the Office of the Prime Minister, Ministry of Culture and Information, City of Belgrade and the Belgrade Philharmonic Orchestra, targeting the world’s most renowned architecture firms. 37 applications were received from 15 countries, with eight candidates invited to proceed to the next stage.

An international jury comprising architects, concert hall and competition experts, as well as representatives of the organising bodies, assessed designs developed to a detailed brief and technical concepts drawn up by strategic arts and culture planning consultants Arup, and the Plan of Detailed Regulation of the City of Belgrade. Of the final six received and evaluated by the jury, AL_A was declared the winner. An overview of the shortlisted proposals is available on the UNDP website.

Ana Brnabić, Prime Minister of Serbia, says: ‘The Belgrade Philharmonic Concert Hall is the largest cultural infrastructure project in Serbia, and the region, and will be one of the largest in Europe itself. I am proud that this decades-long dream, of our professional musicians, young talents, music lovers and the people of Serbia, is finally coming true in such a beautiful shape. I believe that this Hall will be one of the greatest cultural legacies of this Government. Investing in culture and in education is crucial for setting the pillars of a succesful and strong modern country. This is something we have began with numerous similar cultural projects. This Concert Hall is most definitely going to become a new landmark of Belgrade and attract visitors and tourists to our country. Furthermore, with its quality programs it will enrich our citizens’ cultural life. I strongly believe that it will become another regional hub for making contacts and knowledge exchange, with the flow of creativity, ideas and experience of both domestic and foreign artists’.

Darko Krstic, acting director of the Belgrade Philharmonic Orchestra, says: ‘Many years ago, with tireless and fearless enthusiasm, our former and dearly departed director Ivan Tasovac, embarked on a decades-long dream – to build a magnificent home for the Belgrade Philharmonic, the leading orchestra in the region, creating an internationally recognized centre for music, a regional hub for culture and the arts, and a new symbol of Belgrade and Serbia. We are delighted with AL_A’s design, one that not only celebrates the uniqueness of our orchestra, but which provides an accessible, special, and attractive venue for social gatherings in the Serbian capital – a place that celebrates the lifestyle of Belgrade as a European metropolis and a new home that Belgrade Philharmonic deserves.’

Amanda Levete, principal of AL_A, says: ‘You couldn’t dream of a better site than this to message Serbia’s vision for the future. The magnificent setting of Ušće Park, on the banks of the River Danube, sends a powerful message about transforming and rewilding our cities to make them greener, more beautiful spaces. The Concert Hall will be an expression of harmony between nature, architecture and music, at a pivot point in Europe where East meets West. It will be a place where people from all places and cultures, of all ages and abilities, come together to delight in music from every genre.’

AL_A is the award-winning architecture studio founded by the RIBA Stirling Prize-winning architect Amanda Levete. Completed projects include the Victoria & Albert Museum Exhibition Road Quarter in London and the Museum of Art, Architecture & Technology in Lisbon.

AL_A lead an international team including landscape designers VDLA, engineers AFA Consult and local architects Zabriskie. They join Arup who continue their role in acoustic and theatrical design.

「Belgrade Philharmonic Concert Hall」AL_A 公式サイト

https://www.ala.uk.com/selected-projects/belgrade-concert-hall/

 

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

RECOMENDED ARTICLE

  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 建築と自然と音楽を調和させるコンサートホール、AL_Aがセルビア共和国に設計した〈ベオグラード・フィルハーモニー・コンサートホール〉
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ